土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域のためにはたらき、ふつうの暮らしを支える人たち。(有)礒部組とその仲間たちのたのしくゆかいな面々。日々是土木。

いらっしゃいませ~

2022年06月22日 | 琵琶ヶ谷川砂防工事

 

 

 

 

 

ん?

これは体育館のような・・

 

それにしても

こんなところでドローンを飛ばすなんて・・

 

なに遊んでるんじゃ!

 

ついついツッコミたくなりますが

さにあらず。

 

 

 

 

 

 

 

安芸桜ケ丘高校とタッグを組んで

隣町の中学生の職場体験を行なうため

琵琶ヶ谷砂防えん堤改築工事現場のすぐ横にある小学校跡を借りましたが

あいにくの雨。

 

ということで

室内でドローン体験をしてもらうための準備に余念がない

オー隊長の図でした。

 

 

 

 

 

 

 

さあ

いらっしゃいませ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お絵かきムービーを

関係者以外の人に生で見てもらうのは

これがはじめて。

終わると拍手が・・・

おじさんは思わず感激して

ちょっとウルウルしかけてしまいました。

 

 

土木ってかっこいいよ!!

 

 

 

そして・・

 

 

 

 

 

桜ケ丘高校3年生による学校(土木専攻)紹介。

そして・・

 

 

 

 

 

砂防工事はなぜ必要か。

今回の工事をやることによって

地域住民にどういう効果がもたらされるのか

などなどの説明。

 

が終わると

 

 

 

 

 

いざ

現場へ

 

 

 

 

 

小雨そぼ降るなかなので

残念ながら

現場は見学と説明のみにして

 

さあ

 

本日のメインイベントは

 

 

 

 

 

 

ドローン操作実習。

 

最後はみんなでドローンからの記念撮影。

 

 

 

 

 

 

先生生徒のみなさん

至らぬ説明とアテンダントでしたが

楽しんでもらえたようでよかったです。

 

ありがとうございました。

 

安芸桜ケ丘高校と礒部組のタッグチーム。

さて・・

お次はどこかな?

 

(みやうち)

 

 

若手社員タカハシくんの奮闘物語

↓↓

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 修業はつづくよ | トップ | みなと食堂(奈半利町加領郷... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2022-06-23 21:52:19
ブログ主様書込みお許し下さい。
中国ロシア軍艦の日本侵犯が増す中、日本が侵攻されぬ為どうか皆様に知って頂きたい、中韓へ忠誠を表明した野党が阻止する改憲の必要性を、危機感を持ち知って頂きたく誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

報道するテレビが無い中、中国等の日本領海侵犯が激しさを増す現状は、かつて9条の様に非武装中立で平和的であったチベット等を現在も中国が武力で侵略虐殺を行う惨状を連想させ、

現在対馬を狙う韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
尖閣を狙い中国が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

中朝ロの数千発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
有事に敵地攻撃力を持たぬ現状防衛力では日本人の命と領土は守れません。

中韓による侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や(円安悪の民主党政権での円高誘導は日本経済を破綻危機に追い込みました)

又「朝鮮の役に立ちたい」と表明した維新による、国の権限を弱め、地方独立から国家分断を図る道州制等、多様性と言う名の文化破壊活動からも始まっており、

外国人参政権は米国始め世界的に認める国は少なく、これを与えた事でハワイは米国に、ウクライナクリミア半島もロシアに乗っ取られた過去があります。

又背乗りやスパイ等の犯罪発見の役割も果たしている戸籍廃止に繋がる夫婦別姓や、日本人のみを処罰対象とした、特定国への反論を封じるヘイトスピーチ条例等、

先進国で唯一スパイ防止法が無い日本で、
中韓に軸足を置き、友好を刷り込む野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まない為に投票の大切さと、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思っております。
長文、大変申し訳ありません。

コメントを投稿

琵琶ヶ谷川砂防工事」カテゴリの最新記事