答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

北川村観光びらき2017は3月5日開催

2017年02月22日 | 北川村やまなみ太鼓

 

「北川村観光びらき2017」は3月5日開催。

出演アーティストの紹介をする北川村観光協会のブログには、よさこいダンシングチーム「花山海」、高知学芸高等学校吹奏楽部、アコーディオンの坂野志麻、ピアノ・シンガーソングライター樹奈・・・

って、おい、北川村やまなみ太鼓が載ってないではないか。

ということで、担当者から別件で電話がかかってきたのをこれ幸いにクレームを入れる。

 

「ワシらただの景気づけちゃうど(まあそういう側面は認めるけど)」

「アーティストと思うてないんかい(たしかにアーティストではないけど)」

「そういやいっつもワシらだけ抜かしとるやんけ」


いやはやまったく、タチが悪いオジさんだ。

で、その翌日。こんな書き出しから始まる文章がブログに載った。


北川村の男村民さんはみんな、優しいです。
ぶっきらぼうだったりしますが、結局、優しいです。
怒られたりもしますが、最後は、優しいです。

でも、一人だけ、何年経っても緊張する、怖い存在の男村民さんがいます(-_-;)

 ↓↓

きたがわさんぽ+Plus


そのあとにつづく画像は、なにが気に入らないのやら仏頂面で太鼓を叩くボウズ頭のオジさん。しかもあろうことかピンクのTシャツを着用してである。


やられた!


と苦笑いするわたし。

落とし前はWebでつける。ブログという土俵を持っているものとしては、当然の行為だ。

ところが・・・

読み進めると、どうも様子がちがう。

「怖いけれど・・・」というトーンなのである。

おまけに、最後は満面笑顔で鉢巻をまいたオジさんのドアップで締めくくるという、終わってみれば親愛の情に満ちあふれた記事。


やられた!


ふたたび苦笑いするしかないわたしなのだった。


 ↓↓

きたがわさんぽ+Plus

「北川村観光びらき2017」は3月5日開催。




  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


 

コメント