答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

マニュフェスト

2018年03月13日 | ちょっと考えたこと

ファイルの表題に「マニフェスト」という文字を見つけたわたし。

「細かいことゆうてスマンけど・・・」

と前置きして、

「マニフェストになっちゅうよ」

と事務員さんに指摘した。

それに対し向こうは、

「そう、マニフェスト」

となんだか少しも動じてない。


「いやいや、マフェストやし」

「そう、マフェストやし」

になっちゅうがぜ?」

「だから、でいいんです」

「マニュフェストじゃないの?」

「マフェスト!」


納得できない顔をしているわたしに、ホレと差し出されたのはご存知産業廃棄物管理票。

そこにはたしかに「マニフェスト」と書かれている。

「あらホンマや、知らんかった、どーもスイマセンでした」

と頭を下げて逃げるようにその場から去ったわたしだが、どうにも納得できない。

で、調べてみた。

結果は、どこをどう調べても皆さんご承知のとおり。


◯ マニフェスト

× マニュフェスト


だが・・・・

 

× マニアル

◯ マニュアル


だろう?

それに、


× コミニティ

◯ コミュニティ


だし、


× コミニケーション

◯ コミュニケーション


だし、

ついでにいうと、


× エマニエル夫人

◯ エマニュエル夫人


だ。

なのに、

 

◯ マニフェスト

× マニュフェスト

 

ややこしいなあも~。

と、おのれの無知を棚に上げて、憤懣やるかたないオジさんなのである。


 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント