ISLAND日記

点在する日々のつぶやき…

こどもの読書週間 2014

2014-06-25 15:52:30 | 
トップ写真は”公益社団法人 読書推進運動協議会”による「こどもの読書週間」のポスターです。
*イラスト:荒井良二 デザイン:杉浦康平事務所 標語:小野島健太

毎年恒例の小学校の授業時間の中でのお話し会。
今年は学校側の提示の5月にメンバーの都合がつかず6月になりました。
それでも私たちを選んで下さって嬉しかったです。
2002年から始まって今年でもう12年になることに今更ながら驚きました。

◇過去の記録◇
2013年5月 2012年5月 2011年5月 2011年2月 2010年5月 2010年2月 2009年4月 
2008年10月 2008年4月 2007年4月 2006年4月 2005年4月
※2002年~2004年のが無いのはまだブログを書いていなかったからです。紙の記録には2003年と2004年は春と秋2回ずつとありました。

調べてみると2001年12月に子どもの読書活動の推進に関する法律(平成13年法律第154号)が公布・施行されたことが発端のようです。
子ども達への事業のひとつとして図書館を通じて小学校から要請されて来たようです。

さて今年のお話し会は・・6月24日火曜日、対象は4年生 5年生 6年生、2時間目から4時間目までの3回公演です。
去年は1~3年生担当だったので2年続けては4年生だけ。(別のお話しサークルと低学年/高学年をその都度分担しています。)

プログラム
●実物投影「ものぐさトミー」ペーン・デュボア 文/絵 松岡享子 訳 岩波書店
●大型絵本「給食番長」よしながこうたく 作・絵 長崎出版
●実物投影「まどさんからの手紙 こどもたちへ」まどみちお 文 ささめやゆき 絵 講談社



「ものぐさトミー」3年前にもやはり高学年でやっています。
もうその時の子達は卒業しちゃったので、当時の1~3年生たちに向けて再び。
こどもの笑いのツボって大人と違うんだなって(今更ながら)感じる本です。
それもみんなで声を上げて笑えることがいいんだろうな。
BGMに「エンターティナー」を使っています、テンポがでて話を聞きやすくなるかな。

「給食番長」を取り上げたのは5月に市立図書館で作者のよしながこうたくさんの講演会(ドローイングライブ)があったというのが理由のひとつ。
ド派手な絵柄に驚くけど、これは読み聞かせするには結構読み手の力量がいる絵本です。
登場人物が多くて台詞の掛け合いで話しが進むので、頭の中でだったらどんな声色もイメージ出来るけど声に出すとなると・・。
IさんとUさんの苦心の二人芝居でした。お疲れさま。

「まどさんからの手紙 こどもたちへ」は今回やれたらいいなと思って打ち合わせに持って行った本です。採用されて嬉しかった。
今年2月に104歳で亡くなられたまどさんが20年前に母校の小学生に宛てて書かれた手紙。
新聞に取り上げられていたのを書店で探して買った本。
普通に読んで5分ちょっとある手紙だけれど、ささめやゆきさんのシンプルで素朴な絵柄に惹き付けられるし似顔絵のまどさんもそっくりで、イメージをつかみながら聴けるのではないかと思います。
お話しの前にメンバーのアイディアでまどさん昨詞の「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」のCDをかけて皆でちょっと歌ってみました。
知ってる子も知らない子もいたけど、まどさんを知ってもらう為に。
本編の方ではBGMに「カノン」を流して。
この手紙は本当にその時々の「今」を生きるこどもたちへのとても大きなエールです。
そしてその子ども達を育てる大人(親であり、先生であり、地域の人であり..)へのメッセージでもあると思います。
手に取って、声に出して読んでみて欲しい1冊です。

○おまけ~いつもお話しの間に入れるジャンケン大会、今回初めてメダルを作って優勝者に渡しました。好評だったけどこのまま定番になるのかしら?(^^;


はらっぱ便り
野いばら満開!良い香り~

蜂もブンブン。。
コメント (6)

梅の実

2014-06-21 10:55:47 | 暮らし
植えてから10年以上たつ庭の梅の木に、ふと見たら実がなっていました!初めて!!
とてもとても驚いた・・今まで実がならない種類なのかと思っていたから。
肥料も何もやってないし。

小さい青梅が4つ、確認出来ました。

まだほっそり。


鬱蒼と繁ってる中に4粒・・取りあえず観察。。

5月にはこんな風に咲いていました。



●花のメダル
来週小学校でやる出前お話し会のリラックスタイムに使う賞品を作成。

コスモスのかたち。
パールのキラキラした折り紙で作ったらちょっとお洒落になりました?
コメント (4)

コーヒーミル

2014-06-14 17:43:28 | 
その昔結婚祝いに頂いた電動コーヒーメーカー、長く使っていたけれど壊れてしまってその後はペーパードリップでたまに・・でもほぼインスタントコーヒーで済ましちゃうようになりました。
時々買う粉が勿体ないくらい。
ところが年月が過ぎ息子達はなぜかレギュラーコーヒーを自分で淹れるようになり、持参のコーヒーミルで豆から挽くことまで。
お相伴にあずかってた私も一念発起して買いました手動のミルを!

市内の老舗のコーヒー豆専門店の『千葉コーヒー』で豆を買って..


挽きます。

意外と力がいるんだとびっくり!

買った時のまんまの状態なんですが、これは細挽きになってるのかな?

ねじを外して調節することで『粗目ー細目』を選択できるそう。

部屋に珈琲の良い香りが漂います。

こくのある濃いめのコーヒーが出来ました。
自家製のマドレーヌと一緒にコーヒータイム♪


【地域ニュース】

いつも買い物の途中に立ち寄る雑木林のある広々した場所、今までも駐車場として使われてはいたけれど、きちんと区画整理され砂利が敷かれロープも張られカラーコーンも置かれてました。

看板も立てられ契約駐車場であることがはっきり。不法駐車阻止?
景観が少し損なわれてしまうのは残念だけど、持ち主あってのものだから。
コメント (8)

札幌の北大植物園で・・

2014-06-10 23:35:24 | 散策
これ、なんだと思います?
木の枝にインゲン豆みたいのがぶら下がってる!ってびっくりしました。
名札には「キササゲ」とありました。
あぁ、確かに(インゲンより)細長いササゲに似てる!
調べたら..『キササゲ(木大角豆、学名:Catalpa ovata)はノウゼンカズラ科の落葉高木。生薬名で梓実(しじつ)と呼ばれる。日本で「梓(し)」の字は一般に「あずさ」と読まれ、カバノキ科のミズメ(ヨグソミネバリ)の別名とされるが、本来はキササゲのことである。』(Wikipediaより)
中国原産で日本で野生化した帰化植物だそうです。
詳細が「イー薬草・ドット・コム」に薬用植物として載っていました。→http://www.e-yakusou.com/yakusou/116.htm
実は豆そっくりなのに花は似ていません。

先日近代美術館で「ミュシャ展」を見たあと、隣接した知事公館の庭園を歩き大きな松ぼっくりを拾って、また地下鉄に乗り植物園に行きました。


北海道大学植物園は教育と研究の為の施設なので、園内にある主な植物に名札がついています。
温室内以外の植物は皆札幌の地で生育出来るということです。

正式名は『北方生物圏フィールド科学センター(北海道大学植物園)』
 HP~http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/index.html

園内は新緑の季節で、落葉樹は新しい葉をのばし枝を黄緑色に染め、常緑樹もその枝先にやはり若葉を増やしてツートンカラーに。

こんな感じ。

とても大きな「グイマツ」がカラマツに似た実を付けていました。

花の方は・・

「ハンカチノキ」がちょうど見頃!ユラユラ。
←クリックすると拡大します
英語では"Dove tree"(鳩の木)と呼ばれているそう、白い鳩が木の枝にとまってる?


これは植物園の柵の外側に枝を出して咲いていたモクレン科の「オオバオオヤマレンゲ

なんと柵の歩道側に名札がついてました。

それとこの葉っぱ。

なんか可愛らしくないですか?
「ユリノキ」の若葉です。幹の下の方からピョンと出ていました。
何かに似てるんだけどなぁ・・ウルトラ的な何か?(笑)

ところで入り口の所に「カラスに注意!」の立て札があったので覚悟していたのですが、パッと見た感じでも10羽以上はいたかなぁ。。
水路の所で5~6羽が声を上げて水浴びしてたり、芝生で何故か点々と休んで(?)いたり・・
灌木園の所で出逢ったハシブトガラスは割れたクルミを掴んでいました。

