ISLAND日記

点在する日々のつぶやき…

裏ごしの日

2007-12-30 19:09:55 | 
毎年この日にやってるから、もうそう呼んでもいいかも。(笑)


卵の黄身と金時芋。
それぞれ8個と600gをせっせと裏ごし。
BGMはオフコース他のハイトーンでメロウな方達の歌声
無事2色卵と栗きんとんになりました。
明日は煮物を作って、買って来たかまぼこ・伊達巻き・田作り・昆布巻きなどと一緒にお重に詰めます。そして2007年が終わる。
では、みなさま良いお年を!

■千歳線レール破断記事
静かに終わるかなぁと思ったら、年の瀬に不安なニュースがありました。
まず12月21日に最初のレール破断がJR千歳線でみつかり全線を点検した所、破断に至りそうな亀裂が3246カ所も発見され、早急に補強作業を必要とする所はすることになったのだけれど、27日にまた千歳線で破断したレールが見つかったそう。
いずれも運行管理システムが異常を感知した為大事故には至らなかったけど怖いことではあります。
こういう安全管理はやはり人の手に寄るものが大きい事を改めて感じました。
コメント (7)

今年の10冊(2007)

2007-12-28 16:19:12 | 
   終業式 /姫野カオルコ(角川文庫)
   包帯クラブ /天童荒太(ちくまプリマー文庫)
   さくら /西加奈子(小学館)
   ゆっくりとさよならをとなえる /川上弘美(新潮文庫)
   秘密の花園 /三浦しをん(新潮文庫)
   神はサイコロを振らない /大石英司(中公文庫)
   男の勘ちがい /斎藤学(毎日新聞社)
   アッシュベイビー /金原ひとみ(集英社)
   あのころの未来~星新一の預言 /最相葉月(新潮文庫)
   しゃばけ /畠中恵(新潮文庫)
※番外 ハリーポッターシリーズ /J.Kローリング 作 松岡祐子 訳(静山社)

恒例の「今年の10冊」4回目になりました。2006年 2005年 2004年
どれもその年に読んだ順番に並べてあります。
読書記録ノートに読み終わってすぐにタイトル等を書き、その時すごく面白かったと感じたのに☆印、面白かったのに◯印をつけています。
今年の☆印は8冊、◯印は14冊。

「包帯クラブ」は「本」のカテゴリでレビューを書きました。同じ頃読んだ「小生物語」は◯印。
「さくら」はその小説からコラボレートした歌の方を先に知ってその後に読んでみたもので「音楽」のカテゴリで紹介しています。
「ゆっくりとさよならをとなえる」「男の勘ちがい」「あの頃の未来」は、それぞれ小説家、精神科医、ノンフィクション作家と視線の違う方々のエッセイで興味深かったです。
(「あのころの未来」はかおりさんから、間違えて2冊買ってしまって・・とのことで譲って頂いたものです。感謝)
「しゃばけ」はTVドラマを見てから読みましたが、明るい語り口とキャラクターが新鮮。シリーズ物なので暫く楽しめるとほくほく。
番外のハリポタはいつも映画版を観てから読んでいるのですが、今回中古書店でまとめて買って「炎のゴブレット」まで一気に読み、面白かったので。
「賢者の石」と「秘密の部屋」は前に図書館で借りて読んでたのですが安くなっていたので揃えてしまおうと。
「不死鳥の騎士団」も観たのですが、読むのがちょっと勿体無いようで我慢しています。(笑)

自分の記録もですが、皆さんのコメントも毎年楽しみです。
本話、しませんか?
コメント (12)

みかん

2007-12-26 01:14:10 | 言葉
   妹が送ってくれたみかん。
   みかん狩りのお裾分けなの。

   みかんのへたが尖ってるのがいかにもでしょ。
   お店で売ってるみかんはたいらだものね。
   こんなだったらまわりのみかんに傷を付けちゃう。
   しっかり詰めることも出来ない。
   でもほんとは一つ一つがこんなふうに枝になっていたんだね。

   程よい甘味の元気なみかん、ありがとう。

*みかんのへた
緑の出っ張った部分だけど、何で「へた」って言うんでしょう?
部位としては『植物のガクの部分』なんだそうだけど。
イチゴやナス、柿、トマト・・等にもありますね。

みかんの「へた」の反対側は「おへそ」っていうけれどそれもまた・・?
因みに私はみかんはスジを取って食べる派です。(笑)
コメント (9)

BSまるごと大全集 日本のフォーク&ロック(2007)

2007-12-24 11:20:58 | 音楽
去年が第1回だったようですが、これって毎年続くのかな?いつまで?
12.22(土)20:00~23:30 NHK BS2で放送。
事前にはwebサイト、当日はテロップにラインナップされているアーティスト名からリクエストを募ってその映像を流すという生放送の番組。
昔だったら「電話リクエスト」って所でしょうか。

感想としてはまず去年との比較だけど、選曲は前回と比べて珍しいものもあって割と楽しめました。
ただ相変わらず基本が市販されてるDVDからで当時の生の映像が少ない、局独自のカラーが薄い!と去年と同じことを言ってしまう。
 *2006年の記事は→こちら
目新しい演出としては近年ブームになっている「お客さん参加のライヴハウス&酒場」のことを話題に取りあげ、その一つの「フォーク酒場・落陽」から、ふたりのアーティストの弾き語りを中継したこと(レポーター石井正則)。
司会はばんばひろふみ氏と局アナ黒崎めぐみ。ゲストに音楽評論家の田家秀樹氏。
なので「あぁ『いちご白書をもう一度』のバンバンの古い映像はないんだな。」と最初に思ってしまったのが悲しかった。
この曲には高校2年生の時、新入生歓迎会のステージで友人と演奏した懐かしい想い出が。。
さて曲目です・・

1.Yes.No/オフコース 2.時代/中島みゆき 3.とんぼ/長渕剛 4.夕暮れ時はさびしそう/N.S.P 5.15の夜/尾崎豊 6.受験生ブルース/高石ともや 7.風/シューベルツ 8.塀までひとっ飛び/サディスティックミカバンド 9.雨上がりの夜空に/RCサクセション 10.青春の影/チューリップ 11.酒と泪と男と女/河島英五
※スタジオ:ばんばひろふみ「いちご白書をもう一度」
12.悲しみは雪のように/浜田省吾 13.人生を語らず/吉田拓郎 14.心もよう/井上陽水 15.宿無し/世良公則&ツイスト
※フォーク酒場:山崎ハコ「気分をかえて」
16.僕たちの失敗/森田童子 17.山谷ブルース/岡林信康 18.ダイアモンド/プリンセスプリンセス 19..My Revolution/渡辺美里 20.六本木心中/アン・ルイス
※スタジオ:小林明子「恋におちて」
21.埠頭を渡る風/松任谷由実
※フォーク酒場:岸田敏志「きみの朝」
22.季節の中で/松山千春 23.MONEY/浜田省吾 24.フレンズ/レベッカ 25.SOMEDAY/佐野元春 26.浪漫飛行/米米クラブ 27.ガンダーラ/ゴダイゴ 28.待つわ/あみん
※スタジオ:もんたよしのり「ダンシング・オールナイト」
29.星空のディスタンス/THE ALFEE 30.モーニングムーン/チャゲ&飛鳥
※スタジオ:ばんばひろふみ「SACHIKO」
31.乾杯/長渕剛 32.クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一 
※スタジオ:辛島美登里「サイレント・イヴ」
33.なごり雪/イルカ 34.妹/かぐや姫 35.落陽/吉田拓郎

シューベルツとミカバンドの映像は珍しいものでコレだけでも価値があるかも。
ツイストとあみんは懐かしの「レッツゴーヤング」からのものでした。
やっぱり若かった自分たちの青春を振り返るにはアーティストも若い方がいいでしょう。
コメント (13)

ドレモルタオ

2007-12-21 00:00:00 | 
今年の夏に千歳にオープンした《DoremoLeTAO》のケーキ「フロマージュ・カシス」
本店は『小樽洋菓子店 LeTAO(ルタオ)』といってドゥーブルフロマージュというチーズケーキで有名なお店です。
これにはそれと同じ(?)チーズケーキがカシスタルトの上に乗っています。
濃厚で美味しい。月ごとに変わる紅茶と一緒に頂きました。
こんなお洒落なプレートのケーキは久しぶり。
 店内

それにしてもまさか千歳に進出するとは・・。
広い敷地にPanmot LeTAO(パンモルタオ) Cafemot LeTAO(カフェモルタオ) LeTAO SHOPの3店舗を展開、新たなスタイルにチャレンジしています。
カフェはデザートが充実してる事はともかく、食事も出来るので次回は試してみようかな。
場所は我が家から歩いて行くには少し遠いのですが、バス停は近くにあるし、駐車場も専用のスペースを充分にとってあるので観光客が立ち寄るにもいい所かもしれません。

ルタオショップで焼き菓子をいくつか買って来たのですが、プレーンなフィナンシェがとても美味しかったです。(アーモンド風味のお菓子が好きなの)

●嶋田忠 収蔵写真展 千歳市民ギャラリー
ルタオに足を伸ばしたのは実はこれを観に行ったついででした。
        
嶋田さんは埼玉県出身の写真家、1980年に千歳市に移住し、動物雑誌「アニマ」を始め鳥獣を中心とした多くの写真集や映像作品を撮られています。
近年ではNHKの「地球ふしぎ大自然」「ダーウィンが来た」等で放映。
今年3月にBSiのハイビジョン特集で放送された『清流のハンター カワセミを追う 』は千歳川で撮影されたそうです。

今回展示された写真は昨年9月に、嶋田さんが市民文化センターに寄贈したもので約90点。
出版されている写真集の中の作品が迫力のある大きな写真で見られる事に感激しました。
アカショウビン カワセミ ヤマセミ シマフクロウ キレンジャク オオルリ タンチョウ オオハクチョウ モモンガ キタキツネ シマリス...etc

□COLDPLAY
YouTubeに動画がたくさんあるじゃない!
リンクを張っておこうIn My Place♪
コメント (7)

クリスマスファミリーコンサート

2007-12-16 23:58:44 | 音楽
壮観!オーケストラ・サンタファミリー!

第16回 市民音楽教室 Christmas Family Concert 2007
[出演] 管弦楽~千歳フィルハーモニーオーケストラ【HP
     指揮~中村隆夫 コンサートマスター~野村聡 司会~中村伸明
[プログラム]
 ●第1部
  エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
  チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」より
  ”体験指揮者コーナー” ヨハン・シュトラウス/ラデッキー行進曲
  グノー/操り人形の葬送行進曲
  メンデリスゾーン/歌劇「夏の夜の夢」より 結婚行進曲
 ●第2部
  L.モーツァルト/おもちゃの交響曲
       (演奏:千歳フィルジュニア合奏団と仲間たち)
  新井満/千の風になって
  モンティ/チャルダッシュ
 ●第3部
  L.アンダーソン曲集
   チャイナドール ファントムレジメント ザ・ガール・イン・サテン
   ホース&バギー クリスマスフェスティバル


大ホールがほぼ満員になって、小さいお子さんたちも静かに楽しく聴いていたアットホームなコンサート。
私の隣は2歳位の女の子とママ。
舞台に向かって時々「パパ」っ言ってたけど、どの人がそうだったのかな?

プログラムはどれも1度は耳にしたことがある曲。
「威風堂々」は木梨さん出演のCook Doでお馴染みだし、「くるみ割り人形」や「結婚行進曲」「クリスマスフェスティバル」等もよく知られているでしょう。「千の風になって」まであって...(今年はこれを色んな所で耳にするなぁ)
また司会者が曲の演奏前にしてくれるお話しが面白く、新たな興味を持って曲を聴くことが出来ました。
例えば「夏の夜の夢」の”夏”は”夏至”のことだって知りませんでした。夏至は6月、まだ真夏じゃないですね。
「ジューンブライド(6月の花嫁)」は「夏の花嫁」でしたか、そして「結婚行進曲」・・納得。

オーケストラの皆さんは最初からサンタだったわけではなく写真は第3部のクリスマス曲に合わせて。
第2部の途中から、会場に素敵なサンタが現れました。

「千の風になって」と「チャルダッシュ」を奏でるバイオリニスト・サンタ。
(コンサートマスターさんです♪素敵なエンターティナー)

コンサート終了後は抽選会があり、当たった人にはプレゼントが。
来場者全員に帰りに「うまい棒」が配られました。帰って早速ぱくついた私です。(笑)
コメント (20)

雪の降る街を

2007-12-14 00:27:49 | 言葉
    冷たい 粉雪が 
    街を
    白く 変えて
    風景に 
    色を ふやしてゆく

漸くちゃんとした積雪。今年は遅かったです。
他の所はもう随分降っているのにどうしちゃったんだろうね、と皆で言っていました。
去年も遅かったと日記に書いているんですが、それが11月24日・・3週間も遅い。(驚)
でも生活する分には雪がないと楽ではあるんですが。
さて、これから冬本番かな?

細かい粉雪もストロボをたくと花びらみたい・・どちらも歌にありますね「粉雪」「雪の華」。
コメント (13)

さつまりこ

2007-12-10 17:45:56 | 
今の時期はサツマイモが美味しくて、レンジでチンして食べてます。大学芋も好き。(笑)
そして「じゃがりこ」の姉妹品で季節限定(11月~1月)の「さつまりこ/焼き芋味」もお気に入り!
でももうちょっと安いといいんだけどなぁ~。ダメ?カ◯ビーさん。
他にも芋けんぴとか、おさつスナックとか色々ありますね、サツマイモのお菓子。
この時期はつい手が出ます...なんでだろう?

ところでじゃがりこサラダ味をお湯でふやかすとマッシュポテトになるって言うのはほんとらしいけど、固いからちょっとだけお湯を入れて柔らかくして食べると言う人もいて・・
美味しいの?と半信半疑だったのですが、それをさつまりこでやってみました!

なんだか実験づいてますが・・
30秒程つけて芯まで柔らかくなっていないうちに食べると歯ごたえもあり、まわりの水気と相まって蒸かし芋的感覚。
味は確かに焼き芋。それもすごく甘いお芋になってます。
つぶしてバターを入れて混ぜればそのままスイートポテトになりそう。
賞味期限は3ヶ月だそうだけど、保存食としてもいいかも?でも少ないか。
蓋の裏の「おみくじ&スイートおみくじ」も楽しいです。

■「三億円事件の日」12月10日
『1968(昭和43)年、東京・府中市の東芝工場の従業員に支給されるボーナスを積んだ乗用車が、白バイ警官に扮した犯人に強奪される「三億円事件」が起きた。
多くの物証がありながら捜査は迷宮入りし、1975(昭和50)年に時効を迎えた。この事件以降、多くの会社が給料の支給を手渡しから口座振込に切替えるようになった。』
昔は手渡しだったんですね~、ボーナスも給料も。
完全犯罪。今だったら科学捜査の進歩とかで解決出来るものなのかな。
コメント (11)

浮かび上がる

2007-12-08 22:45:00 | 暮らし
これはなんでしょう?(答えは下に)

日本の子どもたちの理科離れが近年著しいと言うことですがどうなんでしょう?
地域での子どもを対象とした教室やイベント、サイエンスショーなんかは昔よりずっとあると思うのですが.
今は情報量も多いから自分で考えたり試してみたりするより説明されたものを読むか観るかした方が簡単だしね。
事柄に対する好奇心や意欲を持続させ発展させて行くための余裕の時間が減ってるのかなぁ。
みんな次から次へと忙しそう。

さてそんな子ども体験学習教室である『子ども放送局・チャレンジ教室』を市民文化センターでやってきました。【ホームページ
今回は「探偵入門!浮かび上がる指紋の謎」
家庭で手軽に出来る実験もので、「ある液体によって、見えないものが見えるようになる」事を体験します。

●実験1 シークレットレターの謎 
[用意するもの] ごはんつぶ小さじ1杯 水適量 小皿 筆 紙(画用紙、便箋等)
ご飯粒を潰して水に溶くと白く濁った液体が出来ます。
そう、これが上の写真の正体です!
これを使って筆で紙に何か書いてみる。
そのまま乾かすと筆のあとは消えてしまいます。
この紙をある液体で上からなぞるとあら不思議、消えた文字が浮かび上がる!というわけです。
その液体Xとは?
この時期、家庭で使ってるかもしれないものです。(笑)
これを数滴小皿に取り、水で10倍に薄めたものを使います。
 *答え《イソジン(ヨウ素入りうがい薬)》←これも何かすると浮き出します。

●実験2 犯人を探せ!~残された指紋の謎~
[用意するもの]空き缶 割り箸 インクジェット・プリンタ用紙 ホットプレート ”液体X小さじ1”
細長く切ったプリンタ用紙を割り箸で挟み、その端に指を30秒程強く押し付ける。
ホットプレートで温めた空き缶に”液体X”を入れ、そこに紙を入れてあぶると指紋が浮き出してきます。

※実験の詳しいやり方は【こちら】でご覧下さい

終了後「面白かった~。」「うちでもやってみる!」と言う声があり嬉しかったです。
季節柄、ミカン汁でのあぶり出しなんかも面白いけどそれに気付く親御さんはいるかな?
もうすぐ冬休みですね。
コメント (5)

インベーダー襲来

2007-12-05 18:56:42 | 暮らし
それは昭和53(1978)年の事だったそうです。

NHKBSの『日めくりタイムトラベル』12月1日の放送を見ました。テーマは昭和53年。
《昭和53年の主な出来事》
伊豆大島近海地震 「嫌煙権確立を目指す人々の会」発足 映画「未知との遭遇」公開
成田空港開港反対で管制塔占拠 キャンディーズ解散コンサート 池袋サンシャイン60開館
新東京国際(成田)空港開港 宮城沖地震 インベーダーゲーム発売 清里メルヘンペンション
沖縄で車両が左側通行に 隅田川花火17年ぶりに復活 映画「サタディーナイトフィーバー」公開
日中平和条約調印 日本最古の市電・京都市電廃止 ヤクルトスワローズ優勝&日本一
YMOデビュー 江川卓 空白の一日 自民党総裁選 福田から大平へ...etc


毎回その年のニュース映像から、いくつかトピックを立て取材し紹介していくというものですが、今回の私的目玉はテーブルタイプのインベーダーゲームの話でした。
懐かしい~!下手だったけど。(笑)
喫茶店でテーブルの上に100円玉を積み上げてやってる人とかいたし、名古屋撃ちとかって裏技も生まれたりしてすごいブームでした。
開発者の西角友宏さんの話も面白かったです。
シューティングゲームで、敵キャラクターが自分に向かって攻撃して来るタイプのゲームはこれが初めてだったことや、CPUを使った設計など。


インベーダーゲーム実はまだあるんですね、タイトーの『スペースインベーダーエクストリーム
ニンテンドーDSソフト・・う~む狙ってる年齢層がわかる。
でも私はこの番組観なかったらネットで調べようともしなかったな~。

*ネットに手軽に遊べるサイトがありましたSPACE INVADER GAME
コメント (16)