磯子ヴィレッジ近況報告

磯子ヴィレッジの近況とそこで得たノウハウなどを写真付きで投稿

磯子ヴィレッジ-夾竹桃-

2011-07-15 03:11:27 | インポート
 昨日、ニイニイゼミとヒグラシの鳴き声を聞きました。
いよいよ「夏」ですね。

 夏の花と言えば、夾竹桃が上げられるのではないでしょうか?
排気ガスの二酸化窒素を吸収して浄化する力が高く、環境浄化木として道路脇に良く植えられています。
ピンクや白色の花が木いっぱいに咲いています。

 10年程前に、擁壁の所に何も柵が無かったので、危ないことと、家が 擁壁の上から丸見えになってしまうので、目隠しの目的で育ちが早くて丈夫で、一年中葉をつけている夾竹桃を選び、挿し木をしました。
直径2cm、長さ30cmほどの枝を15,6本挿し木をしました。
それが現在では、1本の挿木が、株立ちをして何本にもなっています。
中には直径9cmほどになっているものもあります。
高さも7mを超えるまでになりました。
花も沢山つけます。
当初の目的の他にも強い西日を遮ったり、西風を防いだりしてくれています。

 しかし、擁壁から大きくはみ出しています。

≪伐採前≫
 挿し木をした当時は、木の根の強さ(夾竹桃に限らず)を良く知らなかったので、擁壁のまじかに挿し木をしてしまいました。
擁壁も下のほうは、RCですが、上の方は、ブロック積みでそれ程強くありません。
これ以上大きくなったらブロックが割れるのではないかと心配です。
落葉も大変多く、直ぐ雨トイを詰まらせてしまいます。
そこで、今回思いきって伐採しました。
思いのほか伐採した量が多く、伐採の作業に丸3日掛かってしまいました。
ガーデンシュレッダーにかけた小枝や葉などが45Lのポリ袋に23袋と50cmの長さ切り、直径20cmほどに束ねた枝や幹の束が13束ほどになりました。


 夾竹桃の花は、一度に沢山の花が咲き、木に咲いた全体を観ることが主で、夾竹桃の花をあまり一輪一輪観たことはありません。
まだ、咲き始めの1輪の花を観察しました。

 一輪の花も花びらが3重ほどに重なってあまりすっきりした花の形をしていません。
やはり夾竹桃の花は、遠くから観るのが良さそうです。


≪伐採後≫
 擁壁保護の観点から、もうちょっと切りたいところですが、あまり一度に切ってしまうと目隠しの効果が薄くなってしまうので、今回はこの程度にしておいて様子を見ながら更に伐採したと思っています。

 夾竹桃の幹は柔らかく、切断は容易です。
しかし、切断すると樹皮からの樹液が出ます。この樹液がねばねばしていてノコギリの歯にまつわり付きます。
このため、ノコギリの歯の摩擦が増え、太い幹などを切るときは、ちょっと切り難いものす。

 ところで、この樹液には毒があり、心臓発作や嘔吐・下痢・痙攣発作などを起こしたり、目に入ると目が腫れたりするそうです。
毒の成分が含まれるのは、樹液だけではなく、葉・花にも含まれるそうです。
剪定した枝や葉が十分に乾燥していないで、燃やした際に発生する煙にも、毒成分が含まれるそうです。
幹を切った際に出る切粉、シュレッダーに掛けた枝や葉など、多くの場面で樹液に触れますが、今までに幸いこのような症状になったことはありません。しかし、十分な注意が必要です。

 今日は、盆の明け(当家では、お盆は7月13日~15日)です。
暑さは、これからです。
どうぞ、ご自愛下さいますように。

磯子ヴィレッジ-梅雨明け-

2011-07-11 04:45:34 | インポート
 気象庁は9日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。
平年より12日早く、昨年より8日早い。
そして、梅雨入りは、5月27日と歴代2位の早さだった。とのことです。
また、向こう1週間は気圧の谷などの影響で雲の多い時期もあるが、夏空が広がる日が多いとみられる。とも言っています。
暑そうですね。

 梅雨明けした9日は、磯子ヴィレッジのテラスハウス横の草抜きをしました。

 ここ4年間こんなに沢山はやしたことは無かったのですが、ちょっと伸ばしすぎました。
擁壁、コンクリート、側溝、アスファルトのわずかな隙間に生えています。
雑草は強いでね。
ほとんどが、コセンダングサです。
このところ、他で雨が降ってもここでは、ほとんど雨が降らない状態です。
さすがに、草もしおれてきました。

