答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

あいさつは、つながろうという気持ちの発信です。

2017年02月28日 | ちょっと考えたこと

ふと思い立ち、こんなのをつくってみた。

 

 

 

【あいさつ】

あいさつは人と人とをつなぎます

あいさつはつながるための初めの一歩です

あいさつはつながろうという気持ちの発信です

 

勘違いしないでほしい。和太鼓教室の子どもたちに対して考えたものではない。大のオトナに向けたものである。

このなかで、わたしがもっとも強調したいのは最後の一行だ。

簡単なようでいて、あえて意識しなければ出てこない言葉もある。

であれば、意識をしてみましょう、意識して言葉にしてみましょう、ということだ。

なんとなれば、当のわたし自身がそうだったから、いや現在進行形の、そうだから。


大のオトナにこんなものを・・・と思わないでもない。

だから、リリースしようかどうしようか、軽く悩んでいる。

さて・・・


(と言いつつここで発表 ^^;)

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント