答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

マスト

2018年11月17日 | ちょっと考えたこと

「マストですよ、マスト」

そういう相手の言葉を奇異に感じながら、言葉の意味が飲み込めないわたし。

わからない。だが聞けない。ならば笑ってごまかすしかない。

軽くうなずきあいまいな笑いを返してその場をやり過ごした。

会社までの帰路、「マストとはなんだ?どういう意味だ?」、ハンドルを握りながら考えた。

まず真っ先に浮かんだのはマスト登りのマストだ。

マスト登り・・・

不肖みやうち、アレができなかった。嫌いだった。昭和32年生まれ、1960年代後半を小学生として過ごしたわたしは、当時の田舎の子どもにしては珍しくバリバリのインドア派だった。

それが原因なのか?

たぶんそうなのだろう。

圧倒的な筋力不足だったわたしは、かけっこをすれば必ずビリから2番め、知力には自信があったが(そのころまでは)、体力的分野はからきしダメな小学生だった。とはいえそれは、他人よりできないという事実があるだけであって、体育の授業も、その集大成としての運動会もけっして嫌いではなく、むしろ大好きだったのだが、いかんせん見事なぐらいできなかった。

その象徴が「マスト登り」だった。

いつも途中で力が足りなくなって登れなくなり、竹(マスト)に抱きついたまま皆の笑い声を聞く。その様を他人に見られるのが恥ずかしくて恥ずかしくて、すぐにでもそこから走り去りどこかへ消えてしまいたくなっていた。いつもいつでも、である。

大嫌いだった。

若いころは振り返りたくもなかった。

わが人生の汚点だと思っていた。

しかし、久々に思い出し、あの体感がよみがえってみると、なんだかやけに可笑しすぎて、当の本人たる今の自分が、竹の途中に抱きついて泣きそうになっている少年を指さして笑ってしまった。

と、

「マストですよ、マスト」

運動会の記憶をさえぎるように、さっき打ち合わせで聞いた言葉が耳の奥で鳴る。

ああ、マストか。

解けた。

なんのことはない。マスト(必要)なのだ。

だったらマストじゃなく必要と言ってくれよ。そう独りごちながらクルマを運転する。

ま、いいか。

胸の奥にしまっていた遠い日の恥ずかしくてたまらない記憶を思い出させてくれたのだもの。

 

「マストですよ、マスト」

 

うん、たまには、振り返ることもマストなのである。



・・・・・・・・

と、何を気に留めることもなく、マスト、マストと連呼しましたが、ふと思いたち調べてみると、わたしたちにとっては運動会の必須競技だった「マスト登り」は、高知(四国?)ローカルな競技だったということが判明しました。

ということで、他県の皆さまに説明用の画像をひとつ。

こんな競技です。


四万十田舎暮らし』さんから借用させていただきました。


あゝ、また恥ずかしさが込み上げてきた (^_^;)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鯨海酔候 | トップ | ゆず、おわる。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。