磯子ヴィレッジ近況報告

磯子ヴィレッジの近況とそこで得たノウハウなどを写真付きで投稿

磯子ヴィレッジ-お盆の準備-

2012-07-12 23:25:35 | インポート
 明日は、盆の入り
盆を迎えるに当たって、墓地の木々が伸びて日が入らなくなったので、大きく伸びた木々の枝を切りました。
2007年7月11日付けのブログ「枝打ち」に記載した木々です。
今回は、幹を切り詰めることはしませんでしたが、5年間の間に伸びた枝を切りました。
3日間を要しました。

≪前≫

≪後≫
写真では、前後がはっきりしませんが、中央の木の幹に日が当たっていることや少しですが空が見えるところが違いでしょうか。
とにかく、明るくなりました。

前回より多くの木を切ったこともあり、木々の枝、葉や草、竹の枝、葉、落葉など45L入りのビニール袋が19袋そして約50cmにした枝が6束になりました。


 また、盆の入りに先立ち、例年のごとく竹飾りを仏壇にしました。
今日は、風が強く、時折雨も降ってくるお天気で、前日までの良いお天気のときのようには作業できませんでした。
午前中、雨が降り出す前に竹を切り出すことは出来たのですが、家に取り込む前に雨が降り出しました。
 ちょっと話がずれますが、今年は、真竹の筍の出る時期が例年に比べて遅いようで、やっと枝が出た新しい竹が目立ちます。
また、枯れた葉が多く、新しい葉が出たばかりの竹も多いように感じました。

 さて、竹飾りですが、かつては仏壇の両側に竹を2本立てただけでしたが、10年位前からでしょうか?
掛け軸を掛けるための横竿を設けました。

≪横竿の様子≫

掛け軸の数が多いので、仏壇だけでは足りず、隣にある床の間にも横竿を延ばし、もう1本竹を立て、3本としました。


 写真は、掛け軸を掛ける前の状態です。
横竿を設ける以前にどのようにして掛け軸を掛けていたのか全く覚えていません。
 掛け軸には、亡くなった人の戒名と亡くなった年、供養をした人の名前、供養した年、お寺の名前などが書かれています。
(2010年7月13日付け「盆の入り」にも記載しましたが)
掛け軸の記載の中に安永、寛政、享和、文化 文政 天保 嘉永などが書かれ、200年以上前の江戸時代の元号も見られます。
 ずっとお盆の行事が受け継がれ、行われてきたことを改めて思わさせられ、その重さを感じます。

『またもや失敗』
 6月29日に青虫がサナギになる準備をしているのを発見しました。

翌日には、サナギになっていました。

昨年は、羽化するのを見逃しましたので、今年こそと思い注意をしていました。
7月12日気が付くとサナギは、もぬけの殻になっていました。

以前の観察から、サナギになってから13日位で羽化することが分かっていましたから、そろそろだろうと思っていました。
しかし、今日は、風が強くこんな日は羽化しないだろうと思ってしまったのが大きな間違いでした。
天候には左右されず、日が来れば羽化するのだと知らされました。


磯子ヴィレッジ-七夕’12-

2012-07-07 22:28:46 | インポート
 今日は、七夕。

 季節の変わり目など節、節に行われる行事を大切にし、生活にリズムが付けられれば良いと思っています。
1年の半分を過ぎ、この半年を振り返り、反省を踏まえてこれからのことを考えるなどにも役立つはずです。
これからの願いや決意を短冊に書けば、思いは一層強くなるのではないでしょうか。

 午後から、竹を切り3時ごろに七夕飾りの飾り付けをしました。
この時間帯は、太陽も顔を出し、日も差しました。
もしかしたら、今日は星空が見えるかもと期待をしました。
しかし、4時過ぎから曇りだして雨が降り出しました。
その後雨が降ったり止んだりしているようです。
星空は全く見えません。



 今年の七夕飾りは、背丈を低くしました。
これまで5mほどの高さの竹を使ってきましたが、これくらいの高さになると、かなりしっかりした土台でないと風が吹いたときなど倒れてしまい、毎年扱いに苦労しました。
今年は3mほどの高さにしました。
風も弱かったこともありますが、これくらいの高さだと扱いがぐっと楽になります。
また、あまり大きな竹ですと飾りが少ないと寂しいものです。
今年は、飾りを30、短冊を21作り、飾りました。
飾り使った紙は、今年も相変わらす、スーパーや家電量販店の広告の紙です。
雨に割合強いのですが、大きな飾りは、やはり雨に当たると型崩れしてしまいますので、小型の飾りにしました。
吹きごま、勲章折クス球、網などです。
少し、飾り方を変えてみましたが、特に目新しい飾りはありません。

飾りではありませんが、ちょっと工夫してみました。
竹竿の下の部分を土台に縄で結わいつけていますが、土台に重なる竿の部分にある枝を少し残し、出っ張りをつくり、竿が回転し辛いようにしました。
なかなか良いようです。

ところで、高さを3mに押さえたのにはもうひとつ理由があります。
雨が降る予報でしたので、雨の当たらないところに飾れるようにもしたかったのです。
雨に当たらない場所を探したところ、長屋門の軒下が良いと思い、入れられる高さを測ったところ、3mでした。

飾り終えた七夕飾りは、雨が激しくなったころ長屋門の軒下に入れました。





磯子ヴィレッジ-物造りと清掃-

2012-07-01 20:47:27 | インポート
 今年も年の半年が過ぎてしまいました。
早いもので、右往左往しているばかりで、たいしたことも出来ずに過ぎてしまったようです。
最近、何かに付けパワー不足を感じますが、今年の後半は、前半より良い結果が出るように頑張りたいと思います。

 先月6月も物造りや清掃をしました。
いくつか掲載しておこうと思います。

1. 棚を作りました。
 これまでの棚と大きく変わったところはありませんが、キャスターを8つ付けたところが異なっています。

大きなキャスターは、接地面積も大きく、大きな重量にも耐えることが出来ます。
しかし、大きなキャスターでは高さが高くなってしまいます。
そこで、小さいキャスターを沢山つけて、高さを押さえ重量にも耐えるようにしました。
どの程度の物になっているか数字的には分かりませんが、そのような考えの下に設計してみました。
高さ193cm 幅90cm 奥行45cmの棚です。

1×4材を主な材料とし、底板は12mm合板、天板は、9mm合板で全体の構造を作り、棚板として1×4で作った桟の上に2mm厚のベニヤを張りました。
キャスターは、直径38mmのゴム車輪で、キャスターの取り付け高さは50mm、車輪の向きが自由に変わるタイプです。
1個当たりの許容加重は、20Kgです。
説明書によれば、4個使用したとき1個加重×4の80%が目安です。
このキャスターの場合20Kg×4×0.8=64Kgです。
8個使用した場合、単に2倍して128Kgとなりますから、100Kg位は持ちそうです。
 高さが、自分の腕の高さ以上に高くなると組立が大変になります。
横に倒して組み立てることも出来ますが、コーススレッドで板を留めるとき、コーススレッドは地面に垂直にした方が締結しやすいので、敢えて立てて組立をしています。
届かなくなった分は、脚立を使って脚立(3段の脚立)に昇って組立をしました。
中央に置いてある脚立は木材を組み立てやすいようにコーススレッドで締結が完了するまでの間、支えとして使っているだけで、これには昇りません。

キャスターの取り付け位置は、支柱の中心が良いのでしょうが、支柱が端にあることとキャスターを複数個取り付けるので、支柱の真下にキャスターが来るようには取り付けられません。なるたけ支柱の下になるように取り付けました。
出来上がって、物を載せて移動させて見るとキャスターの滑りも良くなかなか快適な棚が出来上がりました。

2. コピー機台も作りました。
 各種図面や掲示物でA3を使うことが多いのですが、A3のコピー機を載せる台が無かったので、コピー台を作りました。
事務所は広くないのでそれ専用のスペースを確保することが出来ません。
そこで、コピー機を使うときだけ、コピー機を移動して来て使うことにしました。
台の上に重たいコピー機が載り、操作をすること。
操作がやり易い様にある程度の高さが必要なこと。
使用時に移動して使いますが、移動するときに横方向に力が頻繁に加わります。
そんな理由から、ちょっとがっちりした構造にしました。

 支柱に2×4材を使い、支柱の横揺れを防ぐために横木を入れました。
横木に1×4材を使ってみました。
天板と底板は12mmの合板を使いました。
高さ約68cm 幅48cm 横65cmです。
キャスターは、前出の棚と同様の物を4個取り付けました。

3. アウトリビングのガーデンテーブルを修理しました。
 2008年5月25日磯子ヴィレッジ「やっとできました」で紹介したガーデンテーブルを補修しました。
4年を経過して天板の板の腐ったところが出てきました。
どうしても補修しなければならないところのみ新しいものに交換しました。
そして、4年前に残った塗料で塗装をしました。
これで、また暫く使うことが出来るでしょう
ベンチも同じ塗料で塗り直しました。


綺麗になったテーブルとベンチを、このところ天気が良いので、昼食やお茶それに打ち合わせに使っています。
快適です。
でも、一番利用しているのは、こちらです。

一日の多くの時間、テーブルの上やベンチに乗って辺りを見渡したり、寝たりしています。

4. 四つ目垣
 6月20日 前日ほど天気は良くありませんでしたが、日の出から日没まで太陽が出ていました。
日没時は空が赤く染まり、夕焼け空でした。
6月21日は、晴れ。
ときどき薄雲が広がったり、青空なのに極短い間に極少量の雨が降ったりしました。
しかし、外での作業には何ら問題はありませんでした。
この梅雨の晴れ間を利用して、竹垣を直しました。
台風4号で、「もうこれまで。」というほどに壊れました。


