答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春よ来い ~ モネの庭から(その307)

2018年02月08日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

丘の斜面に植えられたチューリップが春を待っている。

 

 

(「北川村モネの庭マルモッタン」ホームページより)

今春はチューリップにスポットを当てた新たなイベント

《チューリップ,チューリップ》を開催いたします。

◆期 間 3月1日(木)~4月15日(日)
※3月31日(土)・4月1日(日)の二日間は
〈モネのチューリップ祭>を開催♪

≪5万本のチューリップ(期間中)が、
丘の上から、花の庭から、モネの庭にやってくる!≫

水の庭メタセコイア丘では早咲きのチューリップ、
水の庭の散策路では原種の小さなチューリップが彩ります。
そして春爛漫となる3月後半からは色とりどりのチューリップが花の庭を彩ります♪

期間合わせて園全体で5万本のチューリップが開花する予定です。

前期(水の庭)のチューリップと後期(花の庭)のチューリップを楽しむ為の、お得な特典の付いたチューリップパスポートなども登場いたします。

また2日間のチューリップ祭の日には、音楽や屋台の出店、抽選会やスタンプラリーなど様々な催しがあります♪

 

そうか、「水の庭メタセコイア丘」というのかあそこは・・・

と、いつからそんな名がついたのか、はたまたそのネーミングの是非について訝しがるわたしの思惑なぞはどうでもいいとして、モネの庭の春はやはりチューリップ。そのチューリップをメインとしたイベントが開催されることが悪かろうはずもない。かてて加えてその期間中は、Instagramのフォトコンテストを開くのだという。

おりしも携帯電話を iPhone X というやつにチェンジしたばかりのわたしは、「いっちょやったろかい」と、

「詳しくは、特設サイトhttps://gardenofmonet.wixsite.com/tulip をご覧ください。」いう案内に促されるまま説明を読んでみるとこう書いてあった。


モネの庭の公式アカウント「garden_of_monet」をフォローの上、ハッシュタグ「#モネのフォトコン1」を付けてテーマに沿った写真をご投稿いただくと、受賞者の方にAmazonのギフトコードをプレゼントいたします。


見るなり、

「オジさんはそのハッシュタグというやつがよくわからないのだよ」

と独りごちてアタマを掻く。

どっちにしても、

春よ来い、早く来い、

なのだ。




 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

     

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント