石川社中の音楽独り言

ブログ記事の内容に関係なく質問どうぞ!
特にギターや作曲やDTM等をしている方達へ
又愛知県の方達へ是非宜しくです。

石川社中 地平線 (オリジナル)

2019-09-02 23:06:36 | ギター
皆さんお待たせです

先回コンテストの事書いたんだけど gooブログの訪問者数が一挙に跳ね上がり

びっくりです・・・・つまり多くの人が

コンテストやオーディションに、非常に関心があるんだッてことだよね


私も昔から数多くのコンテストにチャレンジし、それで音楽専門学校の道がつながり

仕事をしてきました だから生徒さんには【腕を上げたらオーディションを受けなさい】って

よく勧めます  高校生から40・50代までなら、声を掛けます(40代で合格の経験ありますよ)

又小さなコンテストは公平性に時々問題があり、規模の大きなコンテストのほうがお勧めです

又受かるには私の経験から、少しなりのコツがやはりあるように感じています 

近々このブログでも一度書こうかと思ってます


コンテストの代わりにライブハウスに音楽関係者が来て、スカウトなんて事が

ネット社会以前には少しはありましたが、今はYouTube等で情報発信の機会があるので

その兆候はありません 今のライブハウスは仲間が集まって交流を深めながら

ワイワイ楽しむことが中心で、メリットは楽しい時間を共有する事と人前で演奏する経験です

但し 音楽の成長やスキルや腕の向上は、難しいと思います 面倒見の良いライブハウスが

多いんですが、老舗店はともかく 音楽性豊かな強力な音楽指導者がいない事が原因だと思います


自分の音楽がどの辺に位置してるのか考える人や、音楽を将来につなげて磨いてゆきたい人は

コンテストやオーディションは良い自分の音楽の指針・見直すきっかけ・目標にもなりますよ 


さて今回は【地平線】と言う曲をアップしました ロックやエレキの曲を作曲した後は

何故かクラシック的な雰囲気の曲が作りたくなります 今回の曲は

一つのメロディ―に対してもう一つのメロディ(対旋律)を掛け合わせる対位法と言う

作曲技法を使ってます ただ対位法は厳格な決まりがありますが、私はラフに作曲しました

そう意味では対位法もどきですね 

散歩の途中 自分が地平線に向かってひたすら歩いてるのに気づき イメージを

膨らませて作ってみました まあ 良かったら聞いて下さいな!


石川社中 地平線 (オリジナル)


コメント (7)   この記事についてブログを書く
« バンド・オーデイションでグ... | トップ | 音楽ソフトで宅録する人がよ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐野です)
2019-09-07 16:36:34
対位法ってバッハが演奏する方法ですよね?
Unknown (石川)
2019-09-07 16:50:14
なんでも ようしってまんあ・・・。




Unknown (佐野です)
2019-09-07 17:31:00
難しいですか?
Unknown (石川)
2019-09-07 19:36:23
基本を覚えるまでにちょっと大変かもしれないが 覚えるとアレンジ全般に使えるよ。
Unknown (yumika)
2019-09-08 13:04:06
オーケストラのアレンジにも使えるんですか?
Unknown (石川)
2019-09-09 18:39:48
勿論 後合唱曲にもね!
Unknown (yumika)
2019-09-21 15:36:50
ブログに書いて下さい その内に。

コメントを投稿

ギター」カテゴリの最新記事