いぞらど isolado 魚骨日誌

主に魚の頭骨を作る日々を綴っています。

オオカミウオバブル

2019年07月23日 | 日本の魚の骨格
こんばんは。

3発目。


今回は、オオカミウオバブルの話。


遡る事5月の初夏の日。

お世話になっている北海道の知床の民宿の方から
「オオカミウオが溜まったけど要る?」
ってメールが届きました。

もちろん、要らない訳がありません。
しかし、その時はウチの冷凍庫が満員状態で、蟻の入る隙間も無いほどでした。
なので、
「欲しい事は欲しいのですが、申し訳ありませんが2週間程待っていただけませんか」
ってメールを送り返し、しばしの時間の猶予を貰いました。

ところが、予定と言うものは計画通りには進まぬもので、その約束の2週間が経っても冷凍庫の隙間は一向に増えず、
「送って下さい」
と言うメールが送れぬまま、1日また1日と過ぎ、そしてようやくある程度のスペースが確保出来た時には、すでに6月も終わろうかと言う時期になってしまっていましたとさ。

そんでもって、失礼は承知で
「連絡遅くなって大変申し訳ありませんがオオカミウオを送っていただけませんか」
とお願いし、そして、7月の頭に届いたのが、あっと驚くオオカミウオの頭の山。

段ボール一杯に詰め込まれたのは、大小さまざまなサイズのオオカミウオの頭、計18個。

オオカミウオバブルの始まりだぁ~(笑)。

で、こんなに数集まる機会なんてそんな無いだろうから、面白そうだから、これ全部作ってまとめて博物ふぇすてぃばるに持って行って、ずら~りと並べてみようかな、なんて考えちゃって、そっから先は、来る日も来る日も、ひたすらオオカミウオの頭を捌き続けましたとさ。

ところが、またしても予定と言うモノは計画通りに進まぬもので、今年に限って7月はずっと雨でしょ。
ホネが一向に乾かんのですわ!!

でも、いぞらどさんは頑張った。

で、連日の作業の結果、イベントまでに仕上げたのは12個。















写真じゃ違いが分かんないかもしれないけど、コレ全部今回やっつけた分なのよね。
こう見ると、多少は苦労が感じられるでしょ。
なかなか大変だったのよ(って、なんで訴えかける時になると語尾が女子言葉になるんだろう?)。

でもね、最後の点検の段階になって、歯の状態が良くないのが見つかっちゃって、急遽再チェックがひつようになっちゃいました。
それで、再チェックしたところ、ショックを与えると歯がポロポロ落ちる奴が4個見つかり、1個は修正できたんだけど、後の3個は面倒くさくなって没に。
更に乾燥が間に合わず、脂抜きが出来なかったものが2個発生。
で、結局7個しか完成出来ませんでした。
でも、まぁ普通に考えたらオオカミウオの頭7個って、結構な数なんだけどね。

更に更に、実際に会場に行ってみると、テーブルが思いの外狭くって、7個全部なんてとてもじゃないけど並べられる状態じゃなくて、結局、2~3個づつしかお見せ出来なかったんで、当初の計画なんて何にも達成できなかったんだけど、でもまあ自分的には、やれるだけの事はやったと、それなりに自己満足している次第です。

まだやってないモノや売れ残ったものもあるんで、今後しばらくは出展するイベントにオオカミウオは持って行けそうです。

でもね、その肝心のイベントが、この後全然決まってないんですわ。
全く困ったもんです。





コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ギンザメ祭り | トップ | イッテンアカタチ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イベントなら週末に有りますよね? (千葉尚)
2019-07-23 22:58:28
ワンダーフェスティバル2019夏
今週末に開催ですよ~
半卓オオカミウオで埋めませんか?
クリアファイルも売りましょうよ?
埋める程には・・・ (いぞらど)
2019-07-24 07:53:59
お誘いありがとうございます。
オオカミウオは、博物ふぇすてぃばるで、そこそこ売れたんで、埋める程には残っていません。
残りの冷凍庫在庫を今からやるには時間が無さ過ぎるんで(笑)。
クリアファイルもワンフェスじゃあ売れんでしょう。
今週はお休みします。
了解です (千葉尚)
2019-07-24 23:14:17
ワンフェスの本格的な骨格標本の出展者は、
いぞらどさんしか居ないので(たぶん)
機会が有ったら、また来て下さいね。

コメントを投稿

日本の魚の骨格」カテゴリの最新記事