土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

ランマー

2019年03月29日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

腰がはいった

なかなかよいフォームで

締固め機械を操るのは

Jくん21歳。


この機械、

ランマーと呼びます。

家の欄間(らんま)ではありません。

快刀乱麻の「らんま」でもありません。

ましてや、「らんま1/2」の主人公、早乙女乱馬の「らんま」でもありません。

ランマーです。


『三省堂大辞林』より

ランマー[rammer]

エンジンを利用した上下動の衝撃によって地盤を締め固める手持ちの機械。


『Wikipedia-締固め用機械』より

ランマ

単気筒エンジンの爆発力を利用し、反力で機械本体をはね上げるとともに落下時の衝撃力で締固めを行う機械。かかしのような外見である。管工事や道路の舗装面の部分的な掘削など局所的な締固めに用いる。つき固め能力は、上面から30-50cm程度。ラマー、ラムとも呼ばれる。


ここ、森林管理道島日浦線工事では、構造物や地山などの周辺の締め固めにくい場所に使っています。

作業をじっと見ていたら、こんなコラボレーションも。



 

 

ともに高知県安芸桜ケ丘高校出身の21歳、

ランマーを操るの絵。

あすに向かって

締めろ!!

 

(みやうち)

 

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ そしてこんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

 

コメント