あんにょん☆チュ・ジフン

チュ・ジフンさんメインのブログですが、気になる韓流スターや韓国ドラマの話題なども書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SBS水木ドラマ「49日」衝撃結末 ”これが最善ですか?” … ありえない展開に怨声

2011-05-21 06:11:50 | 韓国ドラマ





          안녕~


SBSの水木ドラマ「49日」が深い余韻を残して終了した。

19日に放送された「49日」の最終回では、涙を3粒集め49日間のこん睡状態から目を覚ましたジヒョン(ナム・ギュリ)だったが、元々その1週間後には死ぬ運命だった為、結局死んでしまうという結末が視聴者を驚かせると共に悲しみを与えた。

また、3粒の涙の内最後の1粒はイギョン(イ・ヨウォン)の物だと思われたが、一度はジヒョンを裏切った親友インジョン(ソ・ジヘ)のジヒョンに対する本物の涙だったことも明かされると共に、イギョンは幼い頃に生き別れになったジヒョンの実の姉であったことが判明するという予想外の展開となった。

最終回を迎えるにあたり視聴者達の間で結末に関して様々な憶測が飛び交う中、予想外の展開と結末に視聴者からは大きな反響を受けた「49日」は16.1%の自己最高視聴率で水木ドラマの1位として有終の美を飾った。

また、ヒューマニズムを問う印象深いエンディングは見る者の心に深い余韻を残し、放送終了後にはオンラインでドラマに対する感想が相次いだ。

後続作としてイ・ミンホとパク・ミニョン主演の「シティハンター」が5月25日より放送される。




49日衝撃結末予告篇は違った?








SBS '49日' 自体最高視聴率で終映


SBS 水木ドラマ「49日」が大半前で幕を閉じた.

去る 19日放送した 49日最終回は自体最高視聴率である 16.1%(AGBニルスンミデ-オリソチ全国期与えた)の視聴率で同時間帯 1位を水性した. 49日は死とビングウィという素材を通じて真のヒューマンリレーションズと生に対して振り返って見たドラマ. 最後の放送分は 49日旅行に成功するようだった女主人公sン・ジヒョン(ナム・ギュリ)が死を迎えながら幕を閉じた.

チ・ヒョンがビングウィドエッドン イギョン(イ・ヨウォン)がチ・ヒョンの忘れてしまった実姉なのが明かされた.





関心を集めた, チ・ヒョンのために泣いてくれた涙の主人公も明かされた. 初涙はハンガン(チョ・ヒョンジェ)がずいぶん前流したことで二番目涙はチ・ヒョンが空に発つ直前友達ソウ(ペ・クリン)が, 最後の涙はhチ・ヒョンの婚約者であるミノ(ペ・スビン)と組んでチ・ヒョンを裏切ろうと思った友達インジョン(ソ・ジヘ)が罪を悔やみながら流した涙だった. チ・ヒョンは愛のため自分を裏切った友達の本気が分かってほほ笑みをしながら死んだ.

このドラマは SBS 燦爛たる遺産検事プリンセスの小県頃作家が筆を執った. 財閥や不倫みたいな大引けコードなしに生に対するメッセージを盛り出したという評価を受けた. 劇中 '現代版彼の世獅子'であるスケズルロを演技したチョン・イルは 20日 "今度作品をしながら生の大事さをまともに感じたし生死に対して真剣に考えたきっかけがなった"と所感を伝えた.

一方コン・ヒョジンとチャ・スンウォンが主演したロマンチックコメディードラマ MBC 最高の愛はこの日自体最高である 15.1%を, KBS2 ロマンスタウンは 7.1%の視聴率をそれぞれ記録した.



『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「バラードの王子」ソン・シ... | トップ | キム・ジェウクらトップモデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

韓国ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事