Windows 8 Consumer Preview

Windows 8 Consumer Preview 使い初めのあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Windows 8 Release Preview に更新出来ない

2012-06-02 17:21:57 | Windows 8 Consumer P

6月第1週に公開するとの発表だったが、1日に公開されるとは思っていなかった
いろいろ忙しかったのでダウンロードを開始したのが日付が変わった2日
時間がかかりそうなのでそのまま寝て、起きたら完了していたのでDVDに焼いた。

先ほどインストールしようと、Win8CPを立ち上げたPCにDVDを挿入
調子よくインストールが開始したが、以下の表示

「オンラインで今すぐ更新プログラムをインストールする (推奨)」

更新用のインストール ISO を時間かけてダウンロードして始めたのに
「オンラインで…」とは?と思いながらも、他の選択が無いので「次へ」

セットアップは開始したものの、しばらくすると

この PC では Windows 8 を実行できません
セットアップで、USB フラシュ ドライブに Windows をインストールすることはできません。
お使いの PC の CPU は Windows 8 と互換性がありません。

じゃ、DVDから起動してインストール…と試みるが、今度は以下のエラー

Your PC needs to restart.
Please hold down the power button.
Error Code: 0x0000005D
Parameters:
0x030F0207
0x756E6547
0x49656E69
0x6C65746E

何度か再起動するも同じ、先の表示の「CPU は Windows 8 と互換性がありません」
要求スペックを上げたのかな?ちなみに、今回更新するのは古いデスクトップの方 CPU は

Pentium 4 2.8GHz HTT対応なし

これじゃ、ダメになったのかな?

取り急ぎ経過報告

『OS』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows 8 CP のMicrosoft Se... | トップ | Windows 8 Release Preview ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-06-02 20:46:21
私も同様のエラーが出たのですが解決しましたので、もし良ければ参考にしてください

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-windows_install/win8rp-windows-8-release-preview/fbf1a01c-8a6b-4be9-879d-9591972deda9?page=1&tm=1338637286088#footer
PAEエラー回避 (管理人)
2012-06-03 17:59:44
コメントありがとうございます、早速検証してみました。
現在の情報だけでは、どうやら10年も前のCPUじゃ無理みたいです。Consumer Preview では何の問題も無かったんですがねぇ…
下記のタイトルでまとめてみました。
Windows 8 Release Preview インストール時のPAEエラー回避
http://blog.goo.ne.jp/isjj/e/726e3d41b3223cd185f528c4f462eb83
Unknown (Unknown)
2012-06-04 20:26:49
Unknownです(笑)
PAE自体は95年発売のPentium Proから搭載されている機能なのでPen4なら問題ないはずです
BIOSでNXビットがオフになっているのかもしれません
上記アドレスでマイクロソフトからの正式な解決策が出てますが、私の場合はDVD-Rに焼いても出来なかったので、まだ問題は残ってそうです
まあ案の定インストーラの問題で正式版では改善する予定だそうですが・・・
Unknown (Unknown)
2012-06-04 20:29:22
追記:ブログ主の場合はNXビットがサポートされてない部分でブルースクリーンが出ているようですね

>CPU が NX ビットをサポートしてない場合、セットアップ開始前にエラー コード 5D のブルースクリーンが発生します。
NX ビット (管理人)
2012-06-04 23:58:47
必続きサポートありがとうございます。PAE は17年も前の Pentium Pro からの技術なんですか、データ表に載っていなかったんで未対応と思い、それ以上追及しませんでした。
それならなおさら 4GB のメモリ制約を、何でその後7世代にも渡って 32bit OS が設けてしまったんでしょうか、今さらながら憤慨します。
NX ビットの件はブログ記載のリンクで見て、BIOS を確認しましたが設定項目が見つからず、すぐに諦めてしましました。(笑
昨日頂戴したURLに載っていた「物理アドレス拡張PAEを強制的に有効にする」を読みましたが、もう既に今の積み上げた環境を無にしてクリーンインストールする気が失せ、試しもせず。それならバーチャルの方がと、そっちの方へ走ってしまいました。
インストール自体は問題なく済みましたが、そっちはそっちでまたしばらく苦難しそうです。(苦
Unknown (Unknown)
2012-06-18 20:03:13
全く同じです。
HT(ハイパースレッデング)は関係ないですね。
要はPAE,XD,SSE2で、XD(NX)ビットが原因みたいですね。
普通にセットアップを行うと、互換性がないと怒られるので、CDのソースフォルダにあるセットアップから
起動すると、そのチェックを行わないのですが、
再起動時に0x0000005Dが出てしまいます。
当方はpen4 3.4GHz northwood.(HT対応、XD未対応)
>XDビットはIntel社のPentium 4プロセッサの一部製
>(モデルナンバーの末尾に「J」がついているもの)か>採用が始まり、現在では新製品のほとんどに採用さ
>いる。AMD社では同様の機能を「NXビット」と呼んで>るが、技術的にはまったく同じものである。
prescottの途中から採用されたようです。
ご参考
http://intel.noihjp.com/Desktop/Pentium_4.php

XD ビット (管理人)
2012-06-21 16:05:07
コメントありがとうございます、しばらく放置してすみませんでした。

この XD(NX)ビットが原因と言う所までは分かったのですが
この PC の BIOS にはそれを反転する設定が無いのであきらめました。

その後、他の方からコメント頂き調べてみたました。

Windows 8 Release Preview インストール時のPAEエラー回避
http://blog.goo.ne.jp/isjj/e/726e3d41b3223cd185f528c4f462eb83

BIOS の設定でなくても、以下で有効になる様な記事もありましたが

bcdedit /set pae forceenable

Consumer Preview から Release Preview のアップグレードは
「何も引き継がない」クリーンインストールのようなので
Windows 7 から受け継ぎ、作り上げた環境をすべて無にするのも
一度勢いを失った後では嫌になり、そのまま使うことにしました。

そんな訳で上記を試すことなく、より高性能の PC の仮想環境に
インストールしてしまいました。

上記お試し頂き、結果ご報告いただければ幸いかと存じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Windows 8 Consumer P」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事