答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

『カレー作りのPERT図から学んでみよう!!』から学んでみる

2017年03月30日 | CCPM

おもしろい記事を見つけた。

→『カレー作りのPERT図から学んでみよう!!(改2)

「ネットワーク PERT」で検索中のことである。

 

タスクを細分化しなければならない最大の理由は、「つながり」を明らかにするためだ。

「つながり」、CCPM的に言うといわゆる因果関係だが、わたしはあの「因果関係」という言葉が、「いかにも」という感じがしすぎてきらいだ。だから私的CCPMでは「つながり」で統一している。その「つながり」(因果関係)を重視しない、または無視してしまうCCPMは、もはやCCPMとは呼べないとさえわたしは思っている。なぜならば、クリティカル(重要)なチェーン(鎖)を優先してプロジェクトをマネジメントするからこそのCCPMだからである。

「つながり」を明らかにするためには、可能なかぎりタスクを細分化しなければならない。

その例えとして、わたしは長いあいだ『TOC/CCPM標準ハンドブック』(西原隆・栗山潤著、秀和システム)にある資料を基に論を展開したきた。


TOC/CCPM標準ハンドブック―クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント入門
西原 隆,栗山 潤
秀和システム

このアイテムの詳細を見る

 

こんなふうにだ。

 

野菜を煮る、と想像してほしい。

仮に、「1.湯を沸かす」5分、「2.具材を切る」8分、「3.煮る」12分、とした場合、こうなる。

 

参考資料『TOC/CCPM標準ハンドブック』(西原隆・栗山潤著、秀和システム) 

 

この場合のクリティカルチェーンは2→3のつながりで、所要時間は20分である。

これはこれで、ごくごく理解しやすいようにわざとシンプルにしているのだろうが、具材が1種類ではないとしたらどうだろう。

玉ねぎと人参とネギが具材だとしよう。

「玉ねぎを切る3分」、「人参を切る4分」、「ネギを切る1分」がそれぞれのタスクにかかる時間だ。さらに、「玉ねぎを煮る8分」「人参を煮る11分」「ネギを煮る1分」というふうに細分化すると、クリティカルチェーンは「具材を切る8分」→「煮る12分」という単純なものではないことが判明する。

そこで再度工程を組み直してみると、

 

 

まっ先に始めなければならないのは、じつは「湯を沸かす」作業だということがわかる。それにつづくのは「人参を切る」→「人参を煮る」というチェーンだ。そして、その他の切る作業は順次終わらしていけば、4分の時間短縮になる。

と、こういうふうに大雑把なタスクでは判らない「つながり」が、タスクを細分化することによって整理される。そしてそれは(ここからが肝心だ)「見える化」の効果により、工程を組んだ人の頭のなかだけに留まらず、この工程表を見る人すべてに周知される。

ジス・イズ・ザ・CCPMである。

断っておくが、あくまでこれは初級編だ。あくまでも理解しやすいようにつくった例なので、ツッコミどころも満載だ。

もうちょっとレベルが高くなると、上の工程における「湯を沸かす」「煮る」といったタスクを、そのままタスクとしてあつかってしまうことがどうなのか、とかいう問題も出てくる(つまり実作業がさほどともなってない)。そうなってくると、違った意味で奥深くかつ楽しくなってくるのだが、ここではふれない。

で、くだんの『カレー作りの・・・』という記事だ。

そこで披瀝されているのは、「我が家のカレー作りをPERTで分析した例」である。まず、管理人のめたのさえたさんは「カレー作りの作業と所要時間の洗い出し」をしている。

 1.お米を研ぐ・・・・(3分)
 2.野菜を切る・・・・(10分)
 3.米を炊く・・・・(45分)
 4.野菜を炒める・・・・(5分)
 5.肉を焼く・・・・(3分)
 6.具を煮る・・・・(10分)
 7.カレー粉を入れて煮る・・・・(5分)
 8.ご飯をつぐ・・・・(2分)
 9.ルーを入れる・・・・(3分)

そこから、「並行しておこなうことのできる作業・関連のある作業の整理」を行い、「PERTによる分析」のあと、「わかること」「仕事でどんな風に役立つか?」と展開している。

どんなふうに役立つとめたのさえたさんは言っているだろうか。紹介する。

・複数の作業(工程)が存在する仕事をする前に、所要時間が推測できる。
・どの工程が全体の所要時間を支配しているのかわかる。これにより工程ごとに優先順位が付けられる
・クリティカルパス以外は、あえてゆっくり作業したほうがいい場合もある。

いかがだろうか。興味のあるかたはぜひサイトをのぞいてみてほしい。

→『カレー作りのPERT図から学んでみよう!!(改2)

わたしは、大いなるヒントをいただいた。

「そうか!カレーだ!!」

てなもんである。

「野菜を煮る」よりも「カレーをつくる」ほうが断然おもしろい。より具体的だし、わかりやすい。なんとなればわたしは、「ジャガイモがごろごろ入ったカレー」で三方良しの公共事業を論ずる人である。

→『ジャガイモがごろごろ入ったカレーと「三方良しの公共事業」

「カレー作りのPERT図から学ぶ」という展開が好ましくないわけはない。

ということで、さっそくアレンジしてみたいと思っている。賢明な方はすでにおわかりだろう。ポイントは「野菜を切る」「野菜を炒める」「具を煮る」だ。それほど難しくはない。わたしの流儀をそのまま当てはめて解説すればいいだけのことだ。

カレーをつくって33年。

新たなレシピにめぐりあい、少しばかり興奮気味のわたしなのである。

 

 

めたのさえたさん、どうもありがとう。




  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント