答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春はうつろう ~ モネの庭から(その313)

2018年03月29日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

開ききった花弁の透きとおるような桜色が、春の麗(うらら)を感じさせてくれる。

満開の桜は、ときを同じくして散る桜でもある。

ひらひらと風に舞い

はらはらと池に落ちるさくら花。

 

 

顔を出してきた睡蓮の葉に寄り添う。

 

 

太鼓橋ではフジのつぼみがふくらみ始めていた。

 

 

めぐる春に 

春はうつろう。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント