答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「濠を浚渫しています。」から「○○をしています」という工事看板について考える

2017年02月26日 | 土木の仕事

 

地域を守る建設産業というフェイスブックページで教えてもらった、”grape-『心』に響く動画メディア”というサイトに載っていた工事看板の画像。ツイッターに投稿され、ちょっとばかり話題になっているらしい。

話題になっているのは「濠を浚渫しています」という言葉。「皆さんは読めますか?」という問いかけから始まっている。


正解は「ほりをしゅんせつしています」。


わたしはなんなく読める。読者の皆さんはどうだっただろうか。文中、「土木関係の仕事をしている人にとっては読めて当たり前」という解説がある。たしかに「濠」という構造物は土木そのものといって差しつかえないが、「濠」という漢字は読めて当たり前の部類には入らないだろう。土木工事の工種としてはポピュラーな「浚渫」も、同業といえどその手の仕事に関わりがない人たちにとっては難解なのではないだろうか。

同業のよしみ、「いくらなんでもそこまで晒すのはネ」と思い、わたしは画像から削ったが、元ネタには下の端に発注者と工事名がはっきりと写りこんでいる。一見してわかるとおり、舞台は北国。城下町たる市が発注したその名前には「濠浚渫工事」という文字が見える。

「ああネ」と得心するわたし。

よくやるのである。

陥りがちなのだ。

意識が工事名に拘泥してしまい、そこから抜けだせない。つまりこの場合は「濠」と「浚渫」である。ちょっとがんばれば何ということはないのだが、ついつい安易なところで手を打ってしまう。ではどうすればいいのか。

よく採用される方法として、

1.漢字はそのままでルビを振る。

2.平仮名にする。

3.言い換えをする。

1と2もまたてっとり早いが、本質的な解決にはならない。つまり「伝える」という目的のもとでは、「どうもイマイチだネ」ということだ。だからわたしは、極力3の線でいこうと努めている。この場合でいうと、「浚渫する」は「土砂を取り除く」に言い換えることで工事の概念がストレートに伝わる。では「濠」をどうするか。これはルビを振ることで一目瞭然。

「濠(ほり)の土砂を取り除いています」

意味は伝わるが、ルビだと平仮名が小さく目につきにくい。広報紙ならそれでもいいが、看板にはできるだけ大きな文字を使いたい。

平仮名を採用してみる。

「ほりの土砂を取り除いています」

これだと、習ってない漢字が平仮名になっている小学校低学年の国語教科書のようで(ちなみにわたしはアレがキライ)、なんだかバカにされているような気がしないでもない。

同じ意味の違う漢字に変えてみる。

「堀の土砂を取り除いています」

なぜ取り除かなければならないのだろうか、という方向から、もうひとひねりしてみる。

「堀にたまった土砂を取り除いています」

城は多くの人から「おしろ」と呼ばれる。濠もまた、「おほり」と呼ぶのが一般的だろう。ということで、わたしならこうする。

「お堀にたまった土砂を取り除いています」

浚渫を「さらえる」と言い換えるのもアリかもしれない。

とかナントカえらそうなことを書いたが、あくまで他人さまがつくったものに結果論でイチャモンをつけたに過ぎない。そういうわたしとて、いつもいつでも同様のことをやらかす可能性を持っているし、実際に思いあたるフシがいくつもある。

この場合、最悪なのは「濠浚渫工事をしています」という書き方だろう。がっかりである。しかしわたしは笑えない。たしかにがっかりではあるが、そんな「がっかりさん」になったことがないかと問われれば、「ない」と断言できる自信がないからだ。「わたしとわたしの環境」からその類が発信されてないかといえば、「ない」と即答できる自信がないからだ。

「◯◯をつくっています」あるいは「◯◯をしています」。

日本全国にあふれている、あの工事看板をあだやおろそかに考えてはならない。ささやかではあるけれど、あれもまた重要な情報発信なのだ。「情報を発信する」ということは「伝える」ということである。伝わらない情報は、情報を発信していないと同義である。誤解を恐れず言う。「伝える」ためには「相手はバカかもしれない」ぐらいの心持ちでいることが必要だ。伝わらないのは「相手がバカ」だからではなく、バカにも伝わる伝え方ができない自分が悪かったのかも、という省み方をすることが肝要だ。

「じゃあ全部平仮名にしてしまえばいいじゃないか」というそこのアナタ、ことはそれほど簡単ではない。

世の中すべからく、落としどころというものがある。そこが難しいところである。

悩んだあげく、面倒くさくなる。

そしてついつい安易なほうへ・・・


気をつけようっと ^^;



以上、自戒を込めて書いたこの稿は、フェイスブックでのわたしの投稿に対して返ってきたコメントを参考にして出来あがっている。つまり、複数の人の考えをまとめたものだ。もちろん文責はわたしだけにあるが、そのこと、感謝の意味で記しておく。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


 

 

コメント