土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

「春一番」が吹き荒れる夜中に現場待機

2018年03月01日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事

台風並みの強風となった昨夜。

どうやら「春一番」だったようです。

おりしも北川道路改築工事現場では

底版の鉄筋組み立てが完了し

生コンを打ち込む前夜。

渓が増水すれば組み立てた鉄筋が傷んでしまします。

とはいえ排水ポンプを回すほどの流量がなく、

そんな状態でポンプを回すと、

すぐに焼き付いて使えなくなってしまいます。


ということで現場担当者が考えたのが

雨待ち。

 

 

真っ暗ななか、迂回路の視線誘導標が光ります。

 

 

しばし待機していると

だんだん雨風が強くなってきました。

「春一番」が吹き荒れるなか

そのまま「雨待ち」。


夜中12時過ぎ

もうそろそろOKかな

というところで

スイッチオン。

 

 

一夜明けた今朝

担当者が現場へ行ってみると

排水ポンプは勢いよく回り

組み立てた鉄筋も型枠もだいじょうぶでした。

 

ということで、

本日は快晴の生コン日和。

さ、元気にいってみよう!

 

(みやうち)

 

 

 

 

 人気ブログランキング

  ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

   

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

 

コメント