島根県 浜田 遊漁船 磯辺丸

浜田 鹿島 高島沖などで旬の魚を1年中狙っています。
ご予約はお早めに!!
携帯 : 090-3176-0941

2018年05月22日(火)

2018年05月22日 | 釣り
本 日 の 出 航 : 13 時 00 分 ~ 22 時 30 分
釣 果 写 真 :


このポーズ、一度やってみたかったんですよ~♪(笑)
40cm級のイサキのダブル!!


全体の釣果
今日は魚の活性が悪く、終日ポツリポツリでした。


海 上 の 状 況

日 時 : 2018年 5 月 22日 火曜日 13 時 00 分 ~ 22 時 30 分
天 候 : 晴 れ 、のち 曇 り
魚 種 : イ サ キ・マ ダ イ・ア ジ ・チ ダ イ・ウ マ ズ ラ ハ ゲ
仕 掛 : 吹 き 流 し 釣 り
釣 果 : 詳 し く は、 写 真 を ご 覧 く だ さ い 。
潮 汐 : 大 潮   満 潮  18 : 15 干 潮  0 : 54
水 温 : 19.0 ℃ 
潮 流 : 動 く よ う な 、 動 か な い よ う な 変 な 潮
風 向 : 終 日 凪
海 況 : 0.5 m

コ メ ン ト

今日は朝から久しぶりの凪日和となり、夜まで天候は大丈夫みたいなので、日中はイサキを狙い
夜はケンサキイカを狙いながら、ついでに、どんちっちアジも一緒に狙ってみよう・・などと
贅沢な釣りプランを立て、いつも通り、13時頃港で氷を積み、出航しました。

沖へ出てみると、海上は凪。
波も無く、まるで瀬戸内の海の様。
「あとは、潮がうまく動いてくれたら良いんだけどなぁ~?!」と心の中で思いながら、今日の
目的のポイントへ向かいました。
ポイントに着き、時計を見ると、今日の潮汐表には記載がないが、たぶん、今頃が潮止まり前後のはずです。
なので「潮よ、動け~!!」と期待を込めて、仕掛けの準備の出来た人から第1投を投入してもらいました。
しかし、やっぱり潮は動いておらず、船も自分の思った方向へ流れなかったので、1投目は不発に
終わってしまいました。
それならば・・と、今度は潮と弱い風の方向を考えながら船を流し直してみると、今度は右舷前方の人の竿に
待望の当たりが来ました。
竿先の叩き方をみると、イサキ独特の「コツコツ」という叩き方だったので、私は「たぶんイサキですよ!」と
お客さんに告げ、しばし仕掛けが上がって来るのを眺めていると、やっぱり良型のイサキでした。
1匹目という事もあり、大事にタモ網で掬い獲りました。
それを見ていたお客さん達は「お~、ええイサキじゃ!」と、いきなりやる気モードにスイッチが入りました。

それからは、少しずつ潮が動き出したのか・・、ポツポツと40cm前後のマダイやチダイ混じりでイサキが
釣れ出し、皆さんは、釣った魚をクーラーへ入れ、お土産を確保して行きました。

私は「今日もそろそろ記念写真を撮りたいな~♪」と思ったのですが、どういう訳か、今日は追い食いを
待ってもダブル・トリプルには中々ならず、逆に下手をすると、追い食いを待っていると1匹目が外れて
しまう事が多々あり、お客さん達は、口々に「しまった~!追い食いを待ってたら、外れた~!(笑)
こんな事なら、1匹だけでも取り込んどけば良かった!」の場面が頻繁にあり、今日の魚の食いの悪さを
思い知らされました。

そして、待望の夕まず目。
今日も一番反応の良かったポイントに戻ってみました。
魚探で魚の反応を見てみると、まずまずの反応です。
すぐに潮上に船を回し直して、仕掛けを投入してもらいました。
すると、その1投目。
右舷前方の方の竿に当たりがあり、少し追い食いを待っていると、今度は、右舷後方の方の竿が曲がり出し
その後、左舷後方、左舷前方と、船中全員安打となり、船上は賑やかになって来ました。
その後は、しばらく流すたびに当たりがあり、そこそこ良いペースで釣れ続いたのですが、潮止まりが
近づくにしたがって、だんだん魚探から魚影が無くなり出し、それに伴い、当たりもだんだん無くなり出し
最後には本当にべた底を釣ってみても、サシ餌を全く取られないという、悲惨な事になってしまいました。
・・なので、ポイントを変わってもみましたが、やっぱり、どのポイントも同じで、お手上げ状態でした。
たぶん原因は、この1週間で水温が3度近く下がったのも理由の一つだと思いますが、本当に海の底は
敏感でシビアですね。

暗くなり、イカ釣りと、どんちっちアジに変更しようと、現場近くにいる知り合いにTELしてみました。
すると「120号の鉛を付けても、仕掛けが斜めになる位潮が速い!!」との事。
これでは、当然、アンカーを打っての釣りは無理・・と判断し、今日はどんちっちアジは諦めて、潮が緩い
ポイントでケンサキイカ1本勝負と決めました。
近くまで行くと既に先客船が10隻近く居たので、「そこそこ釣れるんじゃないかな・・!?」と思い
邪魔にならない所にアンカーを降ろしました。
明かりを点け、しばらくすると、今日もトビウオやら小魚などが船の周りに集まり出し、いい雰囲気に
なって来ました。
すると、左舷後方の方が「来たよ~♪」の声です。
やがて、上がって来たのは中型のケンサキイカだったので、私も慌てて準備を済ませ、イカメタルを
投入しました。
しかし、私はそれから約2時間全く当たりなしです。
しかし、どういう訳か?左舷後方の方だけには、ポツポツ程度にスルメイカ混じりですが、ケンサキイカを
ゲットされており、腕の違いを見せつけさせられました(笑)
あまりに釣れないので「22時に納竿しよう!!」と決めたのですが、ちょうどその頃から、船の周りで
胴寸30cm級のケンサキイカが何十匹の群れで回り出しました。
「これは時合いが来たぞ~!」と思い、少し時間を延長して、一生懸命誘いをかけてはみましたが
なぜだか?ほとんど反応なしです。
気持ち良さそうに船の周りを泳ぎ回り、 ケンサキイカが回って来ると、皆さん「お~、見える見える!
だけど、これで何で釣れん??」と口々につぶやいてました。
そんな感じで、今日は22時30分にギブアップで納竿としました(笑)
見えるケンサキイカ・・・悔しいですねぇ~!!
でも、ケンサキイカがいる事だけは分かったので、あとは、ケンサキイカの活性が上がれば、きっと数が
釣れ出す筈です。
それを夢見て、また、今度頑張ってみます。
乞うご期待!!
『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018年05月16日(水) | トップ | 2018年05月25日(金) »
最近の画像もっと見る

釣り」カテゴリの最新記事