答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

”kotobuki_kensetsu”

2018年04月21日 | ちょっと考えたこと

寿建設さんがインスタグラムを始めたというのを聞きつけ、さっそく覗いてみたのは2ヶ月ほど前のこと。

https://www.instagram.com/kotobuki_kensetsu/

 

 

 

特に、写真家山崎エリナさんに委託して撮影してもらった写真が素晴らしい。

なぜだかわたしは、「著名なプロなのだから素晴らしいのは当然だろう」とは思わない。

不遜を承知であえて書くと、ジェラシーを感じてしまうのだ。

あゝそれなのにそれなのに。

現実にわたしが撮る工事現場の写真は、足元にも及ばないどころか、月とスッポン雪と墨、彼我には天と地ほどの差がある。言わずもがな、あちらが天でこちらが地、あちらが月でこちらがスッポンである。

 

そうなると、「建設業者の情報発信」を10年にわたり書きつづけシャベリつづけて実践してきた者として、せめて一矢たりとも報いたい。

そう思ってから、はや2ヶ月以上が経過した。

彼我の差は開く一方である


さてもさても口惜しきかな。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント (2)