ハシブトガラスは元々森で暮らしていたカラスなので植物園の樹々を住処としてるのでしょう。

実を言うとカラスはちょっと苦手、大きいのがたくさんいると特に。(なのでハシブトが..)
けど「カラスの教科書」という本を読んでから、少し怖くなくなってきました。
詳細

■台所菜園

葉っぱが伸びたら食べようかなと思ってた大根・・花が咲いて穂が伸びちゃいました。
コメント (8)

ミュシャ展

2014-06-02 15:24:09 | アート
5月の最後の日の土曜日、札幌にお出かけ。
ドニチカ切符の有効利用・・私と同じに地下鉄東西線新札幌駅でJRから乗り換えた人たち4名ほどドニチカ切符を買ってました。(^^;
この日の目的は、(1)ミュシャ展観覧 (2)気ままな散策 (3)千歳で買えなかったものの買い物。
どれも無事クリア!
で、ここに記すのは「ミュシャ展」のこと。
素顔のミュシャに会えたかな?(笑)

《ミュシャ展》
 開催概要:STV創立55周年記念 ミュシャ財団秘蔵
     『ミュシャ展 -パリの夢 モラヴィアの祈り-』
 会期:2014年4月5日(土)~6月15日(日)
 会場:北海道立近代美術館

国内巡回の展覧会で既に東京と新潟、松山、仙台と終了、最後が札幌。
ミュシャ展公式サイト(STV)

ミュシャというとまず浮かぶのは「アールヌーヴォー」でしょうか?
その名称でひとくくりされた展覧会ではそのオリジナリティーに溢れたポスターが必ず目を引きます。
19世紀末から20世紀初頭のグラフィックアートに多大な影響を与えたイラストレーターであり、デザイナーです。
でも単独の展覧会というのを見るのは初めてで、今回年代順にその業績と表現手法の成り立ちを伺える展示に 改めて現代のグラフィックデザインの先駆者としての素晴らしさを認識しました。
名前と有名な作品を知っているだけでなくやはり少しでも興味があれば原画を見に足を運びたい、そこに何かしら自分の中に得るものがあり知らないことが知っていることに変わることの楽しさを感じるためにも。

まずミュシャが世に出るきっかけになったのは女優サラ・ベルナールの宣伝ポスター。
上の写真の右側の縦長の作品『ジスモンダ』1894年 カラーリトグラフ。
(右隣はミュシャの自画像、左隣は娘ヤスラヴァ、ともに油彩です。)
公演ごとに作られる、舞台ごとの衣装をまとったサラのイラストを中心にデザインされた一連のポスターは大変評判になったそうです。
今でいうならアイドルポスター的な役割?100年以上も前だけど。
そこからグラフィックデザインに携わり続けるミュシャの姿が見えてきます。
他にも宝飾品や舞台衣装のデザイン、パッケージや商品の広告..など多彩な仕事が・・。
またポスターに見られる花やモザイク的な模様のモチーフによる装飾にミュシャの故郷チェコがさりげなく表現されていることに収集品であるチェコの民族衣装の刺繍等から判りました。

ミュシャのイラストにはその色彩の微妙な淡さとはっきりとした描線との対比がありますが、それに加えて描かれている女性のポーズの美しさにも魅かれます。
動きがあるのに切り取られたような美しさがあるのは何故だろうと思っていましたが、ミュシャが撮影した「モデルにポーズをとらせた写真」数枚に、そこから制作された作品が判る物がありました。
写真にしておかないと留めておくことができない動きと表情の「瞬間」。


この辺りは少女漫画風と言われなくもない?
萩尾望都さんが同じような感じで描いていそうです。
装飾のモチーフや色合い等はおおやちきさんが見本にしてたんじゃないかなとか、山田章博氏のカラーイラスト・・ゴメンナサイ、漫画フリーク的見解です..(^^;

ミュシャは挿絵画家としても知られていたそうですが、こういうイラストを見るとミュシャの挿絵で北欧神話を読んでみたかったなどとも思います。


展覧会の図録買いました、色もなかなか良く再現されています。お気に入りになりそう。

◎モンクールにて

近代美術館近くのベーカリー、「詩とパンと珈琲 モンクール」のサババケット。
魚の匂いが数種類のスパイスで抑えられすっとするさわやかな後味に..クミンの香りが強いかな。
トースターで少し温められてて美味しかった~♪
珈琲に添えられてたクッキーもGood!
※営業時間 [火~金]11:00~20:00 [土] 9:00~18:00 定休日 日曜・月曜
コメント