答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

好きこそものの・・・

2017年07月20日 | 土木の仕事

施工の神様』というWebサイトに、わたしへのインタビュー記事が掲載された。

内容は本編を読んでいただくとして、

  ↓↓

土木は知性と感性。経験と学ぶ姿勢で「土木勘」を会得しろ!

 

今日、ここで取り上げたいのは、記者さんが書いた締めくくり。

 

宮内さんは「答えは現場にあり!技術屋日記」というほぼ毎日更新のブロクを書いています。宮内さんのお話に興味を持たれた方は、こちらもチェックしてみてはいかがですか?有限会社礒部組は、任意団体の「三方良しの公共事業推進研究会」のメンバーであり、こちらの方でも宮内さんは講演などを行っているようです。

インタビューで語っていた「他者との関係性」。これは土木の仕事という文脈で語られた言葉ですが、土木に限らず、宮内さんの生き方に関係のある言葉ではないだろうか、という気がしています。

 

「ん?」

 

宮内さんは、話すことも書くこともお好きなようです。

 

「どうしてわかったんだ?」

と首をひねるわたし。

すぐさま頭(かぶり)を振って、

「誰でもわかるか」

と苦笑いひとつ。

「キライじゃできんわな」

と独りごちる。

 

その質問上手に乗せられて、思いつくまま気の向くまま、赤裸々にしゃべり倒したわたしの話を上手くまとめてくれた記者さんに感謝。

「グッジョブ!」

とサムズアップをして、ついでに再度紹介をしておく。

 ↓↓

土木は知性と感性。経験と学ぶ姿勢で「土木勘」を会得しろ!

 

御用とお急ぎでない方も、御用もお急ぎもある方も、

ぜひ、ご笑覧あれ。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント