土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

見るからに安心感が増してきました。

2018年09月19日 | 国道493号緊急応急工事

 

9月19日、本日の安倉。

ぞーっとするような崩落斜面も

ずいぶん感じよくなって、

見るからに安心感が増してきました。

 

あしたからは、

のり面工事と並行して

0.8立方メートル級のバックホウ3台と

10tダンプトラックを10台入れて

下に溜まった土砂を取り除く作業を開始します。

 

それにしても、、、

ほぼ毎日のように、約20分かけて山を登っていますが、

いっこうに慣れません。

ふだんはあまり身体を使った仕事はせず、

15年近くずっとつづけていたランニングとトレーニングも

近ごろではすっかりご無沙汰ですが、

いざというこんなときに太って役に立たないオジさんにはならないように、

体重は調整しておりました。

ところが、、、

 

体重はそこそこに維持できていても

あきらかな筋力不足ですネ。

 

いやいや、、、

泣き言はこぼすまい。

再度鍛え直せばよいだけのことです。

これぐらいの山なら

一気に駆け上がるぐらいの筋力と心肺能力がなければ、

いざというときに対応できませんネ。

 

ま、ぼちぼちがんばりましょう。

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

 地域に貢献し 地域と共に生きる


 

コメント