土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

丁張(ちょうはり)を眺めながらする話

2010年08月24日 | 施工完了(2010年度)

丁張(ちょうはり)とは?

 

盛土切土を完成させるのに用いる目安の定規。

丁張は、等間隔に並んだ木杭とそれに水平もしくは斜めに打ち付けられた板で構成されるのが一般的。

みんなで作る土木用語辞典より)

 

もう少しわかりやすく言うと、作業をする人が頼りにする原寸大の「目安の定規」というところですね。

しかし、ロックネットとかの落石防護網工事では、板や木杭は使いません。

こんな感じです。

 

 

 

誠和地区法面保護工事、丁張設置完了。

この作業が終わってはじめて、出来上がるモノが具体的になってきます。

今日は監督職員の段階確認。

いくら技術屋同士だとはいえ、目安があるのとないのとでは、話す内容の具体度が違ってきます。

代理人ボンズ9号は、さっそく宿題をたくさんいただいていたようです。

                                (by ひの)

 

  ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

  にも登録しています

コメント   この記事についてブログを書く
« 中間検査の秘密兵器 | トップ | 「土木」を専門用語で語らな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

施工完了(2010年度)」カテゴリの最新記事