Ishida-Officeブログ

行政書士 石田の なんでもweblog

会社法の施行を機に定款の見直しを

2007年03月07日 08時38分21秒 | 会社法関連
相模原の行政書士、石田です。
事務所のホームページもご覧ください)

会社法では、法律で定める定款の記載事項は必要最小限にとどめ、
その会社の現状、方向性、成長に合わせて
その会社自体が規定し変更できる
「定款自治」による範囲を拡大しています。
また、最低資本金規制が撤廃され、
登記簿謄本だけではその会社の実態がつかみにくく、
定款の内容によってその会社の法令遵守・内部統制・経営姿勢を
理解しようという動きも出てきています。

いかがですか?
専門的な内容が並んでいるので難しく感じられるかもしれませんが、
会社の定款が変更前の年数のままになっていたり、
廃止された項目が残っていないか、会社の定款をチェックしてみてください。
会社法の施行を機会に、
会社の方向性や成長、社会情勢、法律改正などの
環境変化などに対応して「規則としての定款」として見直し、
貴社の現状と方向性を定款に反映させることは非常に重要です。
まずは、会社の定款と登記簿謄本を比較・確認することから始めてみましょう。

<お知らせ(PR)>
3月22日(木)、相模原商工会議所において
定款に関するセミナーを開催します。(詳しくはこちら
参加無料ですので、この際に
定款と登記簿謄本を比較してみる機会として
ご利用ください。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定款記載事項と登記事項 | トップ | 相模原の桜 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

会社法関連」カテゴリの最新記事