排水口にもコセンダングサが生えています。

排水口にある僅かな土に根が生えています。
抜いてみると容易に抜けます。

根の長さは、70cm位あります。

 隙間に生えた草の抜き方にもコツがありそうです。
出来るだけ草の根元を持って隙間に対してまっすぐに、抜くのが良さそうです。
まっすぐにならなくても隙間の方向に抜くのが良いようです。
そして、いっぺんに多量の草を抜こうとしないことです。
どうしても抜けない草は、鎌で切り取りました。
2時間ほど掛かって全て抜き終わり、さっぱりしました。

抜いた草は、45L入りの袋に2袋ほどになりました。

 昨日10日は、一日中本当に良いお天気で、空は真っ青、太陽ギラギラでした。

≪青空とイトヒバ≫
「イトヒバ」は、葉が、糸のように変形して垂れ下がり、どこと無く涼しげに見えます。
夜は、お月様がちょっと明るかったのですが、星も良く見えました。
七夕飾りは、まだ片付けてないので、これで星に願いが届くかな?なんて思いました。

 昨日日中は、新しい葉が出てきましたので、ソテツの葉を切りました。
昨年は、4月に降った雹に打たれて、ソテツの葉に茶色の小さな斑点が沢山ついてしまいましたが、今年は、そのようなことも無く綺麗な葉が沢山付きました。

 昨年までは、切った葉は、近くの花屋さんに引き取って貰っていましたが、今年は、数本残して全て廃棄処分しました。
ソテツの葉を切花に添えるとちょっと豪華な感じになります。
しかし、最近は「痛い」と不人気なようで、花屋さんにも嫌われてしまいました。
切った葉は、ガーデンシュレッダーで、裁断してビニール袋に入れて処分しました。
45L入りの袋に3袋になりました。

 これは、葉を切った切断面です。どこかパイナップルに似ていませんか?
葉を切断すると独特なにおいがします。ゴムのようなあまり良い匂いとは言えません。
 あちこちの木が伸び放題になっています。木々の剪定に精出さないとなりません。

磯子ヴィレッジ-もぬけの殻-

2011-07-08 15:04:27 | インポート
 今年の七夕は、曇り空。
全国的に、雨模様のようですが、どうやら雨が降らずに持ちこたえました。
しかし、星は全く見えませんでした。
今年も七夕飾りを飾りました。

≪七夕 ‘11≫
今年は、特に新作飾りはありません。
それに、少し飾りを減らしました。
その為かちょっと寂しい感じです。

『もぬけの殻』
 七夕は、曇りでしたが、その1日前の7月6日は朝から一日大変良いお天気でした。
朝方は、空気もひんやりとして気持ちが良かったです。

話はちょっと遡って、6月23日外に置いたテーブルの脚の部分に大きな青虫が動かずにいます。


 次の6月24日には、サナギになりました。

 幼虫の形、色から、アゲハチョウの類であることはわかりました。
どのようなアゲハチョウになるのか知りたいと、羽化を,楽しみにしていました。

 7月6日は、朝5時には起きていました。
そして、6時過ぎには、探し物をして庭をうろうろしていました。
うろうろしていると、目の前を大きな黒い蝶が飛んで、あっという間に飛び去ってしまいました。
「そうだ」と思って、サナギのところへ走るようにして行きました。
サナギはありました。

 もう一度良く見ると、さなぎの頭の部分がつぶれ、頭から中央にかけて裂けています。


 サナギは、『もぬけの殻』です。


≪羽化前日7月5日のサナギ≫

 「今、飛んでいったのがこの蝶か。」
朝早くから起きていたのですから、関心がここにあれば、羽化するところを見ることが出来ました。
せっかくの機会を逃してしまいました。
全く残念です。
黒い大きな蝶というだけで、蝶の名前は分かりませんでした。

 色々の資料を見るとサナギは7~14日間ぐらいで羽化する様です。7日過ぎから注意をしていたのですが、うっかりしていました。 
蝶は、昼間の昆虫だから昼間を有効に使うために、朝方に羽化するだろうと予測はしていたのですが、太陽がある程度高く上ってからだろうと勝手に羽化時刻を予測していました。
 昔、アゲハチョウの幼虫を沢山虫かごに入れて飼育したことがあります。
このときは、良く羽化するところを見ましたが、羽化する時刻が9時頃であったように思い込んでいたのも良くなかったと思います。
 今の時期の日の出の時刻は、4時半ごろですから、一日の昼間を有効に使うことを考えれば、5時とか6時に羽化してもおかしなことはありません。
自分の予測の甘さを悔いました。

 蝶は、天気の1番良い日を知っているのでしょう。
7月6日良く晴れた朝、午前7時前に飛び立ちました。
さなぎになってから、13日目のことです。

 今朝も、黒い大きな蝶が飛来して、周囲を一巡してどこかへ飛び去りました。
ここで羽化した蝶でしょうか?

磯子ヴィレッジ‐花壇改修‐

2011-07-02 01:00:38 | インポート
10年程前に、木で枠を造り、花壇としていました。
瓢箪や朝顔を植えて楽しみました。
しかし、瓢箪は、何の幼虫かわかりませんが体に突起のある青虫が沢山発生します。
この青虫を駆除するのが大変で、作るのを止めました。
そのうち、花壇はプランタの残土の捨て場所になってしまいました。
枠の木もすっかり腐ってしまい、盛土状態です。

 何とかしなければと考えていました。
もう木で作るのは腐ってしまうので嫌ですし、ブロックで組むのは面倒です。
そこで、今回は、塩化ビニール製のデッキ材を使って枠を造って花壇を作り変えました。

 塩化ビニール製のデッキ材は、腐ることは無く、切断など加工も容易です。
ただ、デッキ材を枠に組みために、デッキ材同士をどのようにしたら直角に接続できるかなかなか良いアイディアが出ませんでした。

 デッキ材をL金具などで接続することも考えましたが、あまりすっきりした形になりません。

 デッキ材には筒状の穴が開いています。この穴を利用することにしました。
穴に合う木材を入れて、この木材を留めて組むことにしました。
木材は、デッキ材で覆われますので、腐ることに対する対策になります。
しかし、この穴にぴったり合う木材が見つかりません。
そこで、厚さがほぼ等しいサンギを使用しました。
サンギの幅は、穴に比べて広いのでノコギリで穴の幅に合わせて切りました。
そして、この木を穴に入れました。

 枠の短辺には、端から端まで長さの木が入っています。
短辺のデッキ材の木口(切口)に長辺のデッキ材を合わせてコーススレッドで接続をします。



 長辺には、端のみに短い木材(20cmほど)が入っているだけです。
これは、接続にコーススレッドを使いますが、接続時にデッキ材の穴がつぶれないようにするためと、接続を強固にするためです。

 思った以上にしっかりした枠が出来上がりました。

 これを、予定の位置に運び地面に固定しました。
満足する物が出来ました。


 これで、しばらくは安心していることが出来ます。

  デッキ材は、廃材として貰った物ですが、土留め、外の棚板、フラワースタンドにと色々の場所で使うことが出来ます。
(花壇の後の棚の棚板も、もちろんデッキ材を利用しています。)
大変嬉しい材料です。

 廃材も捨ててしまえば、ゴミですが、何かに再度使えば資材です。
震災で出た瓦礫も上手く使うことを考えれば、材料になります。
廃材を発電用や薪として利用することも行われているようです。
原発事故で出るセシウム137、ストロンチュウム90も何か上手い利用方法が無いのでしょうか?
素人考えで申し訳ありませんが、半減期が長いということは、それだけ放射能を放出する能力が高いということです。
ただ、邪魔なものとして扱い続けるのは嫌なものです。
何か有益に利用できれば厄介者でなくなります。
そうなることを祈ります。

 話は、突然飛びますが、宇宙戦艦ヤマトは、放射能を帯びた地球を救う為、イスカンダルへ放射能除去装置を受け取りに行きます。
 福島第1原子力発電所の、循環注水冷却装置は、発電所の放射能除去装置の1つでしょうか?
循環注水冷却装置を始め、現場で原発事故の収束に向けた作業をしている皆さんには頭が下がります。
現場の作業員の皆さんは宇宙戦艦ヤマトの乗組員のようにも思えます。

 今年もあと半年、年の前半の反省をして後半も着実に生活をしていきたいと思います。
 年の初めは、はりきり過ぎて疲れてしまいました。
それから、大震災のショックが加わり、しばらく何も手に付かなくなってしまいました。
直接の被害は無かったものの津波の映像、原発の爆発映像を見て大変なショックでした。
キノコ雲こそ出ませんでしたが、原子爆弾と変わらないではないか?
「これで終わりだ」と思いました。
その後、これらのショックから気を取り直して、やるべきこと出来ることから進めてきました。
しばらくの間作業が手に付かなかったこともあり課題が沢山残っています。
後半は、残っている課題を着実にこなして行きたいと思っています。