答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ロホホラ

2019年05月04日 | 読む(たまに)観る

・・・・・・
なぜウサギの絵は同じように描けて、ロホホラの絵は同じように描けないのでしょうか。
それは、描く対象物のイメージが共通していないからです。イメージが共通していない場合、人はバラバラな行動をとります。
・・・・・・
と、いかにもわたし好みのネタを展開させるのはこの本。


担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座
伊藤大輔
日本実業出版社



それだけではよくわからないだろうから少し説明すると、「ウサギさんの絵を30秒で描いてみてください(はい、どうぞ!)」と言うとたいがいの人がウサギだとわかる絵を描くのに、その勢いで「次はロホホラの絵を描いてください。ロホホラがわからない人は自分の想像で描いてみてください(はい、どうぞう!)」とやると皆がバラバラの絵を描くという、

そんなんあたりまえやんけ!

だいいちロホホラってなんやねん!

という話である。


ロホホラ



知らなかった。

うん、

まちがいなくネタ拝借、

なのである。




コメント