答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

充電

2019年05月05日 | ちょっと考えたこと

カナリー椰子の木陰で缶ビールを吞みながら海を見ている。

波打ち際には、食事もそこそこに遊びたくてたまらず走り出した孫と妻と。

もうひとりの孫と、彼らの母親たる娘はどこへ行ったのだろう。

と目をこらして凪いだ海のほうを見ると、画面の左はしからよたよたと走る二歳児とつかず離れずして追いかける母の姿があらわれてきた。

ほどなくして合流した4人をボードウォーク越しにながめるわたしの手には3本目のビールが。

シーズンオフの海水浴場で、酒あり呑むべし吾酔うべし、なゴールデンウィークの一日。

わずか3時間ほどの滞在ではあるが、

充電満タン、

なのである。

 

 

コメント