答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

(わたしの)文章作法

2019年02月26日 | オヤジの情報発信修業

気がついている方はおおぜいいるだろうし、実際にそう表明もしているのだけれど、わたしの文章は平仮名が多い。

そしてそれにはそれなりの一応の作法というものがあって、

一つ、書けない漢字は使わない(これが基本原則。眼の前の変換候補にクエスチョンマークをつけてみる)。

そして二つ、たとえ書けない漢字だとしても、IMEの変換に唯々諾々とはしたがわず、これは辞書を引いてまでも使おうとするだろうな、という漢字しか使わない。

とはいえ三つ、平仮名がだらだらとつづく場合は見た目と読みやすさのバランスをとって漢字を入れる。

以上がわたしの数年前からのブログ文章作法(のようなもの)だ。

「そうしてみよう」と思いついたのは、『花森安治の実用文十訓』を読んだことがキッカケだ。

 

(1)やさしい言葉で書く。

(2)外来語を避ける。

(3)目に見えるように表現する。

(4)短く書く。

(5)余韻を残す。

(6)大事なことは繰り返す。

(7)頭でなく、心に訴える。

(8)説得しようとしない(理詰めで話をすすめない)。

(9)自己満足をしない。

(10)一人のために書く。

 

これを読んだのは、文春写真館というWebサイトだ。そこには、花森の十訓とともに、山本夏彦が書いたこんな文章が掲載されている。

 

字句を吟味して、耳で聞いてわからぬ言葉は使うまいとした。極力平がなで書いた。平がなばかりだと読みにくくなる。要所要所に漢字がほしい。そのあんばいに苦心した。だから誌面はかな沢山でまっ白でありながら読みやすいのは苦心の存するところで、ぱっと誌面をひろげてながめて感心したことがある〉(『私の岩波物語』山本夏彦)

 

読むなり「これだ」とビビッときた。IMEが変換してくれるのをよいことに、書けもしない漢字や熟語を使いまくって悦に入っている自分に少しばかり辟易としはじめていたからだ。

爾来、努めて平仮名を使うようにしてきたが、実行してみると、これが思いのほかむずかしい。

上述しているように、平仮名ばかりだと読みにくいし、なんだか少し読み手をバカにしているような、そんな気分にもなってしまう。したがって、現実には、自分で考えているよりも漢字は多い。それでも、ずいぶんと平仮名の多い文章にはなった。

そこでひとつ起こった問題がある。

その癖がビジネス文章にもあらわれるのだ。

努めてそれは出さぬようにと心がけてはいるつもりだが、習い性というやつだろう。ついつい出てしまっているのを、読み返して苦笑することがたびたびだ。

とはいえ別に、「ダメじゃないかコンナのは」と指摘されたりダメ出しされたりしたことがとりたててあるわけではないが、どうにも「イカンな」と思うのだ。なぜか。アッチはアッチでこっちはこっち。そうやって軽やかにそしてスマートに切り替えながら、スイスイと泳いでいくのがわたしの理想だからだ。

 

「ふん、なにをエラそうな。そんなに器用でもないくせに」

別のわたしが頭上で嗤う。

よいではないか。

ないものねだりを足掻くうちに、ひょいとできるようになっていたということだって世の中にはある。

そしてそれがわたしの身の上に起こらないということもないのだから。

(え?けっこう漢字おおい?ま、そこはごあいきょうとゆうことで)



 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

  

↓↓ そしてこんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 春来る ~ モネの庭から(そ... | トップ | 昭和か平成か、それが問題だ。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文章だけには限らないかも (真由美)
2019-02-26 14:25:48
宮内さん、こんにちは。
花森さん!暮らしの手帖の?方ですよね。私は松浦弥太郎さんの本はよく読みます。10か条は確かにその通りだと思います。そしてこれは人に対しての表現や発表にも当てはまるような気がします。私は文章でいえば糸井重里さんのほぼ日などがよくできた文章だなあと毎日感心しています。宮内さんのブログも長すぎず短すぎず読みやすいと思いますよ。というかかなりまとめておられる?ような気がします。
自分が何を言いたいかと同じくらいに私は10番目が一番かと思いました。
ひとりのために書く (みやうち)
2019-02-27 08:09:32
じつは最初これを読んだとき、「その10」だけがどうしても腑に落ちなかったのです。
一人のために書く?
どういうこっちゃ?
考えていると、じわじわとわかりはじめてきました(何年もかかってますけど)。
↓↓
https://blog.goo.ne.jp/isobegumi/e/a3cca3c79dcc7a32c710803e350e2052

今では、「ひとりのためにつくるのもアリじゃないか」なんてことをアチラコチラで提唱しています。
↓↓
https://blog.goo.ne.jp/isobegumi/e/0cd3fc6e6ea192ac5b9bc034a70f255e

時間がかかるオヤジです ^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。