答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

孫と娘とときどきじじい ~ モネの庭から(その259)

2016年03月27日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

土曜日曜と連休。

差し迫った仕事もなくナイスなタイミングの休みである。

延ばし延ばしにしていた柚子の剪定をするべく予定をしていたところへ、「モネの庭へ行きませんか?」という娘からの誘い。

となれば、もちろんもれなく孫がついてくるに決っている。

いうまでもなく二つ返事で引き受けた。

いつもは庭をながめ写真を撮ってはまた庭をながめ、の繰り返しなのだが、帰って写真を見てみるとどうしたことだろう。

純然たる庭の写真は一枚もない。

いやいやまったく、爺馬鹿というやつはどうしようもないもんだネ、と頭を掻く。

孫と娘とときどきじじい、モネの庭をゆく。

春なのだ。

 

コメント