答えは現場にあり!技術屋日記

還暦過ぎの土木技術者のオジさんが、悪戦苦闘七転八倒で生きる日々の泣き笑いをつづるブログ。

「ゆるすぎ〜る」CIM

2020年01月23日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

きのうも書いたように、

設計変更で躯体のすべてが仕上がらなくなった旨を、地域の人たちや関係各所に伝えるための「工事だより」に、上のような3Dイメージをつくって載せるための画像だ。

そしてこれもきのう紹介したように、スケッチアップでつくっている。

ではこのあと、この構造物はどうなるのか?

その結果を、同じ「工事だより」上に載せなければならないのは当然のこと。

では、どのようなモデルにすればよいのか?

現在と未来(この場合は、ひと月先の未来とそれから3ヶ月ほど経過した未来)とを比較する場合、同じ土俵の上で異なる結果を表現するのがセオリーだろう。そのほうが読み手に理解しやすい。

しかし・・・

ここは少しひねってみることにした。

 

 

トレンドコアでつくった3Dモデルに、道路工事を担当したことがある技術屋にはおなじみの、「赤が実績」「青は計画」という色分けをしてみた。

そしてそれを、3DPDFでエクスポートし、加工をほどこしたものが上の画像だ。

つまり、

 

これが

次の工事では

こうなりますよ。

という比較である。

エラそうに開陳するほどのものではないし、CIMと呼ぶに値するほどの大層なものでもない(だから「ゆる〜いCIM」なのですが ^_-)

今日、言いたかったことはただひとつ。

ひとつのアプリケーションやひとつのツールに執着することなかれ。

また、ひとつのソフトウェアベンダーに依存するなかれ。

自分のアタマで考えて、自分の身体で実践してみると、おもしろいことができたりする。

 

以上、「ゆる〜いCIM」どころか、「ゆるすぎ〜るCIM」。

ごくごく些細なことから、あらためてそう思わされたので、備忘録(のようなもの)として。

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

コメント

スケッチアップ

2020年01月22日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

久々のCIMネタ投稿だ。

しかも、ここでは珍しいことこのうえない、固有のアプリケーションに関する話である。

 

 

 

現在進行形の橋台工事。

設計変更で躯体のすべてが仕上がらなくなった旨を、地域の人たちや関係各所に伝えるための「工事だより」に、上のような3Dイメージをつくって載せた。

使用ソフトはスケッチアップだ。

わが社の3Dモデル制作は、トレンドコアとスケッチアップの両刀づかいなのだが、基本的にはトレンドコアでつくることの方が多い。やはり、「土木」に特化しているという部分での使い易さがあるからだろう。

しかし、こうやってあらためて見てみると、「伝える」あるいは「見せる」ためのツールとして、やはりスケッチアップは捨て難い。というか、わたしは、スケッチアップのほうが好きだ。

そういえば数年前、わざわざ瀬戸内海を渡ってわたしに会いに来てくれた御仁がいた。わたしがやってきたことやっていることを聞き、自社がステップアップするためのヒントを得ようとしてきたようだった。多岐にわたった話題がCIM関連に入ったとき、「どのようなアプリケーションを使えばよいか」という質問に「スケッチアップを愛用している」と答えたわたしに対し、彼は、「お絵描きソフトでしょアレは」と言い放った。「ずいぶん失礼なやつだな」と思うとともに「かわいそうな人だな」とも感じたのを覚えている。推測するに、いっしょに来ていた数人の部下にイイカッコをしたかったのだろう。当然のことだが、それきり彼と袖触れ合うことはない。

 

 

この画像をつくっていて、そんなことを思い出してしまった。

「お絵描きソフト」

たしかに、そうでもある。

しかし、もちろんそれだけではない。

スケッチアップ、

なにより、「オヤジのゆる~いCIM」にとってなくてはならないアプリケーションだもの、

わたしは好きだ。

スケッチアップ、

なめたらいかんぜよ (^^)

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

コメント (4)

紙とえんぴつ

2019年11月25日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

お気づきの方もおられるだろうが、日曜日のブログ更新をやめてから2ヶ月ほどになる。

これまでは、「今日は書けない」あるいは「書くネタがない」日には更新しないできた。不定期である。

もともとが行きあたりばったりで生きている身だもの、それでどおってことはなくやってきたのだが、ある日突然決めたのだ。

日曜は休みだと。

とはいえなんのことはない。諸事重なりバタバタして、更新できない日曜日が何日かつづいていることに気づいたのがキッカケとなっただけのことだ。

また、元のように不定期の休みに戻る可能性はじゅうぶんある。

あくまで今のところ、というただし書きつきの日曜休日だ。

ということで休み明け、週はじめの朝だ。ライトなネタでいこう。

 

 

残土処理場予定地をレーザースキャナで測量し、点群データにした。

もちろん、わたしが、ではない。測ったのもつくったのも22歳の若者だ。いわゆる技術者では(まだ)ない。土木のドの字も知らずに作業員として入社4年目。たとえば「測量は技術者がするもの」とか「位置出しは技術者がやらなければならない」とかいった既成概念を打ち破って、あたらしい働き方を模索しようとする試みの最先端に適役だと指名したこちらの思惑と彼の特性がばっちり合致して、すくすくと育ちつつある過程の有望株だ。

そんな彼が、ひとりで測量し、ひとりでデータをつくって、「こんなんできましたけど」とわたしを呼んだ。

「このあとどうしますか?」

ひとしきりグルグルと画面に映し出された残土処理場予定地の3Dを回し、全体のイメージをアタマに入れたわたしは、そのあとに行う作業のイメージをどうやって彼に伝えようかと、ほんの少し考えたあと、おもむろにデスクにあったA4サイズの紙を取り上げた。

「これに描いてえいか?」

で、言葉で説明をしながらできあがったのがコレである。

 

 

点群データを使って測量結果を報告し、「このあとどうしましょ」と問う22歳の若者に設計データをつくってもらうべく、62歳のオジさんが使ったのは・・・・

な、ナント・・

紙とえんぴつ。

 

それでよし。

これでイイのだ。

これもまた、いや、ある意味これこそが、わたしが標榜するところの「ゆる~いCIM」なのかもしれないのだもの。

ということで、

今週もよろしくお願いします。

では。



 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー 

 

  

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報


コメント

イソップとサンテグジュペリ

2019年11月02日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

高校生を相手に、「技術指導」と名づけられた授業に使うスライドが、なぜかイソップ寓話のなかのひとつ、『犬とニワトリとキツネ』。じつはこれが、「未来をイメージできない、あるいは、イメージしている未来がちがう」ことから生じるさまざまな問題を説明するのにもっとも適した物語で、わたしのCIM話には欠かせないコンテンツなのだ。

そして、3時間半におよんだ授業の締めくくりは、

 

 

サンテグジュペリ。

・・・・・・

正解などわからない。

必要なのは前進する力を常に想像しつづけること。

正解など、そのあとで見つかる。

・・・・・・

「技術指導」の締めくくりが精神論とは、まったくもって困ったオヤジだ、、、と思う向きもあろうが、いやいやさにあらず。

 

「君たちに贈ります」

という言葉に真摯に反応して聴いてくれた生徒たちが目の前にいた。


ありがとう。

また来ます。


もちろん、「需要があれば」という括弧つきではあるものの、そう独りごちながら丘の上の校舎をあとにする辺境の土木屋61歳と10ヶ月なのだった。



 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー 

 

 

 

  

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報


コメント

『スケッチアップ技術指導』という講義をしたこと

2019年10月18日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

安芸桜丘高等学校環境建設課土木専攻の3年生を相手に、3時間半の授業が終了。はじめて民間講師とやらを務めさせてもらったのが2009年だから、丸10年になる。

記念の今年はこれまでとチト趣向を変えて、「3Dモデルをつくろう使おう」と題し、SkechUpの初歩から中級のさわりまでを駆け足で教えてみることにした。今日は計2回つごう7時間の、その半分だったというわけだ。

じつは3Dネタは数年前に一度やっている。

しかしそのときは、わたしが概論を話して道筋をつけ、実際のテクをレクチャーするのは別の人にお願いするというパターンを採用した。有り体に白状すると、実際のオペレーションを教えることに自信がなかったからだ。

ではなぜ今回は請けたのか。

わたしひとりで全部をやってみようと思ったのか。

そこそこ「実際につくる」という経験を積んで、「できるだろう」と踏んだという側面もある。

しかし、テクニックの説明だけならわたしよりも適任者がいる。それをさておいて「よしやろう」と決めたのは、ジジイにはジジイの教え方というものがあるという、少なくない自信がふつふつとわいてきたからだ。そして何より「やってみたかった」、すなわち「アウトプットしてみたかった」。

結果、初日はまずまずだった。

受講者である生徒さんや担当教員さんの感想を聞いてもいないうちに、「まずまずだった」というのは、少々不遜だと思わないでもないが、とりあえずは「まずまずだった」(はずだ)ということにしておこう。

歳歳年年人同じからず。

依頼する側のニーズもまた変化する。

そのなかで、「変わらずに伝えなければならないこと」を忘れずに伝えつづけることもたいせつだが、これまでと毛色を変えるのもまた必要だ。


ん?

毛色?

毛?

色?

毛がないアタマにゃ色もないやろが?


ひとりでボケて独りでツッコむ。

アウトプットの重要性を、あらためて痛感させられた日だった。


 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー 

 

  

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

コメント

お絵描き

2019年08月10日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

お絵描きに夢中になっていたため

ブログのネタがない。

こういう類の仕事に没頭するというのは、

「ブログを書く」などという行為ともっとも親和性が低いのだろうか、

アタマがブログ脳に切り替わらない。

今日は休もうかとも思ったが、

こんなところでお茶をにごすことに・・・

いやいやこれもりっぱな近況報告だ。

なんとなれば、

未だに「ICT施工」はやらないけれど、

「ゆる〜いCIM」の旗をおろしたわけではない。

というか、あいも変わらず(世の中の進歩のスピードに比すれば)亀の歩みかもしれないが、着々と進行中。

そういう意味では、これもりっぱな近況報告ネタにはちがいない。

 

ということで、本日のブログ、いっちょうあがり。

では、またあした。



↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報


コメント

[あたらしい仕事のやり方/あたらしい技術]

2019年07月29日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

北国の、とある建築工事現場の打ち合わせ模様。

複雑な形状の分譲マンションをつくるにあたって、担当作業所長はわかりやすい3Dモデルを会議室のスクリーンに映し出し、「さあやるべ」と勢いこんでのぞんだが、参加したデベロッパー、設計事務所、電気工事屋、設備工事屋などなどの各担当者は、従来の二次元図を見ながら、ああでもないこうでもないとディスカッションをしていたのだという。

思わず吹き出しかけたそこのアナタ、気持ちはじゅうじゅうわかるのだが、わたしはそうではない。

笑えないのだ。

なんとなれば、わたしの周囲には、そんな話は掃いて捨てるほどあるからだ。

それが現実だ。

先日、身内の現場の工事打ち合わせ模様。

担当者の説明に合わせて、道路工事の3D完成イメージをぐるぐる回しながら見せるわたしの脇で、その3Dイメージをいくとおりかの面でスクリーンショットし、事前に印刷しておいたものを配る人、そして、机の上に置かれたその紙に見入る人たち。

これまた先日、各発注機関も入ったある意見交換会でのひとコマ。

CIMやICTを取り入れた、いわゆる先端技術を、パワーポイントで説明するそのスライドを、事前にプリントアウトして参加者全員に配っていたものだから、大半の人たちは机上に視線を落とし、紙の資料をぺらぺらとめくりながらプレゼンテーションを聴いている。

 

どれもこれもが、日常茶飯事よくある風景。

「あたらしい技術」を取り入れているのに「仕事のやり方」を変えようとしないため、効果は半減、どころか、ほとんど効果を生み出せない場合さえある。

 

 

「あたらしい技術」という分母をいくら大きくしたところで、「あたらしい仕事のやり方」という分子が小さいままでは、逆効果にさえなりかねない。

「あたらしい技術」を取り入れるという行為は、「仕事のやり方」を変えよう、あるいは「あたらしい仕事のやり方」を見つけよう、という意思とそれに基づいた試行錯誤のなかからしか、有意義なものとなり得ることができない。


 

自分独りでどうこうできるものではないのがもどかしく、そしてたまらないぐらいの困難を伴うのだけれど、とはいえわたしはあきらめない。

ぜったいにあきらめない。

なんとなればだ。

竹原ピストルさんも歌っているではないか。


♪ 積み上げてきたもので勝負しても勝てねえよ

  積み上げてきたものと勝負しなきゃ勝てねえよ ♪


そんなことなどを、裏山の林道を歩きながら思った朝。

今日も暑い。

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

コメント

オジさん、あがく。

2019年04月26日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

きのうは愛車二代目マルモッタン号に4人が乗り、峠越えでお隣りの県へ。

一夜明けた今朝は、一日じゅうパソコンとにらめっこしていたせいで、歯が疼き目は眩んでいる。

それでもやらなければならない。なんとなれば、おじさんにはおじさんの、爺さんには爺さんの役割があるからだ。「いやいやソレはもっともだけど、ソノ分野は範囲外ではないのかい?」とおっしゃる向きもいるだろう。だが、わたしは明確にそれを否定する。

おじさんだから・・

あるいは、

爺さんだから・・

と嘆く前に、あきらめる前に、あがいてみるべきだ。

おじさんだから適応できない、あるいは、爺さんだから適応できないのではなく、あたらしいことにチャレンジしようとしないから適応できない。つまり、あたらしいことにチャレンジできないおじさんだから、もしくは、あたらしいことにチャレンジできない爺さんだから適応できないのだ。たしかに、年寄りになればなるほど「あたらしいこと」への適応力は鈍る(あくまで一般的には、です)。しかしそれは、「やらない」あるいは「やりたくない」ことの免罪符とはなり得ない。なぜならば、そもそも仕事というものがそうであるからだ。仕事を覚えるプロセスには変化がつきものだ。仕事のやり方を進化させる過程でもそれは同様だ。であれば、加齢やそれにともなう脳と身体の劣化を言い訳にしてそれを放棄するのは、ココロもまた劣化していることの証明に他ならない。たしかに、脳や身体は劣化する。だからといって、ココロが萎えてしまっては、年寄りの年寄りたる意義がなくなってしまう。

あたらしいことにチャレンジしつづけるおじさんは、そして、あたらしいことにチャレンジしつづける爺さんは、幾多の修羅場をくぐり抜けてきた過去から得た「引き出し」の蓄積と、その繰り返しからでしか生まれない「経験と勘」がある分、強いのだし、若い人には見え難いものが見えてくる。

とりあえずはいくつになってもあがく。

歯は疼き目は眩む。

肩は痛いし首も痛い。

それでも、わが身を叱咤激励しながらあがく。

そのうえで、年寄りは年寄りの役割を選択すればよいのだ。


と、気づいてみると、不特定多数の高齢技術者に向けて書いていたつもりの文章が、いつのまにかその対象はあきらかに自分自身になっていた。一夜明けてもまだ興奮冷めやらぬオジさんなのである(今日も行くケドネ)。

 

それはさておきなにはともあれ、あつかましい一方的な願い事をオープンマインド全開で受け入れてくれた先方さんには感謝感謝なのであります。ありがとうございます(って、さておいてないじゃないか ^ ^)。


さて、行くとするか。



 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー


コメント

オジさん技術者最強説

2019年03月24日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

「どうして紙が減らないんでしょう?」

というコーディネイターの問いに、

「簡単ですよ。わたしは、デュアルディスプレイにしたらぐっと減りました」

と答えたわたしの言葉にドット笑いがあがったのは何年前だったか。

わたし自身は場所も時間もはっきりと覚えているが、ここではその時も場所もシチュエーションもさして重要ではないので触れないでおく。

どうやらその言葉は、わたし自身の意に反しジョークだと受け止められたようだった。「あのくだり、サイコーでしたね。ナイスジョーク」と、そのパネルディスカッションが終わったあとで声をかけてくれた同業者がいたという事実でもそれはわかる。

