答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

このレールのずっと向こう

2017年02月20日 | ちょっと考えたこと

 

6時31分発の二番列車を待つ。

終着駅は始発駅、の奈半利駅で。

「このレールのずっと向こう、どこまで行けるのかな」と、あてもなく北を目指した若いころがあったなと思い起こすが、もう、あてのない旅などできるはずもない。

目的地は金沢。講演者はわたしだけ。90分一本勝負、いわゆるワンマッチ興行である。

途中、『初対面でもはずむおもしろい伝え方の公式』(石田章洋)を読み、「おもしろい伝え方」について学ぶ。

 

 

いやいや笑いごとではない。

本人、まじめもマジメ、大真面目である。

「いったいオマエはどこへ行こうとしているのか」

別のわたしはそう嗤うのであるが・・・

 

初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式
石田章洋
日本能率協会マネジメントセンター

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント