石川社中の音楽独り言

ブログ記事の内容に関係なく質問どうぞ!
特にギターや作曲やDTM等をしている方達へ
又愛知県の方達へ是非宜しくです。

意外と多い三連符と三拍子の勘違い

2014-07-11 02:48:34 | 音楽基礎知識

一般的にギターが上手いと言われている人の中にでも三連符を三拍子と

時々勘違いしている人がいます・・・意外だけど本当です。

要するに必ずしも、腕やテクニックと音楽の基礎知識とは比例してないと言うことでしょうか


私自身も若い頃はがむしゃらに、ただ弾きまくるタイプだったので、細かな音楽のいろは等

特に考えなかったし、弾けるから自分には必要ないんだと思ってました

乱暴ですが音楽に譜面等一切関係ない・・・くらいに思ってました


でも そのうちに更なる成長をしたいと強く願うようになり、その方法を色々模索してたら

色んな音楽のいろはの事を勘違いして覚えていたり、ピアノ教室に通う子供が

最初の2・3年で身に付ける様な知識さえも、持ち合わせてなかった事に気が付き

〔これじゃあ・・幾ら楽器だけ何とか弾けても、今以上の成長は今後自分にないなあ〕と感じ



それから結構頑張って知識や理論を身につけました・・・所謂 後付の理論・知識ですね

それは今現在も続いています

まあ 今から考えれば最初から知識があるより、後付タイプのほうが知識や理論の

吸収率が良く逆に伸びる・・思ってますが 

これは若干言い訳と負け惜しみも半分位入っています



ただ私は幸か不幸か、自分の成長の扉を開くには 足りない知識を埋めなければ・・と

途中から強く感じましたが・・・・必ずしも そのタイプの人ばかりではないようで

そこで冒頭の話に戻る事になるけれど・・・




ある程度ギターの腕があるし又音学歴も長い 例えばAさんに・・・・

 〔Aさん  ちょっと三拍子でギターをストロークして!〕

・・・と言うと 案外Aさんは 〔ああ・・・私 三連符はちょっと苦手で・・〕 ・・・?????

ってな事が教室をしているとよくあります・・・最初は勘違いで言ってると思ってたけれど

残念ながら そうでもないようで・・・




まあ今更だけど簡単に説明します



拍子は大きな意味で1小節を4つくくりか 2つくくりか 3つくくりかで カウントする事で

それぞれ4拍子・2拍子・3拍子に分かれています・・・リズムの取り方は何通りもあるけれど

まあひとつの例を挙げます


座った姿勢で2拍子は両手で両足の腿か或いはひざ辺りをトンと同時に叩きます

その次に両手で拍手をするようにパンと叩きます・・・つまりトン・パン・トン・パンの

繰り返しですね・・・同じ速さでやるのがコツです



4拍子は 両手で膝をトン・トンと2回叩き拍手でパン・パンと2回叩くようにします

先ほどの2拍子と同じ速さでやります・・・慣れたら歌いながらやると2・4拍子の違いが

分かりやすくなります・・・たとえば今流れている〔ありのままの~〕でもどうでしょう

あり ではなく の~と同時にトンとしたほうがいいです




三拍子はトン・パン・パンで繰り返したらどうでしょうか・・歌は今の曲が思い出せないけれど

スタンダードの〔エーデルワイス〕辺りでどうでしょう・・・・まあ大まかですがこれが拍子です

これに対して三連符は先ほどのトンとかパンの一つの音をタタタと均等に三等分すると言うことです

(1拍三連の場合)



1拍に対し均等と言う事がポイントでタータタでもタタータでもタタターでもありません

タタタです・・・・慣れれば簡単にリズムが取れるようになると思います




さて音を文章で説明するのは毎回難しいと感じますが 何かの参考にでもなれば嬉しいです。

コメント (23)   この記事についてブログを書く
« カポを何カポにしたら違う形... | トップ | アドリブの入り口その1 »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (Unknown)
2014-07-11 06:40:33
ありがとうございます。
とっても参考になりました。
崎元
私の周りでも何人かの人が勘違いをしていますねえ。 (石川)
2014-07-11 10:32:40
私の周りでも何人かの人が勘違いをしていますねえ。
石川先生へ (Unknown)
2014-07-19 18:43:17
石川先生へ
             崎元
長調各調号のダイアトニックコード一覧表を作成しました。ところが
今度は次のコードの押さえ方がわかりません。教えてください。

1.#系
  Bm-5,F#m-5,C#m-5,G#m-5,D#m-5,A#m-5,E#m-5

2.b系
  Em-5,Am-5,Dm-5,Gm-5,Cm-5,Fm-5
 たしかBm7-5は5弦と4弦ルートで押さえれた... (石川)
2014-07-20 10:48:09
 たしかBm7-5は5弦と4弦ルートで押さえれたのではなかった?

