答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

健気なやつたち ~ モネの庭から(その328)

2018年09月16日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

 

台風21号、その後の長雨、それらを原因とした日照不足、さらに酷暑からの急激な温度低下などなど。

色々様々な要因が重なって、この時季にこんなことは記憶にないほど睡蓮の開花数が少ない。

そんななかで咲く花たちがやけに健気で、なんだかとてもうれしくなってしまった辺境の土木屋。

孫たちと「水の庭」を歩く。

 

 

クリックすると拡大します。

 ↓↓

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント