答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもない」(曽野綾子)

2019年02月19日 | 土木の仕事

昨日、当ブログ初訪問だという方からコメントをいただいた。

「曽野綾子さん 土木」

で検索してたどり着いたのだという。

そういえばたしかに、『無名碑』のことを書いたことがある。

ということで、わたしもくだんの訪問者さんを真似て

「曽野綾子さん 土木」

というキーワードでGoogleさんに問うてみた。

と、トップページにそれはあった。

『無名碑(下)』(曽野綾子)を読んでいたことー答えは現場にあり!技術屋日記”というタイトルだ。

そのなかでわたしが引用した2つの文章のひとつがこれだ。

 

 道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもないことを、竜起は楽しく思った。宗教的な建築物ならば厳粛さを伴うであろう。他の多くの建造物は多かれ少なかれ、限定された目的を持っている。しかし道には、何の制約もなかった。あらゆる人々が、あらゆる目的をもって、その上を移動するだけであった。その生活の匂いにまみれた空間の生命を、竜起は尊いものに思った。(P.91)

 

もちろん覚えている。覚えてはいるが忘れていた。ややこしい表現だ。

そういえば書いたと覚えてはいるが、書いたことは忘れていた。あら、よけいにややこしくなった。

とにもかくにも、約5年前に自分が引用した曽野綾子の文章にあらためてうなった。じつによいではないか。

ん、まてよ。と、あることを思いついた。「竜起」という物語の主人公が「思った」という箇所を除けば汎用できるのではないか、という思いつきだ。

やってみよう。

 

道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもない。宗教的な建築物ならば厳粛さを伴うであろう。他の多くの建造物は多かれ少なかれ、限定された目的を持っている。しかし道には、何の制約もなかった。あらゆる人々が、あらゆる目的をもって、その上を移動するだけであった。その生活の匂いにまみれた空間の生命が尊い。

 

もう少し削ってみる。

 

「道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもない。」

これは必須だ。

「宗教的な建築物ならば厳粛さを伴うであろう。」

ここは思い切ってカットさせてもらおう。

そのあとは・・・う~ん・・・こんなのでどうだろう。

「他の多くの建造物は多かれ少なかれ限定された目的を持っている。しかし道には何の制約もない。あらゆる人々があらゆる目的をもってその上を移動するだけだ。その生活の匂いにまみれた空間の生命ゆえに道は尊い。」

できた。

 

道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもない。

他の多くの建造物は多かれ少なかれ限定された目的を持っている。しかし道には何の制約もない。あらゆる人々があらゆる目的をもってその上を移動するだけだ。その生活の匂いにまみれた空間の生命ゆえに道は尊い。

 

「あら、けっこういいじゃないの」と自己満足したあと、ちょっと待てよと腕組みをする。

こんなことをしていいのか。こんなことが許されるのか。曽野綾子の文章のようで曽野綾子ではないこれを、アチラコチラでちょいちょい使っていいのか。もし使うとして、「(曽野綾子『無名碑』より)」とやっていいのだろうか。

やはりそれはNGだろう。だとしたら・・・

原文のまま行くしかないだろうな。


 道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもないことを、竜起は楽しく思った。宗教的な建築物ならば厳粛さを伴うであろう。他の多くの建造物は多かれ少なかれ、限定された目的を持っている。しかし道には、何の制約もなかった。あらゆる人々が、あらゆる目的をもって、その上を移動するだけであった。その生活の匂いにまみれた空間の生命を、竜起は尊いものに思った。


よし、これで行こう。

と、どこへ行くのかよくわからないが、そう決めた辺境の土木屋61歳。

と言った舌の根も乾かぬうちに


「道は、押しつけがましさやきらびやかさもなく、何かを人に課する場所でもない」


これだけでも十分じゃないのか?

なんて考えがむくむくとアタマをもたげてきたりする。

ともあれ、「真由美さん」、よいネタをくれてありがとう。

これからもヒマがあったらのぞいてやってくださいな。

 

 

 

↓↓ こんなのもやってます。 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↓↓ そしてこんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『いつまでも若いと思うなよ... | トップ | ささえる仕事 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みやうちさん、ありがとう (真由美)
2019-02-19 17:41:53
宮内さん、こんにちは。
紹介してくださりありがとうございます。曽野綾子さんはすごく好きで主にエッセイばかり読んでいました。
土木の小説はかなり昔で取材に力をいれていたと聞きました。キリスト教らしく、時にはっきりとした物言いで叩かれることも多いのですが、私は評価している作家さんです。震災後の原発問題、途上国に行くことが多かった彼女は「民主主義を育てたのは電気だ」ということを言ってて、ダムの工事など昔は水力発電が多かったのではないかと思いました。土木技術工事の日本の質の高さを唱えておられ、その仕事のほとんどは正当に評価されることなくおわるのだと、、
当たり前過ぎて自分ではなにひとつ作れないのに平気で先人達の恩恵を受け毎日暮らしている自分が少し恥ずかしく思います。まあ若い時にはわかりませんでした。宮内さんは素晴らしい書評をたくさん書いておられますね。
アーカイブ少しずつ見せて頂いております、楽しみができました。
「道は押し付けがましさやきらびやかさもなく 何かを人に課する場所でもない」  良い言葉ですね。
では、また。
Unknown (みやうち)
2019-02-20 13:31:29
とてもとても「書評」と呼べるようなものではなく、読書感想文のレベルにも達してません。
読んだ本の印象に残った箇所にその折々の自分の心持ちをかぶせてつらつらと書き散らかしているだけです。
ご笑覧ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。