答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

お祀りする

2016年04月30日 | 土木の仕事

 

 

小島のお地蔵さんに「おまつり」をする。

とんとご無沙汰なのだからエラそうなことを言えた義理ではないのだが、わたしのなかでは、折にふれて「おまつり」をするように努めている。 


国道493号沿いにあるこの地蔵尊を「おまつり」するようになったのは2011年、台風6号災害の応急復旧に取り組んでいたときからだ。

ここ小島地区の復旧工事は3ヶ月の期間中でつごう6度の崩壊に見まわれ、すんでのところで何名もが命を拾ったりしたあげく、ようやっと完成にまでこぎつけたという経緯があったのだが、たぶんその2度目が起きたあとからだったと記憶している。

ふと、思うところがあったのだ。

神仏にすがったわけではない(お地蔵さんは神でも仏でもないという説もありますが、それはこの場合些末なことです)。ましてや信仰でもない。

地球を相手にするわたしたちの仕事では、工事現場に責任を持つものは、スピリチュアルなものを大切にする気持ちを持たなければならないし、なおかつそれを現場ではたらく人たちに見せなければならないのではないだろうかとそのとき思ったのだ。危険な現場ではなおさらそれが必要なのではないかと気がついたのだ。

山の仕事を営みとする人たちが信仰心に厚いのは、そんなところからも来ているのではないだろうか。

彼らほどではないにしても、土木という仕事をする人たちの多くもまた、霊的なものへの畏怖を持ちつづけてきた。にもかかわらず、そんななかに居てわたしは、まったくと言っていいほど信仰心のない人で、のみならずそれを広言してはばからないような男だった。

そんな人間が変わろうとしたのはそこからである。

山や川、土や岩やを相手にしていると、わかっているようでいてなんだかよくわからないことも多い。その制約を克服して工事を完成させることに土木の仕事の醍醐味があり、面白さもつらさもあるのだが、「なんだかよくわからないこと」に対する怖れのようなもの、つまり地球に対する畏怖の念を忘れてしまってはならないとわたしは思う。

 

そうだね。大切なのはひとりひとりの「心」なんだ。「信心」ってのは、さっきもいったように「なにか特別な存在を信じる心」をもつこと。(『日本のもと 神さま』中沢新一監修、講談社、P.100)

 

「なんだかよくわからないことへの畏怖」と「なにか特別な存在を信じる心」は、わたしのなかでたぶん同じだ。

これを読んでいる同業のアナタがもし、かつてのわたしのように「信心がない」と言ってはばからない人だとしよう。いや、口には出さずともそう思っている人だとしよう。まずはカタチからでもいい。現場で作業をする人へのパフォーマンスとしてでもいい。手始めに身近にあるスピリチュアルなものを積極的に「お祀り」してみることをオススメする。

不思議なことに、やっているうちに「なにか特別な存在を信じる心」が、そこはかとなくめばえてくるものだ。

今も「信心がない」と広言してはばからないわたしが言うのだから、まちがいない。

 

「オマエそりゃトシだよ、トシ」

 

そう笑われれば、黙ってボウズ頭をボリボリと掻くしかないが。

 

 

日本のもと 神さま

中沢新一監修

講談社

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

IPD(インテグレーテッド・プロジェクト・デリバリ)

2016年04月29日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

CIM入門―建設生産システムの変革

矢吹信喜

理工図書

 

『CIM入門 -建設生産システムの変革』、行きつ戻りつしながら読んでいたのでやたらと時間がかかったが、とりあえず読了。色いろと勉強させてもらった。教科書とするには、なかなか良い本だと思う。

そのなかで、もっともわたしの目を引いたのが今日のブログタイトル、IPD(インテグレーテッド・プロジェクト・デリバリ)について記述している部分である。

「おいおい、またアルファベット3文字かよ」などと嘆かないでほしい。

わたしとてわかってはいる。やれ改革だ変革だと騒ぎたて、次から次へと押し付けを繰り返す輩が持ち出してくるもののたいがいがアルファベット3文字の略語だというのを。 

だが、気がついてみればそうだった、というに過ぎないのだから、こればかりはどうしようもない。

で、アルファベット3文字でIPDである。

 

発注者(オーナ)、設計者(建築家、構造技術者、設備技術者)、請負業者(元請け業者と下請け業者も)が一つの団結し密着したチームを作り、プロジェクトの最初の段階から完成まで一緒になって、BIMの技術を最大限に使って、データを共有しながら、協調的に遂行していく。(P.164)

 

のが、建築におけるIPDだと矢吹先生は書く。そしてそのあと、こうつづけている。

 

IPDで重要な点は、上記のプロジェクト・チームが、BIMによって、かなりのコスト縮減と工期短縮を実現しながら、発注者のニーズに対して満足するような結果を出すことである。その際、BIM技術者によって、種々の設計案や施工案を出し、かかるコストと便益をリアルタイムに比較し、評価しながら、意思決定していくことが必須となる。(P.164)

 

うん、ビビッときた。

さっそく、Googleさんに「IPDとは」と問い合わせてみた。 

AUTODESKの『BIM design』というサイトの『BIMとは?』というカテゴリーが引っかかる。

 

多くの成功した建築プロジェクトの成功要因は、“チームの良好な関係”であり、建築家、エンジニア、請負業者が“良い建物をつくる”というモノづくりにおける目標を共有することです。
IPDは、こうした成功を実現するため、施主を設計段階から関与させて、単に初期費用にとどまらず、工事日程やパフォーマンスといった目標の設定にも関与できるようにします。

 

ほほ~、いいじゃないか。

も少し検索してみる。

 

次は、同じサイトの別のカテゴリー『BIMをもっと知りたい』のなかの『建築の未来を拓くベースコンセプトとテクノロジ:BIMとIPD』 をのぞいてみる。

 

BIMは当初、ある種のテクノロジと考えられていたが、実際には、情報の共有と協業の拡大に根ざした文化やプロセスの変化のためのベースを意味する。たとえば、協業体制を拡大している設計環境にBIMを取り込むと、チーム全体が早い時期に設計プロセスに関与してビジョンと目標を共有し、プロジェクトが最大限の成功を実現できるような環境が創造されるのだ。

 

ほ~、ますますいいじゃないか。

読み進める。

記事の結びはこうだ。

 

ここにおけるBIMの役割とは、プロジェクトチームが共通の協業環境で情報を利用し、設計意図の理解を深め、効率を改善して、プロジェクトの真の成功を支える新たな協力体制を実現できるようにすることである。

 

もう一度『CIM入門』に戻って引いてみる。


IPDは、(略)、発注者、設計者、施工者、維持管理者、その他関係者が一つの3次元モデルを共有しながら一体となって、部分を担当しながらもプロジェクト全体にコミットし、協調的に計画から維持管理までのライフサイクルを実施するプロジェクト推進方式である。しかも、発注者にとって利益になるように提案することによって、受注者も利益を得るという一挙両得の仕組みなのだ。


もちろん、建築と土木の違いは厳然としてある。BIMとCIMもまた違って当然だ。ビッグプロジェクトと中小零細とをひと括りにはできない。

だが、これらに書かれているところのBIMとIPDの関係は、片足をちょっとだけ突っ込んであたりをキョロキョロと見回してみたのはいいが、何の道しるべもなく途方に暮れかけているわたしにとって、情況を突破するためのキーポイントとなりそうな気配がそこはかとなく漂ってくるのだ。

ここから先も、いつもと変わらぬ手探りの悪戦苦闘七転八倒にはなるのだろうが、そしてこれが「情況を突破する」どころか、まったくのスカだったということにもなりかねないのだが、

とりあえずIPD(インテグレーテッド・プロジェクト・デリバリ)をヒントに一考してみようと、そう思っている。

 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

春の雨にけぶる ~ モネの庭から(その264)

2016年04月28日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

水の庭へと上がるなり目に飛び込んできたのは、新調なった太鼓橋が雨に濡れた姿。

「おお、ええやないかい」

と内心で拍手しながら池に目をやると、

「これはこれは・・・・」

思わず目を見張ってしまった。

 

 

 

 

 

 

誰だ?