 例えばCmは3弦の5フレットのド 薬指

 2弦の4フレット ミ♭ 中指

 1弦の3フレット ソ 人差し指

 で作れるでしょ?・・・・だからCm-5はその形で1弦の5度が♭なので
  
  弦の2フレットにするわけです

  
  他にも4弦・5弦で作ってみてください

  注意しなければいけないのはルートが下に来る必要は

  特にありませんよ・・・・上記の場合ミ♭ ド ソ♭でもいいし

  その辺こだわらずに作ってみて頂戴。
石川先生へ (Unknown)
2014-07-20 14:17:43
石川先生へ
             崎元
ありがとうございます。やってみます。
石川先生へ (Unknown)
2014-07-20 18:19:34
石川先生へ
              崎元
#系、b系のコードは自分で作ってみたらようやくできました。
今度は次の課題にぶつかりました。#系はCAGED
SYSTEMから何カポにしたら同じ音を出せるとわかったのですが
b系の場合 どうすればいいか教えてください。
先回の質問のCm-5を2・3種類 何弦の何フレッ... (石川)
2014-07-21 09:56:11
先回の質問のCm-5を2・3種類 何弦の何フレットをどの指で

押さえると出来るのか まず書いてみてください

それから♭系が分かるには もう少し色んな調のコード進行が

CAGEDでカポを使って慣れたほうがいいです

下記のコード進行を私がカポなしで弾くと仮定して

崎本さんはカポを使って 夫々2通り位作ってみて頂戴

1 A-F♯m-D-E7

2 G-D-EmーC

3 D-Emー♯m-G

4 E-B7ーC♯m-A

5 Am7-Dm7-G7-CM7(KeyはCメージャー)

何カポで何コードー何コードと言うように書いてください

では出来次第送ってください。

石川先生へ (Unknown)
2014-07-23 05:42:49
石川先生へ
         崎元
それでは回答します。

1.Cm-5
  ド、ミb、ソb なので
 (1)人 1-2、中2-4、小3-5
 (2)人で1フレットをセーハ 中1-2 (4,2,1弦を弾く)

2.(1)A-F#m-D-E7
①2カポ G-Em-C-D7
②5カポ E-C#m-A-B7

  (2)G-D-Em-C
     ①3カポ E-B7-C#m-A
     ②5カポ D-A7-Bm-G

  (3)D-Em-F#m-G
     ①2カポ C-Dm-Em-F
     ②5カポ A-Bm-C#m-D

  (4)E-B7-C#m-A
     ①2カポ D-A7-Bm-G
     ②4Kポ C-G7-Am-F
 
  (5)Am7-Dm7-G7-CM7
     ①3カポ F#m7-Bm7-E7-AM7
     ②5カポ Em7-Am7-D7-GM7

以上でいかがでしょうか?







凄い!! 全て全問正解!! (石川)
2014-07-23 13:36:11
凄い!! 全て全問正解!!

崎本さん・・・確実に腕を上げましたねえ

正直若干時間は掛かるだろうと思ってましたが

やっぱこの2・3ヶ月で伸びましたねえ 何かの勘違いか

或いは誤解の蓋が取れたんでしょうね


私が言ってた〔目からうろこ〕状態になる事は嘘じゃなかったでしょう?



これで近々訪れる定年後も音楽は伸びてゆく可能性が十分ありますよ

これを見ている一般の人は崎本さんが若い人だと思ってるんでしょうね


中年の音楽人間が如何に勉強やスキルアップを

完全にあきらめてしまって、伸びる事が出来ず

マンネリ音楽をしている人が多い事か・・・。


ただCm-5はセーハで抑えても良いけれど

4弦2Fを人差し指 2弦1Fを中指 1弦2Fを薬指のほうが

抑えやすいでしょうね・・・まあよく言えばもう少し指板の

上か中間辺りのフレットで作って欲しいけれど


まあでもとにかく 最近本当にステップアップしてますよ

力を緩めないでね どんどん伸ばしてね

次回上記のコードをカポで弾いてくださいね

それではじめて本当の合格ですよ・・・。
石川先生へ (Unknown)
2014-07-23 16:07:18
石川先生へ
         崎元
本件のご指導 本当にありgとうございます。
まさに「目から鱗が取れました」。とっても成長したなと
実感しております。

先生のご指導のおかげと感謝しております。

次にb系長調の転換するとき何カポにするか教えてください。
以上

コメントを投稿

音楽基礎知識」カテゴリの最新記事