おてんばばばあ!

何でも立ち向かう、好奇心旺盛なばばあだよ!
特に病気に弱い、それでいて、治ると信じて、治していくおばばです!

生きた心地がしなかった~~~~~!!

2018年07月21日 08時08分56秒 | 日記
朝、私は皮膚科へ行くため、老人に送って貰った。
老人はその足で内科へ。
大体1時間後に、待ち合わせ、老人の友人の絵の展覧会に出かける事に成っている。
が、私の油絵を習っていた時の先生が、その会の審査員で、毎年招待状を頂き、仕方なく見に行く?
審査員の先生も作品を出品されているので、それを観に行くのだ!

しかし、患者さんはいっぱいで、1時間では済まないのでは~~~~????
と、心配しながら、待つ事、1時間!
薬を頂く頃に電話を入れると、既に入っていたが、聞こえなかった!
丁度頃にお互いが済み、この暑い中、出かけた。
私は画材を求めに行ったら、丁度駐車場の前に画材屋は有ったので、早々と買い、その足で帰ろうかと
思うほど、暑く、「来年は来ないよ!‥ 」と言いながら、老人もこの暑さでは、「そうじゃねぇ!」
と、アスファルトからの照り返しで、酔ったようになった!
老人を見ると、帽子もかぶっていない~~~?
私は帽子を冠り、傘を差し… その帽子を貸す事に~~~!

駐車場から歩いて5分?
もうくたくたになりながら、「来なければ良かった!」と、早足で歩いた!
老人は後ろをゆっくりと歩く!
「何もたもたと歩くの???」と、皮肉を言いながら、美術館についた。
やれやれ、でも、余り涼しくない~~~~???

会場には沢山の人が来ておられ、老人の知人も多く、挨拶をしていた!

私は先生の絵を見つけ、立ち止まり、何時もの様に見入っていた。

老人の友人の絵は会場の終わりの方に有り、見つけると、特別賞の金の張り紙がしてある。
毎年毎年、出品されるが、この度は特別賞である。

帰りも、倒れるかと思う位、暑く、着ている服の袖は汗で濡れていた!

お昼を済ませ、またまた、暑い中を、早歩きで‥相変わらず老人はゆっくりと後を付いて来る?????
「さっさと歩きなさい!」と、またもや、嫌味を言い、やっとの思いで、駐車場についた。

この暑さではもう出かけないよ!出かけなきゃぁ良かった!と、何度も言い、鬱憤を晴らしたのだ!!
老人も暑さに参ったらしく、来年は招待状は要らないと言う、と言っていた!
よっぽど、苦しかったのだろう!
コメント