答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

サンダーバード

2017年02月21日 | ちょっと考えたこと

さて、帰るとするか。

帰路につこうとしたわたしを金沢駅で待ち構えていた貼り紙ひとつ。

「列車の運転取り止めについて」。

 

 

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 

湖西線での強風のため、次の特急列車については

全区間運転を取り止めます。

お客様にはご迷惑をおかけしますが

ご理解をお願いいたします。

【12月21日(火)】

〈金沢~大阪間〉

(上り)サンダーバード16号(9時53分発)

    サンダーバード22号(11時55分発)

 

(゚◇゚)ガーン


な、なんということだ。わ、わたしが乗る予定のサンダーバードが・・・運転取り止め。

きのう、講演会場に着いたわたしにスタッフがかけてくれた言葉を思い出す。

 

「心配してたんですよ」

「?」

「この時季、鉄道はよく止まるんですよ、強風で」

 

そうだったのだ、とひとまず胸をなでおろすわたしが、ごめんなはり線~土讃線~山陽新幹線~湖西線~北陸線という最長経路をあえて選んだのは、ひとえにサンダーバードという名の特急に乗りたいがため。羽田経由小松空港という航空便や羽田空港経由北陸新幹線という複合技も選択肢としてあるにもかかわらず、サンダーバードを選んだのは、その名がインプットされた瞬間にあのテーマが頭のなかで響いたのが原因だった。

 

『サンダーバードのテーマ』 日本語フルバージョン THUNDERBIRDS


もちろん、このサンダーバードはあのサンダーバードとは関係なく、「雷鳥」という旧名を変更したサンダーバードなのだが、それにしても、郷愁とともに想い出がよみがえる名前ではある。だからサンダーバードを選んだのに・・・。

ん?待てよ。

と我に返るわたし。よくよく考えると、その前の便がある。そして前の便は運転取り止めのリストに含まれていない。なぜ?という疑問はおいといて、おそるおそる駅員さんに確かめてみる。


「ここに書いている便だけが運休なんですよね」

「そうです。今のところ、ここに書いてある2便だけです。」

「じゃあ、この2本のあいだの列車は動くんですよね」

「はい、今のところそのような予定です」

 

よし帰れる。

そそくさと土産と弁当を買い込み、ダッシュでホームへ。



11時24分のサンダーバードに乗り込み、ほっとしたのもつかの間。

強風のため湖西線は通らず、米原経由の琵琶湖線を迂回するので京都到着が遅れるというアナウンスが流れた。

まわり道か・・・・しゃあない、とあきらめるわたしの脳内に、またあのテーマ曲が鳴り響く。

 

『サンダーバードのテーマ』 日本語フルバージョン THUNDERBIRDS


まわり道は今に始まったことじゃない。

思えばあのころからずっとそうだった。

まわり道だよオイラの人生。

また楽しからずや。


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント