土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域のためにはたらき、ふつうの暮らしを支える人たち。(有)礒部組とその仲間たちのたのしくゆかいな面々。日々是土木。

智恵と技

2021年02月18日 | 国道493号道路災害復旧工事

 

 

 

仮橋があとかたもなく消えた奈半利川。

左岸側では・・・

 

 

 

 

大きな石を積んで

河川区域内の自然護岸を

補強しています。

地元要望です。

 

 

「お城の石垣みたいに栗石を入れると強いんやけどなー」

 

地元の方数名と話をしているとき

そんな意見がありました。

 

「ちょっとそれは・・・」

 

そのときはヤンワリとことわったんですが・・・

オペレーターが一計を案じてくれました。

 

 

 

 

 

 

玉石混じりの砂利を

巨石積みの背面に入れることで

透水層をつくるとともに

うしろから受ける荷重を分散させ

石積みがより強いものになりました。

 

 

 

 

 

 

 

うん

傑作です。

 

ちなみにこの石積み

人力は使わず

すべて重機のみで行っています。

バックホウで大きな石を拾い

バックホウでひとつひとつを積む

その工程を繰り返して

完成までの所要時間はたったの2日。

 

いやー

わが仲間ながら

たいしたもんだ。

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント   この記事についてブログを書く
« なかなかキレイにできちゅう... | トップ | 道ができる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

国道493号道路災害復旧工事」カテゴリの最新記事