答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ありがとうございました。 ~ 北川村のお弓祭り(その47)

2017年01月09日 | 北川村のお弓祭り

 

 

 

いっこうに降りやむ気配がない雨を恨みつつ、ほんのこの前、嘆息しながら読んだ新聞記事を思い出す。

 

1月3日高知新聞より

都道府県が無形民俗文化財に指定した祭りや踊りなどの伝統行事のうち、継続的な実施が難しくなり休廃止されたものが20県で計60件あることが、3日、共同通信の調査で分かった。

(略)

休廃止事例が多い県への聞き取りでは、背景として過疎や少子化、若者の都市部への流出などによる担い手減少を挙げる声が目立った。

 

他人ごとではない。明日はわが身だ。

だが、少なくともわたしはこう思うことにしている。

一昨年の今日、前回のお弓祭りを締めくくって書いた稿を引いて、今回の『北川村のお弓祭り』レポの締めとしたい。

 

私たちは伝統をキープする者として存在しているわけではなく、次の世代に向けてのパッサーとして生きている。

祭りの存続に対する危機的状況は、回を追うごとにその深刻度が増してきている。だが、延喜の御代より連綿とつづいてきた「伝統のレシーブandパス」のサイクルの構成員として自らが存在していると考えれば、なんだかまたヤル気も湧いてくる。

 

平成29年1月8日、平成の御代を生きるわたしたち誰もが記憶にない、降りしきる雨のなかのお弓祭りが終了。

みんなよくやった。

関係者全員に感謝したい。

ありがとうございました。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント