答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

現在地 ~ 2019年春

2019年03月23日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

各所で「あんなこともできます」「こんなこともできます」、あるいは「仕事の仕方が変わります」とさんざっぱら吹聴してきたどの口が言うかとの誹りは甘んじて受ける覚悟で白状すると、まことに残念ながら、あいかわらず停滞しているわが社の「ゆる~いCIM」だ。

わたしが今ここであきらめたら、雲散霧消してしまいかねない。だから、風前の灯火ではあっても、けっしてその火を消してはならないし、石にしがみついても、いや、しがみつく適当なものが見当たらなかったらそのへんにある棒きれにしがみついても、つづけなければならない。

とそれほど気負いこんでいるわけでもないが、そんな想いを胸に秘め、ほそぼそと「ゆる~いCIM」継続中。

いっぽう、「ゆる~いCIM」とセットで取り組むことで、(わが社の)「建設生産性向上」の最終兵器となるであろうはずの(とわたしが勝手に思い込んでいる)クリティカルチェーン・プロジェクト・マネジメント(CCPM)は13年目の原点回帰。

「ぐるぐると循環するのもアリじゃないか」

ということで繰り返しのなかからあらたな可能性を探っている今日このごろ。

 

 

 

「ゆる~いCIM」もCCPMも、わたしにとっては同じ幹に生えた枝。

太い幹は、「コミュニケーション&コラボレーション(伝えあい、そして、協働する)」だ。


こう見えて、けっこうしつこいのだよオジさんは。

 

 

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ボタンアップのベルボトム | トップ | オジさん技術者最強説 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。