答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

巣立ち

2019年03月19日 | 北川村やまなみ太鼓

手紙をもらった。

わたしの言葉に助けられたのだという。わたしの言葉でがんばることができたのだという。わたしの言葉で救われたのだという。「弱虫だったぼく」を強くしてくれたのだという。

その言葉は、

「あきらめるな」。

手紙の主さんは、わたしが太鼓を教えてきた小学生だ。

コチラの伝えたいことがどうあろうと、発信者が放つたくさんの言葉のなかからどれを選択して自らの胸にしまい込むかは受け手にゆだねられている。発信者がなにを伝えたかろうと、いったん言葉として放たれた以上、それをどう受け取るかは受け手の自由だ。じじつ、別の子らは、「やさしさ」であり「失敗をおそれない」であり「身体の使い方」でありと、それぞれにさまざまなキーワードを選んでいた。各人各様人それぞれ。どれが正解でどれがまちがいかなどということはない。どれもこれもが、わたしが言葉や態度であらわしてきたものにはちがいないのだ。

その圧倒的な受信の自由のなかにおいて少年は、

「あきらめるな」

を選び、心にとめた。

もとよりわたしは、『メッセージのコンテンツが「ゼロ」でも、「これはメッセージだ」という受信者側の読み込みさえあれば、学びは起動する。』という内田樹さんの言説に諸手をあげて賛成する人であり、

「あきらめるな」

というメッセージを伝えた(らしい)オジさんが、受信の自由のなかでそれをチョイスして行動指針とし体現しようとした彼に、ちょっとしたキッカケを与えた存在にすぎないのは百も承知している。しかし、そんな吹けば飛ぶよなヘッポコ先生だからこそ、感激もひとしおだ。

 

「いやあ、なんべん読んでもたまらんわ」と独りごちながら、何回も何回も読み返しては杯を重ねる昨夜。

一杯いっぱい、また一杯。

この先、いくらでもつらいことやたいへんなことがやってくる。

けれど、何度でも立ち止まって何度でもやり直せばいい。

少年たちよ

これからも

「あきらめるな」

といってはまた呑むオヤジ。

呑みたいだけ?

うん、そうとも言う。

とまた一杯。

春まだ浅い弥生三月、巣立ちの季節だ。



 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー


コメント