「新緑の季節にはまぶしい陽光が似合う」、とかナントカ言ったのは。

(ワシや)

「赤い睡蓮に雨は似合わない」、と言ったのは。

(ワシや)

 

そんなことを独りごちながら

雨にけぶる水の庭に、しばしうっとりとしてしまうわたしなのでした。



はるさめもやふのお春じゃなゐか

紺のぼかしの 蛇の目傘に

花梔子の雨が けぶる

(『春らんまん』 by はっぴいえんど)

 

 

下のサムネイル画像をクリックしてもらうと大きなサイズで見ることができます。

↓↓ 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

赤い睡蓮 ~ モネの庭から(その263)

2016年04月27日 | 北川村モネの庭マルモッタン

雨の音で、目覚まし時計が鳴るより早く目がさめる。

それにしてもなんと雨が多い4月だろう、と繁忙期であればいささか憂うつにもなるところだが、幸い手持ちの工事はそれほどない。

とはいいつつも、動いている現場にしてみれば、やはり雨は降らないほうがよい。特に土仕事となるとなおさらである。

ドカタ殺すにゃ刃物はいらぬ雨の3日も降ればいい。

昔も今も変わりはないのだ。

 

 

こちらはきのうのモネの庭。

雨のモネの庭が素敵なのは、知る人ぞ知るところではあるけれど、新緑のこの季節には、やはり暖かくまぶしい陽光がぴたりとする。

特に赤い睡蓮に雨は似合わない。

 

 

独断である。

 

 

といった尻から、「ひょっとしたら似合うかもしれない」などという考えが頭をもたげてきた。

「よし、ひとつたしかめてみようじゃないか」

今日もまた庭へ行く機会があるのをいいことに、池をのぞいてみることにした。

 

それにしてもこの雨、強く降らねばいいのだが。

散った藤の花びらが、睡蓮の葉っぱのすき間に吹きだまる画像を見ながら、現場ではなく庭の心配をするわたしなのだ。

 

 

 

 

下のサムネイル画像をクリックしてもらうと大きなサイズで見ることができます。

↓↓ 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

 

コメント

6月10日(金)、「三方良しの公共事業推進カンファレンス2016四国」が開かれます。

2016年04月26日 | 三方良しの公共事業

昨年の土木の日(11月18日)に開かれた土木学会のCIM講演会、わたしの話を聴きに山を越え海を渡って遠路はるばる来てくれたTさんの言葉。

「いつも終わったあとのブログで初めてわかるので間に合いませんが、今回は講演の前に知らせてくれたので来ることができました」

「へ~そうなんだ」と、なんだか他人ごとのように感心してしまったわたし。そんなふうに思ってくれるかたがいる。ありがたいことである。

ということで今年は、事情が許すかぎりアナウンスすることにした。

この前の、校長先生たちを前にした第1弾につづき、第2弾はこれ。

 

 

 

平成28年6月10日(金)

13時半から17時20分

かがわ国際会議場(高松市)

で開かれる『三方良しの公共事業推進カンファレンス2016in四国』である。

といっても、当社の事例発表はわたしではなく若手職員2名が行う手はずとなっていて、わたしはその狂言回しとして、話の前後でちょこっとだけ登壇しようかと目論んでいる。

さっそく、個人的にメールでお誘いした何人かには出席の返事をいただいたのだが、ここはやはり公式にアナウンスしておかなければなるまい。

当社はともかくとして、今回の事例発表は、いつもに増して乞うご期待。

参加ご希望のかたは、下記のアドレスあるいはその下の画像をクリックして、申し込みフォームからなのである。


http://www.sanpouyoshi.jp/news/news0028-20160418.pdf

 

 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

藤の花咲く ~ モネの庭から(その262)

2016年04月25日 | 北川村モネの庭マルモッタン


藤の花は、咲いたと思えばすぐ散り始めている。

咲くのと散るのとが同時に進んでいっているような印象が、わたしにはある。

この日、咲き始めた睡蓮の周りの水面にも、藤の花びらがいくつも落ちていた。

華やかなように見えていて、どこか頼りなげな趣きが藤の花にはある。

その頼りなげなさが、新緑の萌え立つエネルギーが発散するまぶしさとは相反しているようでいて、一個の風景として相まって水の庭にある。

南国土佐ならではの、この光と色のコントラストを、かのクロード・モネが見たらなんと言ったか。

北川村モネの庭マルモッタンでなければ出せない味だと、わたしは思う。

 