 作ってから10年位経ちますでしょうか?今では、木や草花が生い茂っていて垣根の必要性も小さくなりました。
しかし、作った当初は、何も遮るものが無く、竹垣の存在感がありました。
木や草花が生い茂って、何も今更ということもありましたが、最近切った竹がありましたので、これを利用したいという思いで敢えて竹垣を作り変えました。
暫く前に町内の方から竹馬を作りたいと竹のご要望がありました。
以前から切ってしまいたい竹がありましたので、竹馬用の竹を切るのに合わせて、竹を切りました。
そんなこともあり、切った竹を捨ててしまうのはもったいないので、それらの竹を利用しました。


竹は、真竹なのですが、真竹としては結構太い物で直径5cm以上あります。
それに、竹垣の存在意義が以前より弱まったこともあり、手抜きもあって、大分荒い間隔になってしまいました。
一応『四つ目垣』です。
高さ約110cm 幅 約380cmです。
垣根の両脇と真ん中に木製の柱を立て、これに竹を横に3段取り付けました。
この横の竹に縦の竹を1本ごとに前後になるよう交互に取り付けてあります。
横の竹の上下間隔は、35cm、縦の竹の横間隔は30cmです。
横と縦の竹をシュロ縄で結わくのが正式でしょうが、シュロでは上手く結わくことが出来ないので、針金で留めてあります。
支柱の木と横の竹の接続は、コーススレッドで留めてあります。
釘などで留めるのに対して大変造作が楽です。

 ちょっと話が異なりますが、先日、コメントに布袋竹のご要望がござました。
直接ご回答出来なかったので、竹つながりで回答させて頂きます。
残念ながら、現在布袋竹は、ほとんどを伐採して数本あるのみです。
今年も沢山の筍が出たのですが、土地の整備上ほとんどを切ってしまいました。
お分けするだけの物が現在は、無い状態です。
申し訳ありません。

5. 電池式蚊取の清掃
 夏になると嫌なものの1つに蚊がいます。
蚊よけや殺虫の為にいろいろな方法があります。
蚊取り線香、電気式(リキッド式)、電池式、ワンプッシュ式、電子光触媒式(トラップタイプ)など、さまざまな製品もあります。

最近はコンセントや電池が不要なワンプッシュ式も出てきましたが、現在もっとも普及している蚊取り器のタイプは電気式(リキッド式)でしょう。
リキッド式は電気を使用するので電源コンセントや電源コードが必要です。
本体が小さいのにコードやプラグが本体に比べ大きく大げさで、邪魔でした。


≪電池式蚊取;本体カバーを外して薬剤を取り出したところ≫
電池式は、電池でファンを回して薬剤を蒸散させる形式です。
電池式は、ファンを回す電池とは別に、薬剤の残量をボタン電池の寿命で代用していて、薬剤とは直接関係ない物を使っているためか薬剤が割高なようです。
しかし、邪魔な電源コードが無くすっきりしています。
電源コンセントも必要ないので設置場所を選びませんし、持ち運びも自由です。
最初は、こんなもので蚊取りになるのか思いましたが、結構良く利きます。
そんなこともあり、良く利用をしています。
電池式はファンで空気を吸引しているので、長いこと使っているとファンなどに綿ゴミなどが溜まってきます。
これが電池式の主な故障の要因の1つです。
付着した綿ゴミなどでファンが回らなくなったり、回転が不安定になって電池を早く消耗させてしまいます。
私の使っている電池式蚊取では電池の残量表示が小刻みに点滅することがありますが、このときは、ファンに何かが引っ掛ってファンの動作を不安定にしていることが多いようです。
 主な故障のもう1つが、ボタン電池の接触不良です。
これにより、薬剤が早く消耗したかのように表示がされてしまうのです。
これらの故障を解決するためには、ファンの清掃やボタン電池の接触端子面清掃が必要です。


 この器具の場合、ネジ止めされているネジを外し裏蓋を外してファンや機器内部に溜まった綿ゴミなどを取り除き清掃します。
ボタン電池の接触する端子を布やティシュペーパーなどで清掃するとほとんどの場合、故障が直り、また、快適に使用することが出来ます。
機器は、結構長いこと使用出来そうです。
 ちなみに薬剤の使用時間は、60日用とか90日用などがありますが、使っているボタン電池は、60日用がLR1130、90日用がLR44です。
LR1130は、標準電流0.10mA、電流容量40mAh、そして、LR44はそれぞれ0.12mA、100mAhとのデータがありました。興味まで。

これも夏になると出てくる昆虫です。

蚊は刺されると痛いですし、後が痒いので嫌ですが、こちらは何歳になっても何故か憧れの昆虫です。
落葉の清掃をしていて見つけました。
今年最初に出会ったクワガタです。
メスですが、メスのクワガタの場合、オスほど特長がはっきりしていないので、どの種類のクワガタか見分けが難しいものです。
赤褐色の色をしているところから、ノコギリクワガタのメスではないかと思いますが、はっきりしたことはわかりません。
メスに出会いましたので、今年の夏もオスにも出会うでしょう。
クワガタが生息出来る環境が維持できていることが大変嬉しいものです。