答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

イッツ・ア・TTPMワールド2019

2019年04月30日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

今年度に入り、いくつかの企業を訪れた。どこも、それぞれの分野で先進企業だとされているところだ。もちろん実際の見聞と聞き取りの結果で判断しても各社ともそうであり、いかにTTPM(イテキニクッテネル)の実践者であるわたしだとて、「こりゃおいそれとはマネできないな」と感じたことだった。とはいえそれはそれとして、わたしがもっとも感じ入ったのは、その部分(いわゆる情報化施工)ではなく、そのなかの一社の組織内にただよう良質な「空気」だった。

ひと言であらわすと、ふんい気がよいのである。

結局のところ、もっともパクってマネたいと思ったのは、そこのところだった。

ハードは金さえ出せば揃えられる(実際にそんな思い切った投資ができるかどうかというのは別として)。それを使いこなすには困難がともなうにしても、それを切り拓いた人たちのような労苦はない。パイオニアが悪戦苦闘のうえに生み出した産物を模倣するのは、その数倍も易しい(だとしても、結局はマネできないのがよくあるパターンだったりするのはおいといて)。学ぶべきだと思い定めた対象のようにはなれなくとも、自らの「言語」への「翻訳」と自らの組織への「土着化」というプロセスを踏みさえすれば(それがまたとんでもなく困難だということもおいといて)、そしてあきらめさえしなければ、「ある程度」はなんとかなる。

しかし、その良質な「空気」は、マネようとしてもおいそれとマネができるものではない。

一千万円のレーザースキャナとか一千ウン百万円のICT建機とか、そこまで巨額ではないにしても、ウン十万円のアプリケーションだとか、そういう具体的なものがないからだ。

なにせ相手は「空気」である。

だからこそ模倣したい。

だからこそ見習いたい。

そのためにはどうしたらよいのか。

「まずはカタチから」だろう。

いやいやそれは「仏つくって魂入れず」だろう、皮相の模倣から本質へたどり着くことはできないよ、とお思いのソコのアナタは、まことにもって正しいのかもしれない。しかしわたしは、「仏つくって魂入れず」ならぬ「仏(像)をつくったら魂はあとからついてくる(かもしれない)」、という戦術を今にいたるまで一環して採用しつづけてきた。

凡才にはそれしか方策が見当たらなかったからだ。

そこからしか突破口を見つけることができなかったからだ。

「翻訳」と「土着化」のプロセスさえあれば、

「固有(のようなもの)」を身につけることができ得るのを体験的に知ったからだ。

さて、どうしてくれようか・・・


とはいえその行先は、今あらたに目指すものではなく、これまで指標としてきたものと同じかもしくはその延長線上にある。企業人としてのわたしの老い先は短いが(たぶん)、この取り組みの行く末は長い(たぶん)。

とりあえずは、ふたたびみたびよたびとテッテイテキニパクッテマネル。

もちろんその対象はくだんの一社だけではなく、訪問させていただいた数社すべての「わたしとわたしの環境」にマッチングするであろうネタをパクッテマネル。そして必要とあらば、それらをフュージョンさせる。

イッツ・ア・TTPMワールド2019、はじまりはじまり。

 

 


 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

コメント (2)