土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

「ゆる~いCIM」ぼちぼちと進化中

2019年08月23日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事

 

 

柏木1号橋の土台をつくる工事です。

完成形モデルに仮設の土留めを加えてみました。

 

 

 

 

いろいろ問題がありそうです。

二次元の図面とニラメッコしてきた担当者は

そんなこと百も承知

二百もガッテン

なのでしょうが

わたしを含め、まわりの人間はそうはいきません。

おのずから、その理解度に差が出てくるのは当然のことです。

そんなとき、

3Dモデルがあれば

問題点や課題をリアルに共有できます。

 

もっとも

問題点を見つけ出すのも

問題解決の道筋を探り当てるのも

いずれにしても技術力が必要なのは言うまでもありません。

ただ、徹頭徹尾どこまでいっても

「土木のしごと」はチームでするもの。

「よりよいモノ」をつくるためには

独りよがりではなく

「チームの力」(発注者さんや下請けさんを含め)で打開していくことが求められます。

3Dモデルは

もともとデキる技術者にはそれほど必要がないのかもしれませんが

「その他おおぜい」にとっては

3Dモデルが有る無しで「つくるモノ」に対する理解は雲泥の差です。

そして、その「その他おおぜい」が現場で果たす役割を考えたとき

やっぱり3Dモデルは問題解決のためのパワフルツールだなと再確認しました。

 

礒部組の「ゆる~いCIM」

まだまだ進化中

なのであります。


(みやうち)



 採用情報

↑↑ 興味のあるかたはクリックしてください。

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント   この記事についてブログを書く
« モネの庭(光の庭)リニュー... | トップ | 半袖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国道493号(北川道路)道路改築工事」カテゴリの最新記事