 

 

 

 

 

下のサムネイル画像をクリックしてもらうと大きなサイズで見ることができます。

↓↓ 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

お待たせしました ~ モネの庭から(その261)

2016年04月24日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

 

 

睡蓮が咲いた。

シーズンインの先陣をきるのは白と赤。毎年変わらぬラインアップだ。

新緑と睡蓮の組み合わせには、この季節でしかお目にかかれない。

まぶしいほどに美しいその風景をこのヘッポコが切り撮れたかどうか、ちと疑問ではあるが、とりあえず2016年の初睡蓮。

新緑の 映える水面に 睡蓮の花

高知県安芸郡北川村よりお届けする。

 

下のサムネイル画像をクリックすると大きなサイズで見ることができます

↓↓

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

東日本大震災における災害復旧作業から学ぶ教訓(『いわけんブログ』から)

2016年04月23日 | 土木の仕事

4月21日の『いわけんブログ』(岩手県建設業協会のブログ)に、『東日本大震災における災害復旧作業での教訓等について』という記事が掲載されている。

http://www.iwaken.or.jp/info/2016/04/21_0908.html

応急復旧の際の「教訓」ではあるが、「備え」という部分でもじつに教えられるところが多い。

興味があるかたもないかたも、全文をぜひ読んでほしいのだが、御用とお急ぎのかたのため肝心要の部分を転載させてもらう。

 

 

≪東日本大震災発生当初 復旧作業、がれき撤去作業に関わる教訓≫


1.現場で不足したもの

(1) 今回の震災では燃料不足(軽油やガソリン)が深刻な事態に陥った。

(2) 作業で必要な防塵マスク、作業用手袋、作業用ゴム手袋、軍手、タオル、ブルーシート、安全ベストが不足した。

(3) ダンプなどの車両が釘などを踏みパンク、パンク修理が出来る場所がなかった。

(4) 重機が故障、重機の修理を出来る場所がなかった。

 

2.健康上の問題と対策

(1) 乾いた土砂などが風で舞い、粉塵が立ち込める→防塵マスク、ゴーグル

(2) 流された建材に紛れ込む石綿→防塵マスク、散水・薬液処理による湿潤化、建材を割らない

(3) 傷口から破傷風に感染の恐れ→丈夫な手袋、安全靴など底の厚い靴、長袖の作業着、傷を負った際の洗浄・治療、予防接種

(4) PCBの混在→古いトランス、コンデンサー等PCBを含むものを触らない

 

3.安全上の問題と対策

(1) 余震による津波の発生→ラジオで把握、避難経路の確保

(2) 作業員、第三者と作業用機械の接触→第三者の立ち入り禁止、作業半径内立ち入り禁止、誘導

(3) 被災した建物の倒壊→建物の状況・強度確認

(4) 重ねたガレキの倒壊→重ね過ぎない、ガレキ上での作業を避ける

(5) 釘の踏み抜き→安全靴など底の厚い靴、鉄板入りなど

 

(『いわけんブログ』2016年4月21日、より)

 

 

参考にさせていただきます!

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

どかただもの

2016年04月22日 | 土木の仕事

盟友ヒゲブチョーさんが所属する会社M組さんが、創業70周年を迎えられた。

そしてその記念式典にスペシャルゲストとして招かれた米良美一が2曲目に歌ったのは、『ヨイトマケの唄』だったという。

「M組さん、やるなあ」と独りごちるわたし。

 

過去の延長線上に未来もある。

そんなふうに考えて高をくくっていたら、今という時代は生き抜けない。

だが、過去がなければ今のわたしは存在すらしていない。

今わたしが拠って立つところは、先人たちが風雪に耐えて築いてきてくれた歴史なしには、拠って立つ場所たり得ないのだ。

やれCIMだやれCCPMだと、いかにも新しもん好きのミーハーのように見えるわたしだが(そしてそれはたしかにそうではあるけれど)、そこんところは十分承知して日々を生きているつもりである。

