土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

雨合羽

2019年02月11日 | モネの庭関連工事

ドカタ殺すにゃ刃物はいらぬ

雨の三日も降ればいい。

なんて言葉も今や死語に近くなりつつあります。

雨天ではどうしてもできない作業をのぞいて

今日びの「土木の仕事」は雨でもやります。

当然、必需品となるのが雨合羽。

 

 

あ、コチラは水を抜いた池のなかで

睡蓮の株分けをしているモネの庭の人たちです。

いかにも雨合羽、

というオーソドックスな色合いが

冷たい雨のなかで黙々と作業をつづける彼彼女らに似合います。

それに比べコッチは・・・

 

 

 

同じくモネの庭で

階段改修工事に従事しているわが社の若者たち。

やけにカラフルです。

やはり若いからでしょうか?

いえいえ、オジさんも相当なもんです。

 

 

なにせ人間が地味にできているもんですから

外見だけでも・・・^^;

 

それにしても・・・

あたりまえのことですが、冬の雨は冷たい。


♪ 凍えた両手に

息を吹きかけて ♪

 

心のなかで歌いながら作業はつづきます。

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント   この記事についてブログを書く
« 遊びごころ | トップ | 一日の終りに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モネの庭関連工事」カテゴリの最新記事