答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

どの花みても ~ モネの庭から(その258)

2016年03月22日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

見かけに似合わず清楚な白い花が好きなわたし。ユキヤナギ・・・スノーポール・・・などと名前を思い浮かべてみるが、どうにも確信がもてない。

以前ならそこで間違いなくヒゲさんに電話をして、花の名前を確認したうえでブログにアップしたのだが、いつごろからか、どうしても必要でないかぎりは止めにした。なぜか。いっこうに花の名前が覚えられないからである。たぶん「覚える気がない」から「覚えられない」のだろう。いや、本人的には「覚える気がない」ことはない。だが客観的事実としては明らかに「覚えられない」のだから、本人がどう思おうと(さほど)「覚える気がない」と言われても致しかたがないところだ。そんなヤツにたびたび尋ねられた日には、訊かれるほうが迷惑だ。

とかナントカ考えていると、恐ろしい考えが頭をもたげてきた。

「わたしが口を酸っぱくして説いても理解しようとしてくれない」もしくは「いく度となく注意してもわかってくれない」あるいは「何べん同じことを言っても覚えてくれない」。ひょっとしたらあの現象は・・・・、

「イカンイカン、詮ないことを考えるのはやめとこう、それをいっちゃあオシマイだ」

ブルルッと首を振り、花と景色に集中することにした。

そうだ、「花の庭」へゆこう。春は花の庭である。

 

 

 

 

 

 

 

「チューリップ、ああチューリップ、チューリップ、どの花みてもきれいだな」、なんて愚にもつかない歌が口をついて出てくる。オジさん、超いい機嫌である。

モネの庭のチューリップは概して(他所と比べ)少し遅い。いったいこれで何割ほどが咲いているのか。いずれにしても今が盛りでないことはたしかだ。

来週には桜(ソメイヨシノ)が咲く。

「どの花みてもきれいだな」な季節、始まり始まり、なのである。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント