Ishida-Officeブログ

行政書士 石田の なんでもweblog

希少価値が高い?有限会社

2006年04月12日 23時21分24秒 | 会社法関連
相模原の行政書士、石田です。
事務所のホームページもご覧ください)

いよいよ確認会社(いわゆる1円設立会社)の申請も
あと2日で締切りとなりました。
株式会社については、焦ってまで確認会社を設立しなくても
5月1日の会社法施行を待って設立した方が
役員の員数などの点ではかえってメリットがあるようにも
考えられます。
しかし、有限会社については、株式会社に比べて、
1円からでも設立できる最低資本金の特例を利用できなくても、
☆ 役員の任期を定めなくてもよい
☆ 決算公告の義務がない
という違いがあります。
最低資本金額の300万円は大金ですが、
会社法施行後は、特例有限会社から株式会社への移行は
いつでもできますが、株式会社から有限会社への移行は
できなくなります。
言い換えると、(特例)有限会社から株式会社への
一方通行になってしまいます。
また、会社法の施行にかかわらず
株式会社設立時の登録免許税は最低15万円ですが、
有限会社設立時の登録免許税は最低6万円で、
会社法施行後に株式会社に移行するときの
登録免許税6万円を合計しても12万円と
3万円の節約が可能です。
もし300万円の資本金調達が可能なら、
有限会社の「駆け込み設立」も
一考の価値があるのでは?
有限会社の設立自体も後2週間あまりで
締切りになってしまいます。

有限会社は今しか設立できませんよ!

コメント   この記事についてブログを書く
« 決算書の公開(決算公告)は... | トップ | 19日まで出張です »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

会社法関連」カテゴリの最新記事