ところが当人、言っちゃ悪いが(言わなきゃわからん)大まじめだった。

じじつ、わたしはディスプレイを複数にしてからというもの、提出物以外、つまり自分が仕事で使うものをプリントアウトすることがほとんどなくなった。画面に映し出したものを見ながら、別の画面で作業をすればいいだけのことだからだ。その場かぎりの一過性のものならもちろん、保存しておきたいものですら、自分発の資料ならなおさら、よほどのことでなければプリントアウトはしない。「極力しないように」と自分で自分に言い聞かせてもいる。

そうすると減る。増えない。「むしろ増える(た)」とお嘆きの諸兄は、パソコンを文房具の延長、つまりスーパー文房具として認識し使ってきた延長線上に、自らのアタマも行動様式も置いたままなのではないか。手描きの図面→ CAD → 3次元モデルを同じ延長線上のものとしてしか捉えられないのもまた根っこは同じだ。

そんなわたしだが、けっして「紙」全否定派というわけではない。ここはやっぱり「紙」でしょうというときは「紙」を使う。

今日も今日とて、たったひとりの事務所で、こんなものをグルグル回しながら、

 

 

となりのメインディスプレイでは、きのう、関係者数名で各タスクのつながりまでをつくった(まだ日数は入れてない)ネットワーク工程をいじくり回していたが、コイツはどうにも間尺に合わぬわいと、こんなものをつくった。

 

 

困ったときの「紙」頼みである。

そうだ!

アイツはどこにあるんだ?

記憶をたよりに探しあてたソイツとは・・

 

 

 

はい、かつては土木技術者たるもの皆の必需品だった色鉛筆。

 

 

 

 

オジさんだから「今という時代」に適応できないのではない。

「あたらしい技術を覚えない」オジさんだから「今という時代」に適応できないのだ。

その積み重ねてきた「経験と勘」と、それによって得た「引き出し」というアドバンテージがあるオジさんは、「あたらしい技術を覚える」ことでさらにパワーアップする。


「デジタルとアナログをハイブリッドして適時適所で使えるオジさんは最強なんだぞ」


誰もいない事務所で、そう独りごちる辺境の土木屋61歳。

誰も言ってくれないのなら自分で言う。

そんな厚かましさもまた、オジさんのストロングポイントなのである。

 

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

 

コメント

現在地 ~ 2019年春

2019年03月23日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

各所で「あんなこともできます」「こんなこともできます」、あるいは「仕事の仕方が変わります」とさんざっぱら吹聴してきたどの口が言うかとの誹りは甘んじて受ける覚悟で白状すると、まことに残念ながら、あいかわらず停滞しているわが社の「ゆる~いCIM」だ。

わたしが今ここであきらめたら、雲散霧消してしまいかねない。だから、風前の灯火ではあっても、けっしてその火を消してはならないし、石にしがみついても、いや、しがみつく適当なものが見当たらなかったらそのへんにある棒きれにしがみついても、つづけなければならない。

とそれほど気負いこんでいるわけでもないが、そんな想いを胸に秘め、ほそぼそと「ゆる~いCIM」継続中。

いっぽう、「ゆる~いCIM」とセットで取り組むことで、(わが社の)「建設生産性向上」の最終兵器となるであろうはずの(とわたしが勝手に思い込んでいる)クリティカルチェーン・プロジェクト・マネジメント(CCPM)は13年目の原点回帰。

「ぐるぐると循環するのもアリじゃないか」

ということで繰り返しのなかからあらたな可能性を探っている今日このごろ。

 

 

 

「ゆる~いCIM」もCCPMも、わたしにとっては同じ幹に生えた枝。

太い幹は、「コミュニケーション&コラボレーション(伝えあい、そして、協働する)」だ。


こう見えて、けっこうしつこいのだよオジさんは。

 

 

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

コメント