答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「女性脳の真理演算を推進するためには、共感してあげること、これに尽きる。」(黒川伊保子)

2018年08月18日 | 読む(たまに)観る
女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)
黒川伊保子
集英社インターナショナル

 

『女の機嫌の直し方』をボチボチと読んでいる。

現在位置は417/1582、28%程度のところだ。

ここまででもっとも重要なポイントと感じたのは「まず共感する」。

黒川さんいわく、

「女性脳の真理演算を推進するためには、共感してあげること、これに尽きる。」

そして、

「女性とともに生きる以上、共感上手になってもらわなければ、コミュニケーションが成立しないどころか、女たちの安全な暮らしが成り立たないのである。」

という。

その理由はこうだ。

 

・・・・・・・・・

 実は、女性脳は、「怖い」「ひどい」「つらい」などのストレスを伴う感情が起こるとき、そのストレス信号が男性脳の何十倍も強く働き、何百倍も長く残るのである。そして、共感してもらうと、その余剰な信号が沈静化するようにできている。(Kindleの位置No.242)

・・・・・・・・・

 

「余剰な信号を起こす理由」は、哺乳類のメスとして、「怖い」「ひどい」「つらい」など、自らの安全を脅かす危険な体験をこと細かに記憶して、同じ事態に自分を追い込まないための自衛手段だという。

まず聴く。聴いて受け止める。そのとき、自分の意見は言わない。

60年も生きてきた身なればそれぐらいのこと、アタマではわかっているし、そこはかとなく実践もしている(つもりだ)。だが、こうやって読んでみると、おのれの理解が浅かったことを実感する。理解が浅いがゆえに、そこから起動する実践はもっと浅い。そんなわたしだもの、次のような具体例を突きつけられた日には、ぐうの音も出ない

 

・・・・・・・・・

「なんだか、腰が痛くて」と妻に言われて、いきなり「医者に行ったのか」なんて返していないでしょうね?

 女性にとって、これはかなりつらい返しになる。

 もちろん、正解は「共感で返す」である。共感のコツは、相手のことばの反復だ。「腰が痛いのか。それはつらいね」と受けるのが正解。それだけで、不調が軽減することもある。気のせいではなく、本当に脳のストレス信号が減少するのである。(No.229)

・・・・・・・・・

 

嗚呼、なんてこったい、とアタマを掻きむしる。

まさにソレ、まさにソコ。

思い起こしてみれば、いくたび同じ轍を踏んできたか、数えきれない。

そうだ。

となればやることはひとつ。

 

いいことを知ったらすぐ実行。

今やっておいたほうがいいと思ったことはすぐ実行。

側聞即行、さっそく実践してみよう。

もちろん、その対象となるのはわが女房殿だけではないのだろうが、まず「隗より始めよ」だ。

そして、たとえこのブログをわが女房殿が読んでいて、わたしのささやかな実践のネタ元がバレたとしても、テヘヘ・・・とボウズアタマを掻けばそれでしまいだ。


たとえ棒読みになろうとも、心がこもってなくても、その繰り返しがいつかは習い性となる(たぶん)。

さあ、れっつびぎん。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« お気に入りの瞬間 ~ モネ... | トップ | 「女性に謝るときは、彼女の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読みました (もりさき)
2018-08-19 09:42:15
昨日書店に行ったらこの本と「目が合って」しまい購入しました。
衝撃的な本でした。
側聞即行します。
すばやい (みやうち)
2018-08-19 17:25:12
「共感で返す」
実践しましょうぞ。
感想文、期待してます。

コメントを投稿