答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

よい人

2019年05月19日 | ちょっと考えたこと

広島にいる。

一昨日、クルマで通った瀬戸大橋を、今日は列車でわたってきた。

その、岡山行き特急「南風」の車中での出来ごとだ。

琴平駅から乗ってきた夫婦づれとおぼしき老カップルが、2人で座ることができる座席を探すのだが、二人がけのどのシートも埋まっているかもしくは片方しか空いてないかで、困り顔で思案をしていた。よほど仲がよいのだろう。どうしてもふたりで座りたいのか、なかなかバラけようとはしない。

いい加減あきらめたらよいのに。。。

まったくどうしようもなく底意地の悪いこのオヤジがそう思ったそのとき、ひとりの女性がそのカップルに声をかけはじめた。するとすぐに、その女性と連れとおぼしきもうひとりの女の人が席を立ち、その夫婦づれに席をゆずった。

ほ~~~すばらしい!!

内心で拍手喝采を送るわたし。その女性にすっかり魅了され見とれていると、スタスタと歩いてきた彼女は、わたしが座るシートの横で立ち止まり、

「ここ、いいですか?」

「もちろん」

ニコッと笑い座席についた彼女のほうに向き直ったオジさん、とっておきの笑みを浮かべ、今度はちゃんと声に出して賛辞を送った。

「さっきの見てました。すばらしい!!」

おのれの偏狭さなどはすっかり忘れ、なんだか自分がよいことをしたかのように、ニコニコ顔になったオジさんなのだった。


ああ、よい人がいるもんだ。



 

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー


コメント   この記事についてブログを書く
« 勧誘 | トップ | 広島2019 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。