それをして相田みつお風に言えば、

 

どかただもの

 

変わらないものと変わるもの

変えてはいけないものと変えるべきもの

その平衡を保ちながら今という時代を生きる。

惰性におちいることなく、現実を追認することに汲々とすることなく、漸進的に変化しつづける。

そのためには、先人たちへの感謝と尊敬の念を持ちつづけていることが肝要である。

なんとなれば、

 

どかただもの

 

 

♪工事現場の ひるやすみ

たばこふかして 目を閉じりゃ

聞こえてくるよ あの唄が

働く土方の あの唄が♪

(『ヨイトマケの唄』作詞作曲:美輪明宏)

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント (2)

勝手にされた予約を解除してWindows10のアップグレードを未然に防止する方法

2016年04月21日 | PCのトラブル(とか)

きのうの稿はコチラ↓↓

勝手に始まったWindows10のアップグレードを水際で強制的に止める簡単な方法



色いろ調べてみると、ウインドウズPCの右下隅にあるこのマークをクリックするだけでアップグレードが予約されることがある、というのがどうやら「勝手に」アップグレードが始まる原因のひとつらしい。

そうそう、わたしが家のPCの「勝手に始まった」アップグレードを手をこまねいて見ていたのも、

「どうせワシがどっかさわったんやろな」

とあきらめてしまったからだった。

 

で、きのうのつづき。

アップグレードを水際で阻止することには成功したが、

 

 

「失敗:1個の更新プログラム」というメッセージが出てきたということは、今度のプログラムの更新のときには、間違いなくまたアップグレードが始まってしまうということである。

知っている人には常識なのだが、パソコンについて知識がなく使っている人はけっこう多く、そんな人たちがまったく承知していないのがWindowsの更新プログラムの設定。

デフォルトでは「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」となっている。

([コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[Winows Update]で確認して下さい)

 

 

Windowsの更新プログラムについては、その他3つを選択することもできる

「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」

「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」

「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」

の3つである。

「重要な更新プログラム」はシステムの脆弱性などを治してくれたりするので、普通は「推奨」の自動インストールにしておくにこしたことはない。

だが、Windows10へのアップグレードを拒否したい人は、そのままにしてくとまた始まってしまうので、とりあえず

「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」を選んで、ついでにその下の、「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同時に通知する」のチェックもはずしておく。

 

 

とりあえずこれで、自動アップデートが始まる前に確認して阻止することはできる。

だが、ついついうっかり(または気づかずに)してしまった予約は、この時点でなお生きているので、予約をキャンセルしていまわないといけない。

再び、画面右下隅へ戻る。

 

 

右クリックしてみる。

予約済みだと、上から2番目が「アップグレードのステータスを確認する」になっている。

 

 

ちなみに予約をしてない場合はコレ、「無償アップグレードを予約する」。

 

 

「アップグレードのステータスを確認する」をクリックする。

 

 

 

と、「アップグレードを予約しました」という画面が出てくる。

恐れずに左のほうを見てもらうと、小さく「予約の取り消し」とある。

 

 

クリックすると、確認のメッセージが出てくる。

 

 

ここまでくれば自信をもって、かまわず「予約の取り消し」をクリック。

 

 

以上、「勝手にされたWindows10の予約を解除してアップグレードを未然に防止する方法」、

ご参考までに。

 

が、しかし・・・

なにゆえなんのためにか極東の辺境に住む土木屋なんぞにはよくわからないが、

Windows10の無償アップグレードは、どんどん進化していってるという情報もある。

色いろややこしい手続きをするのが面倒な向きは、あきらめてWindows10を受け入れたほうが、いっそスッキリしているような気もする。

受容するかしないかはアナタの判断しだい。

わたしはまだ、たたかうけどネ (^^)


(と言いつつ社用のサブPCはWindows10搭載マシンです。自分から進んで選ぶのと、そうじゃないのとでは、月とスッポン泥と亀、ぜ~んぜん違うのであります)

 

 

このブログ内の関連記事 ↓↓

 

勝手に始まったWindows10のアップグレードを水際で強制的に止める簡単な方法



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

 

コメント