土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

学べよ!

2018年04月20日 | 国道493号小島トンネル関連

現場に入ると、「ああでもないこうでもない」と大きな声で談笑する声。

休憩でもしてるのか?

と思いながら歩を進めると

5~6名で鉄筋を組み立てている真っ最中。

鉄筋一筋うん十年の下請けの職長さんにレクチャーを受けながら

当社の若手たちが「ああでもないこうでもない」と作業しているところなのでした。

「なんとまあ和気あいあいとした作業風景だろう」

とほのぼのとしながら、さらに近づくと、

皆の話し声がピタリと止まったではないですか。

 

「なんでかなあ?」

「誰のせいかなあ?」

と首をかしげながら

「ま、ええか」

と苦笑い。


それにしても・・・

熟練の職人さんが作業する姿は格好いい。

ほれぼれとするわたしなのでした。

 

 

学べよ~!

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント