衣食住ネット

楽しく元気に生きよう!
ほんものの衣食住を考えよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自然食バイキング(食-003)

2008年08月31日 13時25分04秒 | 食について

  ←応援クリックお願いします。

久しぶりの友人と夕食。
「はーべすと」自然食バイキングのレストランにて。



友人は子宮全摘手術を受けた後だったので、少しでも体に優しいものを・・・と思って「はーべすと」での食事でした。

最近、けっこうお気に入りのお店です。

バイキングスタイルなので、いろんな種類の料理を食べられる。
野菜中心だけど、種類が豊富で満足度の高いお店です。
金沢の場合、加賀野菜を使ったメニューも豊富です。

メニューのご紹介をしましょう。



食べるのが優先で、ついつい、写真が手ぶれしました。

○車麩の煮物(一番上の奥に見えるお肉みたいなもの)
車麩も金沢独特の食材です。ちくわみたいに真中に穴が開いている大きな麩です。煮物にすると美味しいです。

○五郎島金時の煮物
さつまいもの煮物です。リンゴジュースで煮つけたような美味しいお味でした。
金沢には五郎島というさつまいもの産地があります。
もちろん加賀野菜です。スィーツにも最適です。

○豆もやしのナムル
人参の煮物

○つる豆(千石豆)と厚揚げの煮物
つる豆も加賀野菜です。独特の香りと味が特徴です。

○さといもとかぼちゃの煮物
さといもとかぼちゃと小豆のコラボレーション。
甘味といい、食感といい、すごく美味しかったですよ。



こちらのお皿は、ちょっとボリュームのあるメニュー。

○鳥の唐揚げ

○鯵の南蛮漬け

○野菜の煮びたし

○豆腐とオクラのサラダ

○加賀野菜のてんぷら

この他まだまだ食べました。
バイキングなのであれもこれも・・・・
麦芽ビールと一緒に、満足しました。

こういう食事は優しい気分になれますね。
1800円くらいでお腹がいっぱい食べられるのですから嬉しいです。

コメント (4)

天然塩と科学塩(食-002)

2008年08月28日 09時52分06秒 | 食について

  ←応援クリックお願いします。

塩分の取り過ぎには注意しましょう!

ちょっと待って!
それは科学塩に対して当てはまることです。
天然塩なら大丈夫なんです。

●科学塩
99.9%ナトリウムイオンで出来ています。
大量に作ることが出来て値段も安い塩のことです。
科学塩にはミネラル成分は、ほとんど含まれていません。

●天然塩
塩化ナトリウム、塩化マグネシウム、塩化カリウム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウムなどの多くのミネラルが含まれています。
海水が原料となっています。

ミネラルには必須ミネラルと有害ミネラルがあります。
詳しく知りたい方は必須ミネラルで検索して下さいね。

ミネラルは体の中で体液の浸透圧を調整する働きがあります。
体液の浸透圧?
約60兆以上もある体内の細胞。これら一つ一つに栄養を送らなければいけません。この栄養を送る役割をしているのがナトリウムイオンです。

難しい話は抜きにして・・・・
とにかく塩分は体の中でとても重要な役割を果たしています。



塩分であれば何でもいいと言う訳ではありません。
科学塩のように99.9%ナトリウムイオンで出来ている塩を多く摂取すると体液の流れを正常に保つイオン濃度のバランスが崩れてしまいます。

血しょうのナトリウム濃度と赤血球のカリウム濃度のバランスが正常でなければいけません。

やっぱりちょっと難しい・・・・

でも、なるほど・・・と思うのは、

科学塩の塩分を摂りすぎると、血しょう中のナトリウム濃度が高くなります。

だから塩分は控えめに!となる。

でも、カリウムやナトリウムイオンのバランスが取れていれば問題はないのです。

だから、塩分を摂りすぎるな!というのは科学塩に対して言われることであって、バランス良くミネラルが含まれている天然塩は摂りすぎてはいけないということはないのです。

ただし、それぞれの体や病気などによっては控えた方が良い場合もあるでしょう。
でも天然のものは安心できることは確かです。

ミネラルって大切なものなんです。
50種類ほどのミネラルがあるそうですが、その中でも特に必要なミネラルがあります。

カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・マンガン・リン・カリウム・銅・亜鉛・鉄・モリブデン・セレニウム・ニッケル・クロム・リチウム・コバルト・パナジウム

これらを見ると、確かに、体にいいなぁ・・・と分かっているものと、え?こんなものも?とちょっと不安になるミネラルもありますね。
別に鉄や銅の塊を摂取するわけではないんです。

ミネラル (mineral) とは、一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、体にとって欠かせない元素のことをいいます。

天然塩って甘くてしょっぱくて、まろやかで美味しいですよね。
私はガンガン塩をかけてます。(でも、何事も摂りすぎ・食べ過ぎはいけませんが・・・)

コメント (10)

半身浴(衣-002)

2008年08月26日 16時30分01秒 | 衣について

  ←応援クリックお願いします。

【半身浴のススメ】

私は、どちらかというとおふろの時間は短い方です。
湯船にゆっくりつかって・・・・と、思うのですが、ついつい、せかせかと入ってしまいます。

正しい入浴法というのを教えて頂きました。

○基本は胸から下だけをお湯につける。
○腕も付けてはいけない。
○体温より少し高めの37~38度のお湯に20~30分つかる。



あまりキメキメなのは、せっかくのバスタイムがストレスになってしまいますね。
寒い季節は、肩を出していると風邪をひくのでは?と思います。
だから、時々、肩までつかって温まればいいんです。
途中で体を洗ったりしてもいいんです。

不思議と慣れると気持ちが良くなるそうです。
湯船に椅子を置いて、好きな音楽を聴いたりしても良いですね。

通常、5~10分すると温まった血液が全身を巡り、体の芯まで温まります。
この後、出来る限り半身浴をします。
汗が出てくると思います。
こうなればO.K!
真冬でも半身浴で温まった体は湯冷めをしません。

主婦は家事に追われ、なかなか時間が取れません。
でも、出来る時から始めましょう!
1週間に1回でもいいんです。
全身の力を抜いて、せめて20分湯船につかりましょう。

私・・・・寝てしまいそうです・・・・・

※注 お湯の温度は熱すぎないようにして下さいね。

コメント (6)

呼吸法(衣-001)

2008年08月21日 10時49分54秒 | 衣について



  ←応援クリックお願いします。

■鼻呼吸と口呼吸

普通にリラックスしている状態で口を閉じてください。
その時、あなたの舌先はどこにくっついていますか?

○舌先が上あごに付いている→睡眠時に口を閉じて鼻呼吸が出来ています。
○舌先が下の歯に付いている→唇の筋肉が弱く、口を開けて眠っているようです。イビキが出ている恐れがあります。

さぁ、どうですか?

本来、私達、人間は鼻で呼吸をするのが自然な形です。
口はもともと呼吸するためにあるわけではありませんが、呼吸が出来てしまうので、ついつい口で呼吸をすることがあります。

動物たちは全て鼻で呼吸しています。

鼻には吸った空気を浄化する機能が備わっています。
空気中の埃を取り除き、乾いた空気に湿り気を与え、喉や肺への刺激を少なくしてくれています。


口で呼吸をするとどうでしょうか。
乾燥した空気や、冷たい空気が直接体内に取り込まれてしまいます。
だから口の中や喉が乾燥したり、細菌が直接侵入するので粘膜に炎症が起きます。

口呼吸による弊害として、風邪にかかりやすくなったり、口臭、歯周病、いびきなどがあげられています。

最近は子供から大人まで口呼吸する人が増えているそうです。

あなたの呼吸法、もう一度見直してみませんか?

【丹田呼吸法のすすめ】

丹田って?


↑おへそから握りこぶし一つ分くらい下側。
男性の名称らしいですが・・・・

鼻から3秒息を吸い込む → 丹田あたりに2秒とどめる → 口からゆっくり15秒吐き出す。

この呼吸を2分間(6回)行います。
時間が無ければ1回でもいいです。

丹田は武術などの帯を結ぶ位置や、座禅などでも意識する位置です。
この丹田の位置(腹)で深い息をすることで、腰や胆がすわった状態になれます。
この呼吸法が身に付くと、高い集中力が持続し、心のコントロールも可能になると言われます。

確かに、かなり気が安定するのを感じます。

コメント (4)

住について・・・・はじめに

2008年08月20日 16時07分50秒 | 住について




  ←応援クリックお願いします。

ご存知ですか?家の寿命。

日本と外国を比較することは、気候条件などの差もあるので適切ではないかもしれませんが、あながち間違っていることもないと思います。



ヨーロッパでは100年以上前の家が多く存在しています。
古い家こそ価値があるとも言われています。
その家では今でも暮らしがあります。

日本の住宅はどうでしょう?

我が家は築55年ほど経過していますが、まだまだ現役です。
でも、古いので新しい家を見ると羨ましいです。
台風で瓦をやられた時、大工さんに家を見てもらったことがあります。

大工さんが言うには、
「今、こんな仕事をして建てられてる家は少ない。柱も壁も基礎もしっかりしていてる。いい仕事をしているねぇ。」

少し傾いたり、隙間ができたりしているのも、長年かけてそうなっているから、今後、よほどのことがない限り、倒れたりしない・・・と言ってくれました。

このまま大事に住めば、我が家も100年持つかもしれませんが、それ以上住めるかどうかは疑問です。

25年くらい前にご近所さんが新築しました。
最近、カビだらけだったり雨漏りしたりして、ひどい状態になったからということで大幅にリフォームしました。
しっとりジメジメしているそうです。

たった25年でリフォームです。
我が家もカビは生えていますがご近所さんの家に比べれば快適です。

我が家とご近所さんの家の違いは何だと思いますか?

風通りです。
我が家は隙間風が吹きます。
ご近所さんの家は高気密。

最近の日本の住宅の大半は結露やカビによって浸食され、人が住むことが困難になります。
健康さえも脅かされます。

外断熱と内断熱の違い、分かりますか?
今の住宅の大半は内断熱だと思います。
内断熱の利点は、部屋の中が早く温まります。
でも、外気との温度差が激しくて、結露が生じます。
結露が起こるとカビが発生し、そのカビをエサにするダニなどが発生します。

また、家の劣化の原因は、外気と室内の温度差が元となっています。
内断熱の家の場合、真夏の外壁温度は60度以上。真冬は0度以下。
この温度差が建物の伸縮を引き起こし、劣化の元となります。

外断熱にすると、外気と室内の温度差による影響がほとんどありません。
暖房費や冷房の節約につながります。

内断熱と外断熱については語ればキリがありません。
少しずつですが、このブログで健康で快適な「住」について書いていきたいと思います。

コメント (6)

食について・・・・はじめに

2008年08月19日 18時06分37秒 | 食について



  ←応援クリックお願いします。

「食」について私が思うこと。

美味しいものが食べたい!
基本はこれしかありません。

美味しいものってなんなのか?と聞かれると、これがまた難しい。
好物のこと?
それとも高級な食材を使った料理のこと?

「うまいもの食べに行こうよ!」

これには気の置けない友人と気軽に飲めば、どんなものだって美味しい!
新鮮な海の幸、楽しいバーベキュー、おにぎりetc.

私がこのブログで書きたい美味しいものというのは、料理されたものではない。
料理される以前の「食材」といわれるものに目を向けたいのです。


本当の野菜の味を知っていますか?
いくら無農薬でも、土が死んでいては美味しくて栄養価のある野菜は育ちません。
食べ比べてみればハッキリ分かります。
味が全然違います。
もちろん栄養価だって違います。

サプリメントで栄養補助をしている。
今の食材から本当の栄養を取ることが難しくなっている。
それはとても悲しい事実です。

単に無農薬だからいい・・・・というわけではありません。

大事なのは「土」!

野菜やお米は、土と太陽と水と空気から生まれます。
虫やミミズも育たず、草も生えない土から、どんなものが育つのでしょう。

私は、これから少しずつ、「食」についての自分の思いを書いていきたいと思います。

コメント (2)

衣について・・・・はじめに

2008年08月19日 11時43分02秒 | 衣について



  ←応援クリックお願いします。

私はアレルギー体質です。
花粉症をはじめとして、蚊に刺されるととんでもないことになります。
日焼けも出来ません。日焼けをする以前にやけどのようになってしまいます。
金属アレルギーもあります。
幸いなことに食品によるアレルギーはないようです。


30代の後半に突然金属アレルギーが出ました。ピアスを開けているので18金のピアスを付けていたのですが、赤く腫れてしまうようになりました。
ネックレスも18金はダメになりました。
ちなみにネックレスもピアスも大好きなので、現在はプラチナを付けています。プラチナは全然平気です。

相関関係はないと思うですが、金属アレルギーが出てから、セーターなどのウール製品が着られなくなりました。
毛の繊維がチクチク肌に刺さるような感じで痒くて痒くて気が狂いそうになります。

私は洋服関係の仕事をしていたこともあり、ファッション「衣」にはこだわりがあります。



「衣」について私がおすすめしたいのは、

シルクです。

シルクは人の肌と同じタンパク質で出来ている天然繊維です。
吸湿性、放湿性も良く、細菌の繁殖も抑えてくれると言われています。
また紫外線カット率も90%近いウールと共に高い数値を示す・・・という報告もあるとか・・・・
最近は、病気やアトピー性皮膚炎への効果なども期待されているようです。

シルクの吸湿性は綿の1.3~1.5倍と言われています。
放湿性も高いので、汗を吸収して外へ放出してくれます。
シルクの構造において、重なり合った繊維の中に空気の小部屋が出来、体温を保とうとしてくれます。

シルクは四季を通して体に優しい繊維なのです。

シルクは高価で扱いが難しいという面もありますが、最近はいろいろな商品があり、気軽にシルクを楽しめるようになってきています。

私は1番にシルク、2番に綿をおすすめします。

コメント

水(食-001)

2008年08月18日 12時31分29秒 | 食について




  ←応援クリックお願いします。

私は25年前L.Aへ行った。
少し長く滞在したので、途中、数日間知り合いの家に泊まり、アメリカでの生活気分を満喫した。
家が大きい、広いベッド、芝生の庭、etc.
何もかもが新鮮でかっこいい!!!と感じた。
でも一つだけ、とっても驚いたことがある。

それが「水」

水道の蛇口から水は出るのだが、硬水だったか・・・なんとかで飲食には適さないので、飲食用に大きな大きなボトルの水を購入し、設置していた。
飲み水、料理に使われていた。

水道の水が飲めないことにとっても驚いた。
日本は水道水が美味しいそうね。すばらしいわ!
・・・・と褒められた。

25年前の話なので今は違っているかもしれないが、当時の私は、水道がありながら水を買うということに違和感を感じた。

アメリカはそうんなんだ・・・・と思った。
飲料水用のボトルウォーターがあるだけでアメリカらしいなぁ・・・なんて思ったりもした。

子供の頃から、何の疑いもなく水道水をカブガブ飲んでいたし、日本の水道水は美味しい!と思っていた。
でも少しずつ疑問が出てきた。

○水道水に塩素臭を感じてプールみたいだと思ったことがある。
○サビで真っ赤な水が蛇口からでて困ったこともある。
○旅先でご飯が美味しくって聞いたら「水がいいからだ」と言う。
○水道水はまずい!と言う人がたくさんいる。
○水道水は毒だ!とまで言う人がいる。

私はいろいろと調べてみたり、自分で飲んだりしたりして結論が出た。

水道水は飲まない方がいい!

煮沸すれば大丈夫・・・と言われているが、これも疑問が多い。
専門家ではないので詳しことは言えないが、どうやら煮沸することで別の害が出てくるようだ。

生活全般において水道水を使わないということは不可能。
水道水と上手に付き合うしかないと思っています。

私は安全で美味しいものを食べたいだけです。
ご飯の味も違うし、大好きな紅茶も美味しい。

じゃぁ、どんな水がいいの?
こればかりは、人それぞれで対策をしていくしかありませんね。

私はこれだ!と思う「天然水」を飲むことにしています。

コメント

衣食住ネットとは

2008年08月15日 16時04分27秒 | 衣食住ネットとは




  ←応援クリックお願いします。

衣食住ネットとは・・・・

「楽しく健康に生きよう!」
がコンセプトです。

楽しく健康に生きるためにほんものの衣食住を考えます。

子供達にほんものの衣食住を知ってもらいたい。
高齢者と共に暮らせる環境を整えたい。
認知症や成人病になりにくい生活習慣を取り戻したい。
認知症の進行をゆるやかにする生活習慣を心がけたい。

これが衣食住ネットの考え方です。

***************************************************************************

私、ishokujuuは要介護5だった父を母と一緒に介護していました。
その父は2006年12月5日に84歳で他界しました。
厳格でしたがユーモアがあり、愛すべき父でした。
そんな父がいつから認知症になったのか・・・・分かりません。
気が付いた時にはかなり症状が進んでしまっていたのです。

○なぜ、認知症になるの?

○認知症の進行をゆるやかにすることはできないの?

○介護を苦しまずに続けることはできないの?

○もっと介護の情報が欲しい!


と、母と私は考え続け、悩み、苦しみながら父の介護を続けていました。

衣食住ネットはそんな体験から生まれました。

同時に、食べることの大切さや家のことなど、何が必要なのかも分かってきました。

楽しく健康に生きる!ことは人と家族が基本です。
現在の介護制度や施設には問題点が山積みです。
家族でありながら、高齢者と共に暮らすことが出来ない現状や、施設の状況も見逃すことができません。

***************************************************************************

美味しいものを食べた時、誰もが幸せであり、そして元気になります。
ゆっくりと過ごすことが出来る家は何よりも私達の生活には欠かせません。
衣服には体を守ってくれる重要な役割があります。

衣食住ネットは、私、ishokujuuが介護の体験から得た情報や知識、そして多くの仲間達から教えてもらったことを紹介していきます。

興味ある方、どうぞ、よろしくお願い致します。
そして、子供達や高齢者のために、私と一緒に考えていきませんか?

コメント

はじめに。

2008年08月15日 14時01分16秒 | 必ずお読みください!



  ←応援クリックお願いします。

衣食住ネットのブログにようこそ!

楽しく健康に生きよう!

↑これが衣食住ネットのコンセプトです。
衣食住ネットブログでは、私、ishokujuuが現代の衣食住における問題点と対策、考え方、意見、疑問などを書いていきたいと思います。
あくまでも個人の見識ですが、内容が衣食住という私達の生活そのものに関することなので、反論や中傷などのコメントを頂くことになるのではないかと思われます。

コメントの投稿についてのお願い

  当ブログのコメントは事前承認制とさせて頂きます。
  管理人の判断によりコメントならびにお返事の掲載を制限させて頂きます。

コメントについては上記のような制約をつけさせて頂きますが、皆さんのご意見は私、管理人として全て拝見させて頂きます。
反対意見等についても、誹謗中傷以外のものについては参考意見として掲載していきたいと思います。
いろいろな考え方を知る、聞くことにより、さらに、よりよい衣食住を追求していくこと出来れば幸せです。

★なお、衣食住ネットは現在、ブログ以外に本サイトを制作中です。
本サイトでは、ishokujuu(衣食住ネット管理人)が選んだ、ほんものの衣食住に関する商品を限定数量ですが購入して頂けるようになりますので、お楽しみに!
本サイトのオープンはまだ先になりそうです。完成したらブログ上でご紹介します。

コメント